6月11日(火)進路講演会

四国中央市役所 経済部 産業支援課 商工労政係 堀池浩一郎 氏 を招聘して進路講演会を実施しました。

演題は「四国中央市と紙産業の歴史」でした。四国中央市の概要、産業とは、で始まり、和紙製造や和紙販売に貢献した薦田篤平、篠原朔太郎、住治平について、ピンチを商機に四国中央市の紙産業が大きく成長した要因を詳しく説明していただきました。

また、紙の服、水引、紙の教会等を知ることができ、紙産業の可能性に期待が広がりました。地元産業に、今後も積極的に関わっていきたいと思います。