H30土居高校日記

土居中央愛ロード推進協議会運営委員会を開催しました

26日、本校会議室で、土居中央愛ロード推進協議会第7回運営委員会を開催しました。

地域、行政、本校が取り組んだ環境美化活動について報告がなされた後、夏場の散水作業等今後の取り組みについて協議しました。

地域、行政、学校が一体となって取り組む愛ロードの活動によって、お互いの結びつきが強まっていくことを実感することができました。

 

 

クリーン愛媛を実施しました

10日、全校生徒でクリーン愛媛を実施しました。

清掃場所は、県道蕪崎土居線(通称愛ロード)です。大雨で延期になっていましたが、全校生徒で、気持ちのよい汗をかくことができました。

体育館に集まり、担当の先生から説明をうけました。

全校生徒で。除草、清掃活動を行いました。

 

 

【紙のまち魅力化プロジェクト】四国中央紙フォーラム2018に参加しました

24日、紙のまちづくり部の生徒が、四国中央紙フォーラム2018に参加しました。

まず、和紙を柿渋で貼り合わせて乾燥させた型地紙に、専用の彫刻刀で多種多彩な文様を彫り抜いた「伊勢型紙」についての講演がありました。軽い、薄い、掘りやすい特長のある和紙が伝統文化を支えていることが分かりました。

次に、紙産業のイノベーションの可能性と課題について、松山大学名誉教授である鈴木茂先生の御講演がありました。紙産業の新たな事業展開の動向や、製紙関連技術・商品の新発見・開発などについての話を伺い、紙産業はさらなる成長が期待できる魅力ある産業であることを実感しました。

今週末に行われる紙まつりや書道パフォーマンス甲子園にも参加して盛り上げていきたいです。

  

 

【紙のまち魅力化プロジェクト】地域における体験学習・工場見学を実施しました

23日、紙のまち魅力化プロジェクトの一環として、1年生全員を対象とした「地域における体験学習・工場見学」を実施しました。

生徒たちの希望をもとに設定されたコースに分かれてバスに乗り、市内の各事業所・施設(大王製紙株式会社、リンテック株式会社、愛媛大学紙産業イノベーションセンター、紙のまち資料館、愛媛県紙産業技術センター)を訪問・見学させていただきました。

生徒たちは、普段見ることのできない巨大な抄紙機を見たり、手漉きでのハガキ作りや水引制作の体験をさせてもらったりして、身近な存在である紙を通して、地元産業の魅力を学ぶことができました。

  ご協力いただきました各事業所・施設の皆さま、また、公益社団法人愛媛県紙パルプ工業会並びに四国中央市役所経済部産業支援課の皆さまに、厚くお礼申し上げます。

 

土居高校の緑の絨毯

今、土居高校の芝生がすごいことに!

正門を入ると手入れの行き届いた美しい緑の芝生の絨毯に目を奪われます。

すばらしい環境の中で、生徒は学校生活を送っています。