H30土居高校日記

サトイモ交流会を実施しました

7日、小富士小学校の3年生の児童を招き、サトイモ交流会を開催しました。本校南農場で、本校2年生アグリカルチャーコースの生徒が小学生と交流しながら、生徒たちが育てた土居町名産のサトイモ”伊予美人”の収穫をしました。生徒たちは、小学生がサトイモを取りやすいように工夫しながら作業をしました。小学生も丁寧にサトイモを収穫してくれました。時折、笑い声がおこり楽しい収穫となりました。

その後、2年生スポーツ&カルチャーコースの生徒たちが、地域のボランティアの方と一緒に作った、サトイモカレーと芋炊きを一緒に食べました。郷土の味に親しみながら交流を図ることができました。

今回の交流会では、四国中央市経済部農業振興課農政係、宇摩農協、東予地方局産業振興課地域農業室四国中央農業指導班、地元農家の方々の御協力がありました。ありがとうございました。

 

 

進路ガイダンスを開催しました

6日、1、2年生対象の進路ガイダンスを開催しました。

学部、学科、分野別に大学、専門学校等から講師を招き、それぞれの分野で学ぶ内容、将来の仕事の内容、業界の動向、取得資格、必要な適性・能力、高校時代にやっておくべきこと等について話していただきました。

生徒たちが、将来について考えるよい機会となりました。ありがとうございました。

愛媛県高校駅伝出場!!~陸上競技部~

陸上競技部です。

愛媛県高校駅伝大会に合同チームで出場しました。

三島高校・今治東高校・今治南高校、そして土居高校の4校でチームを組みました。

本校の選手は男子7区5km、女子3区3kmに出場しました。

合同チームでの出場となりましたが、二人にとっては貴重な経験となりました。

これから始まる冬季練習のいい弾みとなりました。

脱穀体験を実施しました

10月30日、稲木干ししていたもち水稲の脱穀作業をしました。

ただの脱穀作業ではありませんよ!足踏み脱穀機の体験実習です。

 これは、アグリカルチャーコース3年生『農業と環境』で、スローライフの学習をかねて、昔ながらの農の営みを体験し、食の大切さ、農業の大変さ・尊さを学ぶ一環で行いました。

 この足踏み脱穀機は知り合いのおばさんから譲り受けたもので、製造後約60年以上経っているとのこと。時を超え、生徒たちの教材になってくれるのは嬉しいですね!

さて、デモンストレーションとして脱穀の方法を生徒にレクチャー、失敗しつつも、一人一人が順調に作業に取りかかっています。

そこに、小林保育園の皆さんが見学に訪れ、飛び入りで脱穀体験をすることに!

アグリのお兄さんやお姉さんが後ろからサポートし、よいしょ、よいしょとこぎながら脱穀していきます。子供たちは初めての経験だけに、おっかなびっくりでしたが、徐々に慣れ、農場は歓声や笑顔でいっぱいになり、とても嬉しそう!

幼稚園の先生たちも脱穀作業に挑戦!貴重な体験となりました。

水分は約13%。少し乾き気味ですが、いい状態のもと、後日、籾すりに出し、約18㎏強のもち米が収穫できました。

 精米に出し、文化祭にて、アグリ専攻生でお餅つきをして、皆に振る舞う予定です。

 土居高校生の心意気がいっぱい詰まった秋の味、皆が喜んでくれるといいな(*^_^*)

文化祭に続く!

 

東京を後にします

14時30分、羽田空港で修学旅行解団式を行いました。

添乗員の竹田さん、千葉さんお世話になりました。

修学旅行団は予定通り、15時45分発JAL483便で高松空港へ向かいます。