H30土居高校日記

校外学習(関川の採石)に行きました

12日、地学基礎の校外活動として、地元関川の採石に行きました。

全国的にも珍しい『ザクロ石』を含む変成岩(エクロジャイト)をみんなで探しました。

 

非行防止教室を開催しました

14日、公益社団法人被害者支援センターえひめから講師をお招きして「かけがえのない命への想い」という演題で講演をしていただきました。交通事故・殺人事件被害者遺族となった講師の先生の言葉は、重く生徒、教職員の心に残りました。

講師の先生の言葉に心を揺さぶられ、命の大切さについて、人の誠心誠意の心が相手の心に届くことについて改めて考えることができました。

公益社団法人被害者支援センターえひめの活動についても知ることができました。

貴重な機会をいただき、本当にありがとうございました。

 

SDGs(持続可能な開発目標)達成のための開発教育(国際理解教育)に取り組んでいます

13日、パーム油を題材に、私たちの生活と世界をつなげて考えました。パーム油と聞いても、ピンときませんが、洗顔やシャンプーなどの日用品、チョコレート、カレールー、パンなどの食品に入っている植物油の多くがパーム油で、私たち日本人は、年間に4~5kg摂取していると言われています。2年生では、国連が定めたSDGs(持続可能な開発目標)達成のために、開発教育(国際理解教育)に取り組んでいます。

 ・パーム油のプランテーションを作る過程で熱帯雨林を伐採するため、森にすむオランウータンやスマトラ象をはじめとする多様な生物の住みかがなくっていること。

・アブラヤシのプランテーションの中には「緑の監獄」と言われる過酷な労働条件での労働があること。

・パーム油は、西アフリカで何千年前も前から使用されてきた油で、パーム油自体が悪いのではなく、その製造過程に問題があることが多いということを知りました。

最後に、「持続可能なパーム油のための円卓会議(RSPO)」についての映像を見て、これからは、消費者や投資家として、「持続可能な(Sustainable)」がキーワードになってくることを学びました。今後も、世界で起こっていることを『ジブンゴト化』できるように学び続けていきたいと考えています。

 

誓友会・土居高校同窓会松山支部総会が開催されました

9日、誓友会・土居高校同窓会松山支部総会が開催されました。

土居高校の卒業生で松山市で活躍されている先輩の皆様、土居町出身で松山市で活躍されている土居高校応援団の皆様が駆けつけてくださり、土居高校の思い出、後輩たちの活躍の話題に花を咲かせてくださいました。

校長先生、同窓会会長、誓友会会長からの御挨拶の後、本校担当者から観光甲子園グランプリ受賞報告をさせていただきました。

土居高校に関係されている皆様が各方面で活躍され、本校を応援していただいていることを改めて肌で感じました。

ありがとうございました。

クラスマッチを開催しました

5日、今年度最後のクラスマッチです。今のクラスで行う最後の学校行事。生徒たちの応援も一層熱が入っていました。生徒会も準備に、実施に大忙しでしたが、声をかけあって頑張っていました。

同窓会関西支部総会が開催されました

3日、同窓会関西支部総会が開催されました。

7月の西日本豪雨災害で延期になっていましたが、関西支部の岩﨑支部長、西山事務局長の御助力により開催されました。

支部長の御挨拶の後、校長より本校の現状報告、同窓会長による同窓会の活動報告があり、思い出話に花を咲かせました。近年の土居高校の活躍に関西の先輩方からエールが送られました。地元を離れても、多くの先輩方が土居高校を応援していただいていることを肌で感じました。

関西支部の皆様、ほんとうにありがとうございました。

 

平成30年度卒業証書授与式が行われました

1日、卒業証書授与式が行われました。

103名が本校を巣立ち、それぞれの進路へ旅立ちます。

今後とも幸多きことを願っています。ご卒業おめでとうございます。

株式会社JAファームうま 様より感謝状が贈呈されました

本校の6名の生徒が、株式会社JAファームうま(旧土居給油所)の壁面に、地産地消をテーマに壁画を描きました。

27日、株式会社JAファームうま様より壁画制作に対して感謝状が贈呈されました。

壁画には、土居町特産の里芋「伊予美人」、夏の風物詩「芋たき」等を描きました。

放課後や冬休み等を活用し約3か月かけて仕上げ、生徒たちは、土居町の魅力を発信できたことに満足そうでした。

蕪崎・土居線(愛ロード)を通行の際には、ぜひ御覧下さい。

 

 

小林保育園児との交流を行いました

21日、2年生スポーツ&カルチャーコースで「発達と保育」を選択している生徒20名が近隣の小林保育園を訪問しました。年少、年中、年長の子どもたちとかくれんぼ、お絵かき、読み聞かせ、事前に準備したサイコロパズルなどで遊びながら楽しく交流しました。今回、普段の生活の中で乳幼児と接することが少ない生徒には、乳幼児を身近に学ぶ良い機会になりました。また、保育士の先生方の乳幼児に接する様子から多くのことを学ぶことができたようでした。小林保育園の皆様、ありがとうございました。

 

学年集会を開きました

21日、明日から学年末考査です。

放課後、学年最後の考査に向けての心構えを学年の担当者が話しました。

体調管理に気をつけて、しっかり頑張ってください。

学校評議員会並びに学校関係者評価委員会を開催いたしました

20日、第2回の学校評議員会並びに学校関係者評価委員会を開催いたしました。

委員の皆様に授業を参観していただき、協議の時間には、参観していただいた授業を参観しての感想、今年度の本校の自己評価について様々な角度から御意見をいただきました。

委員の皆様からいただいた御意見を今後に活かしてまいります。本日は、ありがとうございました。

出前授業(助産師による『命の授業』)を実施しました

19日、公立学校共済組合 四国中央病院からアドバンス助産師の方を講師に招いて、1学年の「保健」で出前授業をしていただきました。『命の授業』をテーマに、助産師の仕事について、男女の性について、男女のステキなパートナーシップについて講義していただきました。高校生の悩みに寄り添った授業で、生徒たちも真剣に耳を傾けていました。

高校生記者、吹奏楽部を取材

18日、愛媛新聞地域読者局の御担当者の御指導を受けながら、新しい2年生の高校生記者の初仕事、「部活動紹介」で吹奏楽部の取材を行いました。写真の取り方から取材の心得まで御指導いただき、最初は少し緊張していましたが、積極的に取材をし、いろいろなエピソードを引き出していました。

これから原稿をまとめ、写真を選び、実際に新聞に掲載される予定となっています。どんな記事になるか楽しみにしておいてください。

人権・同和教育公開ホームルーム活動を開催しました

14日、人権・同和教育公開ホームルーム活動を開催しました。地域、学校、保護者の皆さんに参加していただき、ホームルーム活動の参観、研究協議を行いました。参加者の皆さんからは、たいへん参考になる御意見をいただきました。いただいた声を大切にし、今後の教育活動に活かしてまいります。ありがとうございました。