「失敗から学ぶもの(*^_^*)」アグリ日記

こんにちは!アグリコース農場長のKです(^^)/

 

今日は快晴!本日のアグリコース3年生の授業は農機具運用実習でした。

3班に分かれ、刈り払い機(ワイヤータイプ)とトラクタの耕耘実習をしました。安全第一で!を合い言葉に、さっそく開始!

はじめはおっかなびっくりでぎこちない操作でしたが、次第に慣れ、上手に操作できるようになりました。

しかし、油断は禁物!機械は、慣れた頃が最も危険です。

一度気持ちを引き締め、最後まで良い緊張感を持ったまま、安全に実習を終えることができました。

実習を終えた生徒たちは、やり遂げたという満足感と達成感で、とっても良い笑顔でした!

 

実習を終えた生徒のコメントは次のとおり。

「草や石がいっぱい飛んできて、先生がプロテクターや服装をしっかり整えてせんといかん!って言われたことがよくわかった!」

「はじめは怖くって思うように刈ることができなかったけど、コツをつかんでうまくできるようになった!」

「トラクタに乗るのは初めてだったけど、楽しかった!」

「Uターンしたり、まっすぐ耕耘するもは案外難しい!」

 

最初からうまくできる人間なんて一人もいません。安全に失敗しながら、様々な経験を経て、スキルアップや安全意識の向上につなげてくれたら、この授業は有意義であったといえますね!

 

今後も、良い農作物を作るため、経験をたくさん積みながら安全第一で学んでいこう!

 

地域の皆さん、アグリコースの生徒たちを温かく見守ってやってくださいね(^_^)v