学校長挨拶

 

 愛媛県立土居高等学校のホームページにアクセスいただき、ありがとうございます。

 本校は、明治34年5月2日に宇摩郡立農業学校として開校し、その後、愛媛県立宇摩実業学校など数度の改称を経て、昭和30年4月1日に現在の愛媛県立土居高等学校となりました。平成13年11月には創立100周年記念式典を、平成23年11月には創立110周年記念式典を行いました。今年度で118年目を迎えます。

 これまで、「自学 健康 礼節」という校訓のもと、16,000名を超える優れた人材を輩出してまいりました。これも創立以来、保護者や同窓会をはじめ、地域の皆様の支援を受け、多難の時代を乗り越えることができたからこそであり、本校のために御尽力をいただきました皆様に感謝申し上げます。

 来たる120周年に向け、私たち土居高等学校の教職員は、今後も地域や保護者の方々に愛され信頼される「魅力ある学校づくり」を目指して努力していきますので、さらなる御支援、御協力をお願いいたします。

 

  愛媛県立土居高等学校 校長 田所 恭介