2019年12月の記事一覧

紙のまち魅力体験バスツアーに参加しました!

 12月26日、しこちゅ~ホールで紙のまち魅力体験バスツアーが行われ、本校から紙のまちづくり部5名が参加しました。
 まず、愛媛大学紙産業イノベーションセンターの内村浩美センター長から、地域産業の活性化に向けた最先端の研究開発についてお話がありました。
 午後から、大王製紙株式会社と福助工業株式会社の見学をしました。最新鋭の設備を有する工場で無人化が進んでいることに驚き、様々な職種の先輩方との座談会では一緒に参加していた大学生の真剣な眼差しに刺激を受けました。今後の活動に活かしていきたいと思います。

  

 

四国中央市内三高校家庭クラブ交歓会

12月20日(金)、川之江高校で市内三高校家庭クラブ交歓会が行われ、

本校の家庭クラブ役員8名が参加しました。

今年度、川之江高校は、「高校生自転車交通安全マナー向上対策事業」推進指定校となっており、

まずはその取組について、生徒会役員の皆さんが発表してくれました。

ドライバーに交通安全啓発のティッシュを配布したり、子どもの発達と保育の選択生が

保育園訪問の際に交通安全に関する劇を行ったりしているそうで、大変勉強になりました。

お土産として、交通安全クッキーと、交通安全啓発のティッシュをいただきました。

 

取組紹介を聞いた後は、食物室に移動し、時短調理というテーマで、調理実習を行いました。

講師は、愛媛調理製菓専門学校の先生方です。

今回のメニューは「バゲットグラタン・冬野菜とふんわり卵のコンソメスープ・グリーンサラダ」でした。

他校の家庭クラブの皆さんと協力して、無事作り終えることができました。

ハムを星形に切り抜いたり、バゲットを器のかわりに使ったり、見た目も素敵に仕上げることができました。

 

 来年度の三高校交歓会は、本校が会場校となります。

どのような内容にしたいか、帰りの電車の中ですでに考えている役員もいました。

来年度も、良い会となるように、頑張りたいと思います。

 

家庭クラブによるクリスマスケーキ講習会

12月18日(水)、12月19日(木)の2日間にわたって、

家庭クラブによるクリスマスケーキ講習会が行われました。

1日目は3年生、2日目は1・2年生が参加しました。

 

まず、スポンジケーキを作るところからスタートしました!

 

卵の共立てを終えるタイミングを見計らうのが難しかったですが、

なんとかスポンジ生地を完成させることができました!

 生地を冷ましている間に、生クリームを作り、フルーツを切りました。

今回は、いちご・みかんに加えて、本校のアグリカルチャーコースの生徒が作った

キウイフルーツも贅沢に使用しました。

あとは、思い思いに飾り付けて完成です。

6号のサイズのケーキを、1人1ホール作って持ち帰りました。

クリスマス当日まであと数日ですが、ぜひ本番にも作ってもらいたいです。

 

手をつなぐ子らの交流会

今日は終業式のあと、土居中学校の体育館で手をつなぐ子らの交流会が行われました。土居高校の生徒が催し物を考え、土居町の小学生や中学生と一緒に楽しもうという会で、リース作りなどをしました。

               

折り紙でサンタクロースとトナカイを作って様々なシールできれいに仕上がりました。みんなサンタクロースを折るのに苦戦していました。教える立場の土居高校の生徒たちも苦戦していましたが、一生懸命に教え、小学生中学生の子たちと協力しながら作っていてとても素晴らしい作品ができていました。 

                     

最後にお菓子のネックレスありがとうございました。

                     

小学生や中学生と戯れ元気をもらうことで土居高校の生徒も気分良く冬休みに入られるのではないでしょうか。

                

 

12月20日(金)終業式

今日で2学期も終了です。運動会、文化祭、修学旅行など、多くの行事がありました。明日からは冬季休業となります。

終業式に先立ち表彰式を行いました。5名が表彰を受けました。

 

終業式の校長式辞では生徒会役員に立候補した生徒の「立候補したのは、今の自分に不満、将来の自分に不安で、自分を変えたかったからです。」という演説、ボクシングの井上尚弥選手の「常に不安なんです。まだまだ自信がない。だから、できる限りの練習をする。」という言葉を挙げ、今日を一生懸命生きていく中で、人間関係、勉学等、様々な不安があるが不安な気持ちを大切にしてほしい。その不安がより良くするための原動力になると生徒たちに言葉を贈られました。(詳しくは、学校HPの「What is 土居高校」の「校長室より」をご覧ください。)

