H30土居高校日記

小林保育園児との交流を行いました

21日、2年生スポーツ&カルチャーコースで「発達と保育」を選択している生徒20名が近隣の小林保育園を訪問しました。年少、年中、年長の子どもたちとかくれんぼ、お絵かき、読み聞かせ、事前に準備したサイコロパズルなどで遊びながら楽しく交流しました。今回、普段の生活の中で乳幼児と接することが少ない生徒には、乳幼児を身近に学ぶ良い機会になりました。また、保育士の先生方の乳幼児に接する様子から多くのことを学ぶことができたようでした。小林保育園の皆様、ありがとうございました。

 

学年集会を開きました

21日、明日から学年末考査です。

放課後、学年最後の考査に向けての心構えを学年の担当者が話しました。

体調管理に気をつけて、しっかり頑張ってください。

学校評議員会並びに学校関係者評価委員会を開催いたしました

20日、第2回の学校評議員会並びに学校関係者評価委員会を開催いたしました。

委員の皆様に授業を参観していただき、協議の時間には、参観していただいた授業を参観しての感想、今年度の本校の自己評価について様々な角度から御意見をいただきました。

委員の皆様からいただいた御意見を今後に活かしてまいります。本日は、ありがとうございました。

出前授業(助産師による『命の授業』)を実施しました

19日、公立学校共済組合 四国中央病院からアドバンス助産師の方を講師に招いて、1学年の「保健」で出前授業をしていただきました。『命の授業』をテーマに、助産師の仕事について、男女の性について、男女のステキなパートナーシップについて講義していただきました。高校生の悩みに寄り添った授業で、生徒たちも真剣に耳を傾けていました。