えひめ教育の日 実施状況

 

えひめ教育の日とは

 愛媛県では、県民総ぐるみで教育について考え、行動する契機となる日として「えひめ教育の日」(毎年11月1日)、「えひめ教育月間」(毎年11月)を制定し、学校や行政だけではなく、家庭や地域などが一体となって、教育の推進を図ることとしています。

 今年度、本校では、「えひめ教育月間」中の行事として、文化祭、進路ガイダンス、授業公開を実施しました。

事 業 名  文化祭
日   時  令和元年11月8日(金)8:35~15:00 
場   所  体育館、第一教棟、第二教棟、武道場、中庭
参 加 者  本校生徒、保護者、一般来場者、本校職員

 「Rhythm~きざむぞビート!いざ青春~」のテーマの元、恒例の文化祭を開催しました。体育館の全体会では、3年生によるSDGs推進委員会の発表や情報科学部による観光甲子園グランプリ受賞作『盆栽の聖地へタイムスリップしてみませんか?』の発表がありました。そして、吹奏楽部によるアラジン・メドレー、生徒と教職員が歌うスペシャルヒットメドレーで会場を沸かせました。バザーの部では、3年生を中心に焼きそば、いもたき、フライドポテト、コロッケを中心にホットなメニューを届けてくれました。また、華道部、茶道部、情報科学部などの文化部の作品、2年生の修学旅行の思い出を教室展示しました。天候にも恵まれ充実感あふれる文化祭となりました。 

 
 

事 業 名  進路ガイダンス
日   時  令和元年11月12日(火)16:15~16:45
場   所  第一教棟、第二教棟
参 加 者  本校生徒(1・2年生 約170名)

 「第1学年は2年次からの類型・コース選択のために、第2学年は具体的な進路目標についての理解と意識を深めるために、この時期に実施しました。第1学年については、就職希望者も興味が持てる分野の学科・コースの話を聞き、自身の適性について考える機会としました。第2学年の就職希望者には、就職にあたっての礼儀・マナーなど社会人としての心得をロールプレイング方式を取り入れて、集中して取り組むことができていました。

 

事 業 名  授業公開
日   時  令和元年11月15日(金)13:35~15:25
場   所  体育館、第一・第二教棟、グラウンド、テニスコート、土居農場
参 加 者  保護者、本校職員など

 「社会に開かれた教育課程」を目指し、2学期の授業公開を行いました。全校生徒の保護者、市内全中学校・高等学校にも告知しました。残念ながら参加者はあまり多くはありませんでしたが、各教科(国語、数学、理科、公民、英語、体育、家庭、音楽、農業、商業)ともに、基礎的基本的な知識技能の習得、思考力・判断力・表現力の育成を目標に、アクティブ・ラーニングを取り入れながら授業を行いました。