愛媛県高等学校国際教育生徒研究発表会に参加しました

12月5日、伊予農業高等学校で行われた「愛媛県高等学校国際教育生徒研究発表会」に2年生4名が参加しました。

今年7月に本県を襲った豪雨をきっかけに、地球温暖化・地球変動について考え、そこから持続可能な社会を作るためにはどうすればよいかを考え、SDGs(国連が定めた持続可能な社会をつくるための17の目標)について専門家から学び、堅実に実践してきたことが評価され、独立行政法人国際協力機構(JICA)四国支部長賞を受賞しました。

今後、世界では、投資家がSDGsや環境を意識する企業を選んで投資する(エシカル投資)への流れがより一層顕著になると言われており、これからの社会を生きていく生徒たちとさらに学びを深めたいと思っています。2年生全クラスでSDGsについて行った調べ学習の成果は、懇談中、2年A組の廊下に掲示しています。ぜひご覧ください。