2020土居高校日記

9月25日 紙のまちづくりコース 工場見学

本日は愛媛県紙産業技術センターに行きました。そして紙ができるまでの一通りの流れを見学させていただきました。

シートマシンという機械で、繊維を一本ずつに分解してばらばらになった繊維をシート状に形を整え、乾燥させて紙を造る過程を間近で見させていただきました。

                    

 

また、いろいろな種類の紙を顕微鏡で拡大し、繊維の形や構造を見ることができました。   

              

そしてマルチコーターという塗工試験装置などの機械を見させていただきました。出来上がった紙には、表面がつるつるの紙や布のような柔らかい紙などがあり、種類の多さと機能性の幅にびっくりしました。

様々な紙ができる過程の中に様々な魅力があり、紙づくりの奥深さを知ることができました。

              

紙産業技術センターの皆さん、ありがとうございました。