2018年10月の記事一覧

無事ホテルに到着しました

19時20分、本日の修学旅行の行事を終了してホテルに到着しました。

パナソニックなどの見学、国会議事堂での集合写真、スカイツリーでの夜景。充実した内容でした。

明日は、班別自主研修、劇団四季観劇です。

 

東京に到着です

11時30分、東京に到着です。バスで昼食をとり、三班に分かれて、研修場所に向かいます。飛行機の中でも良い思い出ができたようです。

 

高松空港に到着しました

高松空港に到着しました。搭乗手続きを済ませ、搭乗口で待機中です。9時45分に東京へ向けて旅立ちます。

 

 

修学旅行の結団式を行いました

29日、修学旅行の結団式を行いました。

いよいよ明日から修学旅行に行ってきます。校長先生から「生徒にとって安全で、思い出に残る修学旅行になるよう」挨拶をいただきました。一人一人が楽しい思い出をつくって保護者に報告してください。なお、明日の学校集合の時間は6時30分です

教職員対象の人権教育研修会を開催しました

26日、教職員対象の人権教育研修会を開催しました。

人権教育課長が職員に対して、研修会の報告をしました。

また、人権に係る問題発生したいろいろなケースを想定した問いを全職員で考えたり、保護者への啓発の方法を考えたりしました。

みかん狩り交流体験学習を実施しました

26日、地元の老人保健施設の利用者を本校土居農場に招いて、みかん狩り交流体験学習を実施しました。

今回は、3年生アグリカルチャーコースの生徒たちが施設利用者の方々と交流しながらみかんの収穫をしました。利用者の方から「孫のようだ」「おいしいね」と声をかけてもらい、生徒たちも笑顔になりました。

 

 

 

 

 

研究授業を実施しました

26日、化学の研究授業を実施しました。

「物質と化学結合」の単元を学習しました。グループで問題に対する解答を考え、黒板に発表しました。

難易度が上がっていくにつれ、グループで熱心に話しあって解答を導き出していました。

正解したときは、歓声があがり、楽しく分子の仕組を学習することができました。

情報科学部「高校生なるほどアイデアコンテスト」2年連続全国大会出場

11月4日(日)大分大学経済学部で開催される「第14回高校生なるほどアイデアコンテスト」最終審査(全国大会)に、本校情報科学部2名が、予選を通過し、2年連続出場することが決定しました。

例年1,000件を越える応募があり、1次、2次審査を経て、上位10組が最終審査に進みます。昨年は大分大学COC+賞を受賞しました。

最終審査に向けて、頑張ります。

 チーム名  愛媛県立土居高等学校 情報科学部

プラン名   人材育成型商品 「これであなたも盆栽人」

                   五葉松盆栽

                 調査研究の様子

 

人権・同和教育ホームルーム活動を実施しました。

25日、人権・同和教育のホームルーム活動を実施しました。

1年生は、各ホームルームで、様々な人権問題を取り上げて学習しました。

あるクラスでは、DVDアニメ「めぐみ」を教材として、拉致問題を人権問題の一つとして学習しました。

2年生は、「水平社宣言」を学習しました。宣言に込められた思いを学習しました。

3年生は、全体で人権問題に関するDVDを視聴しました。視聴後、今までに学んだ知識から、差別の現実について、自分たちがどう行動するか考えました。

本日の生徒たちの学びを、家庭でも話し合っていただけたらと思います。