 

終業式後、教務課長、進路課長、生徒課長から講話がありました。

教務課長:できない理由を探さない。今できることをする。頼まれごとは試されごと。

 

進路課長:継続することの大切さ。少しずつ学び続ける。1.01の365乗。0.99の365乗。

 

生徒課長:携帯の扱いについて。どういう使い方がいいのか考える。

 

シェイクアウトえひめ・避難訓練

12月19日(木)シェイクアウトえひめ・避難訓練を実施しました。

「シェイクアウトえひめ」は、その場で(1)まず、低く「DRPO」、(2)頭を守り「COVER」、(3)動かない「HOLD ON」の安全確保行動を約1分間行う訓練です。

本校では、生徒たちに事前連絡せずに訓練を実施しました。生徒たちは、先生の指示に従い安全に素早く行動することができました。

体育館集合後、校長先生からは「命より大切なものはない」等、男性消防団員の村上様からは、活動例として5月17日に起こった土居町の山林火災の消火活動の報告を、女性消防団員の内川様からは「自分の命を守れなければ他人の命も守れない」等といった講話をしていただきました。

        校長先生

村上消防団員        内川消防団員

また、四国中央市には、私たちの安全を守るために1387名の消防団(女性消防団は11名)がいるそうです。今回の講話を聞いて、地域の安全を守るために高校卒業後、消防団活動に参加してほしいです。

 

第2回土居高まちおこし委員会(生徒活動報告会)

12月18日(水)委員の方々を招いて、本校体育館で、第2回土居高まちおこし委員会(生徒活動報告会)を実施しました。

この報告会は「紙のまち魅力化プロジェクト」の一環で、産官学が共働し、四国中央市の主力産業である紙産業を支える人材の育成を事業の目的としています。その活動・研究内容の報告を通して、プロジェクトの研究成果を検証するとともに活動の総括を行うことを目的に本日第2回土居高まちおこし委員会を実施いたしました。

校長挨拶

報告会に先立ち校長先生から生徒たちに「大人になる条件とは?」の課題をいただき、条件の例として「自分が住んでいる地域をよく知っていて、その地域をより良くしていこうと考えている。」を紹介されました。生徒一人一人が真剣に考えていかなければなりません。

【活動報告】の様子です。

愛媛大学との高大連携について

 

地域における体験学習等(①1年生、②紙のまちづくり部)について

 

森林での体験学習について

 

地元企業と連携した商品開発の実施について

 

発表後に、5名の委員の方から指導助言をしていただきました。

 委員の方から助言・感想として「見て聞いて体験することの大切さ、そのためにも学校から出て行って体験し、これからの糧にしてほしい。」「この地域に誇りを持って、この地域で活躍してほしい。」「町おこしの第一歩は積極的に興味を持つことである。」「先輩の思いを引き継いで活動している。」「大変よくまとめられた報告であった。」等いただきました。本当にありがとうございました。

生徒代表謝辞

 

第2回土居高まちおこし委員会(生徒活動報告会)リハーサル

12月17日(火)

いよいよ明日は、第2回土居高まちおこし委員会(生徒活動報告会)です。

本日の放課後、体育館でリハーサルを行いました。

明日の報告会がより良いものになるように、各班とも本番さながらの緊張感でリハーサルをしていました。

 

活動報告は全部で5本あります。

(1)愛媛大学との高大連携について

(2)地域における体験学習等(①1年生、②紙のまちづくり部)について

(3)森林での体験学習について

(4)地元企業と連携した商品開発の実施について

明日は頑張るぞ!!

 

「高校生ビジネスプラン・ベスト100」に土居高校が入選しました。

日本政策金融公庫が開催する、第7回「創造力、無限大∞ 高校生ビジネスプラン・グランプリ」において、本校の作品が優秀なプランと認められ「高校生ビジネスプラン・ベスト100」に3年連続3回目の入選となりました。本校のプランタイトルは「日本初!?高校生発インバウンド盆栽ツアー商品化」です。このプランは、令和元年10月19日(土)に実施し、国境を越えて盆栽の魅力を参加者(10名)に伝えることができました。

本日(令和元年12月10日)は土居高等学校で表彰状授与式を開催いたしました。

 

令和元年度 校内人権・同和教育講演会

12月10日(火)14:50~16:00(本校体育館)

 一万人の一人芝居座長/元新宮少年自然の家所長である 宮内 則人 氏 を講師に招いて、一人芝居『明日へ!』という内容で、校内人権・同和教育講演会を開催いたしました。

 

生徒代表謝辞