2020土居高校日記

紙のまちづくりコースにおける愛媛大学出前講義

8月28日(金)、愛媛大学 深堀秀史 准教授にオンラインによる出前講義をしていただきました。工場見学の予習として、繊維や紙の作り方を学びました。事前にサンプルを持ってきていただき、生の楮(こうぞ)の皮と、蒸解した楮の違いを割いて確認をしたり、製紙の工程過程で紙がどのように変わっていくのかを実物を触って確認したりしました。今日学習したことを整理して、工場見学に行く準備をしていきたいと思います。

 

ファーウェイHPにて 土居高校情報科学部の取組が 世界に向けて紹介されました! 

  令和2年8月23日 情報科学部は、「第5回全国高校生ソーシャル・ビジネス・プロジェクト(SBP)交流フェア」オーラルセッションに進出、今まで取組と今後の活動予定(ビジョン)を発表して、『輝き賞』と『ファーウェイ賞』を受賞することができました。

   その様子が、ファーウェイ・ジャパン ホームページやソーシャルメディアなどで世界中の方々に向けて紹介されています。ありがとうございます。

 ファーウェイ・ジャパン、地域課題解決に取り組む高校生を支援する「第5回全国高校生SBP(ソーシャルビジネスプロジェクト)交流フェア」に協賛し、ファーウェイ賞を授与

 2020年8月23日(日)、「第5回全国高校生SBP(ソーシャルビジネスプロジェクト)交流フェア」のオーラルセッションと表彰式がオンラインにて開かれた。ビジネスの手法で地域の課題解決に取り組む高校生約200人が全国から集まり、プレゼンテーションやオンライン交流会を行いました。 

 SBP交流フェアとは、未来の大人応援プロジェクト実行委員会が運営し、文科省が共催する全国の高校生が地域の課題を解決するための交流事業です。高校生が地域の課題を解決するためにビジネスの手法等を学びながら取り組んだことを発表し、開発した商品を紹介・販売しながら交流します。互いに評価しながら向上していくことを支援していくとともに、趣旨に賛同した関係各府省や各種企業が協力して実施する「民官地」の協働プロジェクトとして、地域の活性化に寄与することを目指しています。

 社会貢献活動の一環としてグローバル人材育成に力を入れるファーウェイ・ジャパンは、「世界を意識した将来性のある地域課題の解決、または国際化に向けた活動に取り組む若者を支援したい」という思いから、2017年からSBP交流フェアを支援しています。

 今回、ファーウェイ賞に輝いたのは愛媛県立土居高校情報科学部。同校は一昨年の8月、観光甲子園で全国優勝した成果を土台として、昨年10月に高校生発広域連携型インバウンド盆栽ツアープランを商品化し、今年7月に「親子で四国オンライン体験フェス」に出展しオンライン生中継で世界に向けて発信しました。全国1位からさらにレベルアップを図り、本物のビジネスへと育てることで持続可能な地域社会を実現することを目指し、地場産業のPR、伝統文化の伝承、特産品や農産物の商品開発、インバウンド観光の推進など様々な活動もしています。

 土居高校は昨年度、国境を越えていろいろな国々の外国人と交流し、様々な文化や多様な価値観を学ぶことができ、多文化共生(ダイバーシティ)の実現にもつながりました。 このような世界に目を向け、果敢にチャレンジする将来性のある活動は、国際交流を通して世界と地域を結び付けるものであり、そして外国人住民と地域住民との共生を進める地道な活動は実に素晴らしいことを評価し、今回のファーウェイ賞を受賞しました。

~ファーウェイ・ジャパンHPから抜粋~

第71回土居高校運動会 新型コロナウィルス感染対応における入場制限の実施について

第71回土居高校運動会新型コロナウィルス感染対応における入場制限の実施について

 残暑の候、皆様にはますます御清栄のこととお慶び申し上げます。平素から本校教育活動に格別の御高配、御支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

  さて、第71回土居高校運動会を「英雄豪傑~我らが主役、全力突破~」のテーマの下に、下記のとおり開催いたします。
 現在、新型コロナウィルスの収束が未だ見えない状況にあります。そのため、今年度の運動会では、感染リスク軽減のため、入場制限をさせていただきます。子どもたちの健康と安全の確保を最優先に考えて、事前に「入場許可証」を発行します。当日、正門にて「入場許可証」を持参した方のみ、ご来場していただきます。

 御理解、御協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 

1 日 時    令和2年9月8日(火) 午前9時00分から  ※雨天順延 9月9日(水)

2    場 所    本校運動場

3 注意事項
(1) 当日、「入場許可証」のない方は入場いただけません。
(2) 発熱、風邪の症状、悪寒、咳、鼻水、だるさ、頭痛、味覚・嗅覚障害、下痢など、体調不良が認められる方は入場いただけません。
(3)  ご入場時、マスクを着用していない方は入場いただけません。
 

 

全国高校生SBP交流フェア本戦出場 「輝き賞」「ファーウェイ賞」を受賞しました!

 令和2年8月23日、北は北海道から南は沖縄から参加した計24チームの中から、予選を通過した全国トップ6団体による「第5回全国高校生ソーシャル・ビジネス・プロジェクト(SBP)交流フェア」の本戦がオンライン(Teams:ウエブ会議システム:)にて開催されました。文部科学大臣賞は、高浜高校(愛知)、三重県知事賞は浜松学芸中学高校(静岡)と鯵ヶ沢高校(青森)コラボが獲得しました。

 土居高校情報科学部は、不織布を使って手作りした神職の衣装を着た部員たちが、一昨年8月、観光甲子園で全国優勝した成果を土台として、昨年10月商品化した「高校生企画主導広域連携インバウンド盆栽ツアープラン」を、今年7月に親子で四国オンライン体験フェスに出展して、オンライン生中継で子どもたちに向けて発信した取組を発表しました。また、今後の活動予定についても説明しました。最後に、英語版「盆栽たいそう」を踊って、メッセージを届けました。

 午後に開催されたオンライン座談会では、全国の高校生たちやスタッフの大学生と対談し、「盆栽たいそうが良かった」とほめていだだきました。

 表彰式では、「輝き賞」と「ファーウェイ賞」を受賞しました。審査委員の先生からは「インバウンド観光やダイバーシティなどグローバルな視点に立って地方創生を推進している高校は珍しい。世界の明るい未来に繋がる素晴らしい取り組み」と身に余る講評をいただきました。ありがとうございました。

 コロナ禍のなか、世の中が大変な状況にあるにもかかわらず、僕たちの取組や将来のビジョンをオンライン生中継で発表できる機会を与えてくださったことに心より感謝したいと思います。

大会の詳細は「未来の大人応援プロジェクト」HPをご覧ください。

 

 

農林水産省 中国四国農政局HPで「オンライン盆栽ツアー体験講座」が紹介されました!

令和2年7月25日 愛媛県立土居高校情報科学部は、「親子で四国オンライン体験フェス~#おうちで四国一周~」に出展しました。


当日は、不織布を使って手作りした神職の衣装を着た高校生らが講師となって、昨年商品化した「高校生企画主導広域連携インバウンド盆栽ツアー」を再現し、盆栽の歴史や実技などの講座を案内し、「盆栽たいそう」を楽しく踊りました。当日、参加し、取材してくださった中国四国農政局愛媛県拠点のフォトレポートに、その様子が紹介されています。

詳しくは、中国四国農政局ホームページをご覧ください。