愛媛県立土居高等学校  

 


〒799-0701
愛媛県四国中央市土居町中村892
TEL 0896-74-2017
FAX 0896-74-7221

H30土居高校日記

サツマイモ掘り交流体験学習を実施しました。

18日、本校2年生アグリカルチャーコースとスポーツ&カルチャーコースの生徒が小林保育園児とサツマイモ交流体験学習を行いました。園児たちと一緒に5月に植えたサツマイモが大きく育ちました。生徒たちは最初は戸惑いながらも一生懸命にサツマイモを掘る園児たちをサポートするうちに心を通わせ、「頑張れ」「上手だね」等声をかけ楽しく交流体験ができました。また、遊びに来てくださいね。

全校朝礼(風紀委員活動報告)

三年生文化委員です。

今日は、風紀委員の活動報告がありました。

特に、シューズの管理方法と残置物について発表がありました。

まず、シューズはレジ袋などではなく、きちんとしたシューズ袋に入れなければならないということが分かりました。

その理由は、学校に来客されたお客様も通る廊下を、いつも綺麗に保つためだからです。

また、残置物を置いてはいけない理由は、家に帰って勉強するために勉強道具は必要であり、さらに机は学校の物であって自分の物ではないからです。

今回の発表を聞いて、風紀委員は学校を綺麗に保つために活動しているということが分かりました。

生花のプレゼント

17日、華道部の生徒が、校長室に生花のプレゼントを届けてくれました。

来客の目を楽しませてくれることでしょう。ありがとうございました。

モチ米の刈り取り作業をしました

17日、モチ米の刈り取り作業をしました。うるちから遅れること約1ヶ月、雨の多い月でしたがなんとかいい状態で育ってくれました。

 刈り取り班と結束班、稲木掛け班の3つに分かれ、作業開始!うるちより株と米粒が大きいいのを発見した生徒はえらい!

 結束は先日の稲刈りで出た藁でします。バインダ紐と違い、昔ながらの締め込みでくくります。はじめはなかなか固く締め込めず、緩い状態が続きますが、だんだんコツを得てうまくなっていきます。「トライアル&エラー」で技術と知識が向上するのが農業の魅力です!

 さて、稲木にかけて、さらに天日干しをします。

ここでマメ知識です!

機械化が進み、稲木で米を干すなんて風景はあまり見なくなりました。では、なぜ土居高ではあえて稲木干しをするのか?

稲木で天日干しにすること事で、自然乾燥でほどよい乾き具合になります。

さらに、それ以上に重要なポイントですが、稲木で天日干しを繰り返すことで、稲藁がポンプ作用によって稲の茎に残った栄養を全部籾に下ろすことができ、風味豊かな米に仕上げることができるといわれています。

私も農業を生業としている父からこのことを教わり、たいへん感動したものです。先人の知恵は素晴らしいですね!

 チームワークよく、円滑に作業が進み、無事刈り取りが終了しました。

 文化祭でのお餅つき、楽しみですねー!

 さらに懐かし道具での脱穀編に続く!

 

四国新人大会~陸上競技部~

陸上競技部です。

男子ハンマー投げで、四国新人大会に出場してきました。

予選3投のうち、1・2投目はファールなどで失敗してしまい9位で迎えた3投目に逆転し、決勝進出を果たしました。

一番左に立っているのが土居高生です。

ハンマー投げの選手は大柄な選手が多い中では小柄に見えてしまいます。

 

決勝ではさらに記録を伸ばすことができ、7位に入賞しました。

四国大会という大きな舞台で逆転で決勝進出を決め、まさに「本番に強い土居高生!」でした。

来年の総体では土居高陸上競技部2年連続のインターハイ出場を目指して、冬季練習頑張ります!