2020土居高校日記

令和2年度地域連携心豊かな高校生育成事業の一環として「老人保健施設ちかい」様を訪問しました!

 11月4日(水)、1年生が「老人保健施設 ちかい」様に訪問しました。

 例年、1年生全員で訪問し、交流させていただいていますが、今年はコロナ感染症予防の観点から形をかえての実施となりました。どのように形を変えて実施すればよいか思案していたところ、ちかい様から「施設の廊下に飾る季節の壁面飾りがあるととてもありがたいです。作るのにはわりと時間がかかるのでそれを用意してくれると助かります。」とのお話がありました。そこで各ホームルームにおいてグループ(4グループ×3クラス 計12グループ)に分かれ、1月から3月までの壁飾りを作りました。早速11月から掲示してくださるとのことです。お年寄りの方が私たちが作った飾りを見て季節を楽しんでくださったら嬉しいです。

  皆様にとって、幸せな楽しい1年が訪れますように!!

  寒い中、外に出てきてくださりありがとうございました。

  施設長様をはじめ、職員の方々もお忙しい中ありがとうございました。

3 年生の遠足!

文化委員です。10/30(金)私たち3年生も遠足に行きました。ほとんどの人が進路が落ち着き、みんなで楽しく過ごすことができました。金刀比羅宮ではうどんを作り、作ったものは持ち帰りました。みんなで食べたうどんはとてもおいしかったです。

         

四国水族館では様々な種類の魚がいて瀬戸内海を背景にしたイルカショーはとても迫力がありました。三年生全員で行くことができて本当に良かったです。                            (文化委員 3 年 女子)

小林保育園訪問の準備を行っています。(生活部&こどもの発達と保育選択生)

 11月19日木曜日に、小林保育園を訪問する予定です。毎年、7月に「1日保育」の形で実習を行っていますが、今年はコロナ感染症予防の観点から、短時間の訪問を予定しています。

 そこで、生活部の皆さんが1学期に製作した「無事カエルお守り」と発達と保育選択生が作った「車の形の折り紙メッセージ」をセットにしてお土産として渡す予定です。今年は交通マナーアップクラブの指定校にもなっているので地域への働きかけの意味もあります。(家庭クラブの県下一斉活動も兼ねています!)

 

 

心をこめて準備を進めています。当日喜んでくれると嬉しいです。

1年生の遠足!

どうも、文化委員です。
今日は遠足がありました。まず、坊ちゃん劇場に行きました。「鬼の鎮魂歌」という桃太郎をテーマにした劇を見ました。迫力満点の演出と、感動的な話に泣いている生徒がいたのが印象的でした。

    

その後東温市の運動公園に行きました。公園ではみんなで仲良くお弁当を食べたり、遊具で遊んだり、楽しい一日となりました。

            

(1年 文化委員女子)

「ありがとう」を“粋”に感じ、育つ心 アグリ日記①

どうも、皆さんこんにちは、お久しぶりです!

アグリコース農場長のKです(^_^)v

約半年ぶりの投稿です!いやぁー、コロナ対応に学校全体で、毎日全力で対峙した半年間、本当に長かった!!!まだまだ気は抜けませんが、やっと交流会ができるまでになりました( ^o^)ノ

 

さてさっそくですが、秋!と言えば収穫の秋(^_^)/

本日、土居保育園の皆さんをお招きし、みかん狩り交流会を開きました。

 

はじめのほうは、お互いにぎこちなく、ふわふわした感じでしたが、園児のみなさんと一緒に楽しいお話をしながらみかんを収穫したりしながら、じきにお互い打ち解け、終始笑顔の交流会となりました。

 

最後はお待ちかねの試食会!参加した子どもたちは、おいしそうにみかんをパクパク!秋の味を心から楽しんでくれているようでした。笑顔でいっぱいの南農場は、暖かい陽気に押され、穏やかな雰囲気に包まれました(o^∀^o)

「お兄ちゃん、お姉ちゃん、ありがとう、またねー!」精一杯手を振る園児を見送りながら、生徒たちは私にこう言ってくれました。

 

「いろいろあったけど、交流会できてよかった!」「俺たちが育てたみかんをおいしいって言うてくれた!」「ホント、すごい楽しかったー!」コロナで学校に来れない、実習ができない、様々な困難を経験してきた中の彼らの感想は大変重く、そして充実感に満ちた表情でした。

 

その日の夕方、突然保育園の先生が来校され、私たちにプレゼントを持ってきてくださいました。それは、今日みかん狩りをありがとうの気持ちを込めた寄せ書きでした。職員みんなまじまじと見ながら、生徒の取り組みでいただいた、心のこもったメッセージを喜びました。

 

次の日、実習のまえに、寄せ書きを披露しました。見たとたんみんな「うぉー!すごい!」「絵がかわいいねー」といいながら、嬉しそうにじっと見つめていました。

 

こちらこそ、私たちの生徒を大事に接し、心を育ててくださりありがとうございました。

 

相手の心を想い、粋に感じて行動をする。人としてとても大切なことです。

本校アグリカルチャーコースは『農業を学ぶ』のも大切ではありますが、『農業で“心を育てる”』ことを主な目的としています。

 

生徒は学校だけで成長するわけではありません。たくさんの方々から刺激をもらい、様々な価値観に触れ、感じ、コミュニケーション能力を向上させながら大人になっていくのです。

 

皆さんの“粋な心”を力の源に、土居高で学んだ経験を活かし、将来、生徒たちが家庭を持ち、自分の子どもと一緒に家庭菜園を楽しむ。そんな素敵な時間を持てる親になってほしい、私たちはそう願っています。

 

うん!やっぱり、交流会はいいなぁ!

これからも、たくさんの人と笑顔と心意気をシェアしよう(^_^)

 

農業はホント、楽しいね~(o^∀^o)