2020土居高校日記

12月2日(水)人権・同和教育講演会

12月2日(水)昨日で2学期末考査も終了し、今日から、考査が返されています。テストの結果はどうでしょうか?学習の成果は出ていたでしょうか?授業や課題への取組について改善すべき点は改善し、継続すべき点は継続し、今日から学年末考査に向けて、一日一日を大切にしていきましょう。

 

3年 文化委員 女子 から

7限目に体育館で、NPO法人ワークライフ・コラボの 堀田 真奈 先生、髙橋 浩子 先生 を講師に招聘し、校内人権・同和教育講演会を実施しました。演題は「私たちのライフデザイン」でした。

「現状と課題」の説明の中では「労働人口が減少していること」や「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきといった性別役割分業意識が逆転していること」を知ることができました。途中の伊藤さんファミリーの動画を見ることで、高校卒業後のライフイベントのことや自分の将来の生き方、ワークとライフのバランスを楽しくとる方法などもよく考えることができました。最後に、チャールズ・ダーウィンの「強いものが生き残るのではなく、賢いものが生き延びるのでもない、唯一、生き残るのは変化できるものである」という言葉を紹介していただきました。私の周りにも様々な問題がありますが、まずは、自分の身の回りに関心を持ち課題解決に向けて働きかけたいと思います。

生徒代表謝辞

 

12月1日(火)2年生学年集会

今日から師走です。早いもので2020年も残り1か月となりました。

2学期末考査も今日で終了し、2年生は学年集会をしました。科目選択説明会では各教科の先生から科目の特徴や学習内容の説明を聞き、学年主任からは、自分の進路実現に合った科目選択をしっかり考えるよう説明を受けました。

 

修学旅行説明会では旅行会社の担当者が、生徒に「旅程表」「新型コロナウイルス感染症の疑い発生時の対応」についてのプリント(2枚)を配付しました。手指消毒の徹底、マスクの着用、食事時のアクリル板設置、人数制限など、安全・安心の確保とともに、思い出に残る楽しい有意義な修学旅行にするために一つ一つ丁寧に説明していただきました。本日、2年生に配付したプリント(2枚)を御家庭においても御確認ください。

また、2年生保護者対象の修学旅行業者説明会を、12月4日(金)18時30分から土居高校会議室(本館2階)で実施いたします。よろしくお願いいたします。

 

11月24日(火)3年生漢文の授業

3年生の漢文の授業の様子です。

内容は、「四面楚歌」です。

史伝を読み、中国史に親しむことを目標に、また、漢文と普段使っている日本語につながりがあることを理解しました。

 授業では、生徒が積極的に手を挙げ、考えを発表したり、話し合ったり(アクティブ・ラーニング)、課題を板書したり、とても充実していました。

何より、生徒がとても楽しそうに学んでいました。

 

小林保育園訪問、愛媛大学出前講座、水引体験学習

昨日(11月19日)、2年生の「子どもの発達と保育」選択生16名が小林保育園を訪問しました。毎年、夏に1日保育体験を実施させていただいているのですが、今年は、新型コロナウイルス感染症予防の観点から短時間の見学・交流の形で実施しました。年中・年長の園児27名と接触を控えた外遊びをしました。

 挨拶   外遊び 

黄色のイチョウの葉っぱをタイヤに入れ、お風呂に見立てて遊んだり、砂遊びをしたり、かけっこをしたり30分間、楽しく遊びました。遊んだ後、土居高校生から交通安全のお守りとメッセージカードのプレゼントを渡しました。

お守りとメッセージカード

このお守りは「無事カエルお守り」で交通事故にあわずに無事に家に帰るようにという願いを込めて「カエル」が「ハート」を持っているデザインです。デザイン、制作は生活部が行い、車の形をしたカードは2年生の子どもの発達と保育選択生が作りました。園児たちは、とても喜んでくれました。

 

本日(11月20日)2年生紙のまちづくりコースの生徒が、「水引の体験学習」を実施しました。興味を持ちやすいように身近なものを題材に、「クリスマスにお家で飾れる水引をつくろう!」をテーマに楽しく、紙の伝統工芸である水引を学びました。プレゼンテーションや実際の作品を見て、水引の高い技術を知ることができました。

そして、各自が想像力とセンスで作品を作りました。

 

1年生は、「愛媛大学出前講座」を実施しました。四国中央市の産業である紙について教えていただきました。また、日本のお札についていろいろ学ぶことができました。

「こんな紙があったらいいなあ」では、伸びる紙、ハサミで切らないと切れない(破れない)紙、燃えない紙など紙について考えました。伸びる紙(クレープ紙)、破れない紙(合成紙ユポ)などを実際に見せていただきました。四国中央市の紙産業の技術の高さを再認識することができました。

思いっきり叩いても破れません!

 

 

 

11月19日(木)生徒会役員選挙

今日は、生徒会役員選挙がありました。生徒会長、生徒会副会長に3名ずつ立候補者が出ました。それぞれの立候補者が、土居高校をより良い学校にするためには、今のルールをしっかり守り信頼を得てから改革ができるなど、熱い思いを生徒に語りかけました。どの立候補者も本当に立派な演説でした。

演説の後は、投票をしました。

誰が当選しても、土居高校生徒会は、大丈夫だと確信しました。生徒会の皆さん、土居高校を今以上に活気ある学校にしてください。