新居浜グローバル パーティ 情報科学部 国境を越えて盆栽ダンシング

  2月9日(日)、新居浜ウイメンズプラザにおいて、「第30回新居浜グローバル パーティー」が開催されました。30回目を記念したケーキカットも行われました。参加者約300名(うち、外国の方 14か国 101名)は、世界各国のお菓子を味わいながら、日本文化の体験コーナー、伝統的なダンス、紹介ブースなどの催しを通じて交流を深めました。

  本校情報科学部は、1年間の活動報告をしました。また、四国中央特産 不織布で手作りした衣装を着て、巫女と神職に扮して『盆栽たいそう』を披露しました。「宇宙から見れば、地球に国境など存在しない。あるとすれば、人間の心の壁だけ。世界は一つ」と多文化共生(ダイバーシティ)の大切さを訴えて、英語、中国語、日本語で盆栽ダンスを踊りました。

  特に、『盆栽たいそう』がすごく好評で、史上はじめてのアンコールが外国の方々からあって感激しました。私たちは英語が得意ではなく、ほとんど話せません。それでも、心は通じ合えると思いました。日本人と外国人にあるのは、言葉の壁ではなく、心の壁だと実感しました。


このような貴重な機会を与えていただいた方々に感謝いたします。ありがとうございました。

 

発表テーマ名:「日本初!? 高校生企画主導による広域連携型 インバウンド盆栽ツアー 商品化」