6月12日(金)進路講演会をしました

本日、6限目の総合的な学習の時間、総合的な探究の時間に紙に関する講演会を実施しました。丸住製紙株式会社 鈴木 茂 様 、山本 康敬 様、株式会社リブドゥコーポレーション 村上 貴博 様 を招聘して生徒たちに、事業所に関する職種、事業所の仕事内容、高校生や大学生に求める人物像について講演をしていただきました。

 鈴木様、山本様からの「“社会人”になる準備のすすめ」では、社会人基礎力として①前に踏み出す力、②考え抜く力、③チームで働く力や忍耐力、基礎学力、自己管理能力の必要性を説明していただき、自ら考え責任ある行動を起こすことができること、チームワークを大切にすることが大切であると教えていただきました。

村上様からの「就職支援研修~今からどうする~」では、STEP1「働くとは?」いずれ訪れる社会人として、どんな仕事をしたい、夢は何、イメージできるか、STEP2「今できること」として「あいさつ」を一番に、あ(明るく)、い(いつも)、さ(先に)、つ(ついでに一言)や目標を持つこと、今の習慣や行動が未来につながることについて教えていただきました。

 

どのような仕事をするのか理解でき進路を考える上で、とても参考になりました。求められる人物像に関しても、そのような人物になれるよう、これからの高校生活における目標を設定し努力していこうと思います。

 生徒謝辞

お忙しい中、私たちのために講演をしていただき誠にありがとうございました。