2020土居高校日記

1月8日(金)は始業式、第3学期が始まります。

明日(1月8日)は、いよいよ第3学期の始業式です。生徒の皆さん、課題は終了しましたか。明日は、気温が低く寒いと思いますが交通安全に気を付けて登校してください。登校時には、マスクの着用を忘れないようにしましょう。また、引き続き、毎日の検温、登下校を含めたマスク着用アルコール消毒手洗い換気などの新型コロナウイルス感染予防を徹底しましょう。

1月8日(金)の予定ですが、ホームルーム活動、大掃除、始業式、1・2年生は英語、国語、数学の課題テスト、3年生は金の①②③授業となります。その後、身だしなみ指導があります。うっかり再指導にならないように、身だしなみを整えておきましょう。あと、昼食(弁当)も必要ですので忘れないように

部活動も4日からグラウンドや体育館で始まっています。

 女子テニス部です。この後、強風、雨になり・・・

野球部は階段トレーニングの後武道場で練習

新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

令和3年が始まりました。生徒の皆さん!充実した日々を過ごしていますか?生活のリズムは大丈夫ですよね。そんな、あなたは、きっと冬休みの課題はほぼほぼ終了していることでしょう。まだ終了していない人は少し焦りましょうね。

1月8日(金)は3学期始業式です。ホームルーム活動、大掃除、始業式の後、1・2年生は英語、国語、数学の順で課題テストがあります。3年生は金の①②③授業ですね。あと、身だしなみ指導もあります。当然ですが全員一発で合格しましょう。

また、引き続き、マスクの着用、手洗い、消毒などの感染症予防対策の徹底、体調管理の徹底をしてください。

12月28日(月)仕事納め

今日で仕事納めです。

先週12月25日(金)に冬季進学・検定補習終了しました。生徒は自分の進路実現に向けて進学補習、検定補習を受けていました。

進学補習1年生の英語では、最後に課題プリント(クリスマスプレゼント)が教科担当から配られて、ロイロノートで提出するように指示を受けていました。しっかり解いて忘れないように提出しましょう。

検定補習では、2年生ビジネスコースの生徒が、検定に向けて黙々とパソコンと向き合っていました。本校のビジネスコースでは、簿記、珠算、電卓、ビジネス文書などの資格が取得できます。1級合格者も出ています。生徒の皆さん、検定合格を目標に頑張ってください。

令和2年も今日を含めて、あと4日となりました。各教科から冬季課題も出ていますよね。年末年始に生活リズムをきちんと守り、計画的に課題をしていきましょう。また、部活動のある生徒は部活動にしっかり取り組みましょう。

第3学期は1月8日(金)です。1・2年生は英語、国語、数学の課題テスト、3年生は金の①②③授業です。身だしなみ指導もあります。元気に登校できるよう健康管理に気を付けてください。

 

土居高校情報科学部 動画de高校生サミット2020 参加

 土居高校情報科学部は、「5分動画de高校生サミット2020 SDGs編 一般部門」(ワンエヒメ主催)にオンライン参加しました。

  5分動画de高校生サミット 2020とは、SDGgに関する日頃の取り組み、今後やってみたいアイデアなどを5分以内の動画を作って主催者事務局まで提出すると、応募作品をオンラインにて紹介してくれます。(募集期間:令和2年10月1日~令和3年2月末日)また、全国の有識者の方々からのコメントを受けることもできます。

 情報科学部では、一昨年、観光甲子園でグランプリを受賞したプランをもとに、昨年10月に商品化したインバウンド盆栽ツアープランを、今年7月、四国オンライン体験フェス(佐田岬ツーリズム協会主催)に出展し、子どもたちや世界に向けてライブ配信しました。8月には、全国高校生SBP交流フェア(文部科学省地域ビジネス創出事業)に参加し、ダブル入賞することができました。

 11月には、総理大臣官邸で開催された有識者懇談会にて、地域創生の優良事例として「第7回ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(内閣官房および農林水産省主催)コミュニティ部門に選出されました。
 以上の持続可能な地域社会の実現を目指した取り組みを2分以内の動画にまとめました。

 

 

12月23日(水)リモート授業(Zoom)の研修会

12月23日(水)「愛媛県高等学校・中等教育ICT教育実践サポート事業 リモート授業開催講座」の研修会をしました。四国中央テレビのアドバイザースタッフ2名を講師に招いて実施しました。「ツールを使う、セットアップができる」を目標にZoomを使って、本日の第1回目は、講師が先生役、教員が生徒役で研修を受けました。

     

今後、新型コロナウイルスの感染状況によっては、学校での対面授業が困難になることも十分に考えられます。生徒たちの学びを止めないためにも、リモート授業のために必要な知識、操作方法を確実に習得していきます。

     

四国中央テレビ アドバイザースタッフ(2名)様には、お忙しい中、丁寧に教えていただき誠にありがとうございました。