2020土居高校日記

12月2日(水)人権・同和教育講演会

12月2日(水)昨日で2学期末考査も終了し、今日から、考査が返されています。テストの結果はどうでしょうか?学習の成果は出ていたでしょうか?授業や課題への取組について改善すべき点は改善し、継続すべき点は継続し、今日から学年末考査に向けて、一日一日を大切にしていきましょう。

 

3年 文化委員 女子 から

7限目に体育館で、NPO法人ワークライフ・コラボの 堀田 真奈 先生、髙橋 浩子 先生 を講師に招聘し、校内人権・同和教育講演会を実施しました。演題は「私たちのライフデザイン」でした。

「現状と課題」の説明の中では「労働人口が減少していること」や「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきといった性別役割分業意識が逆転していること」を知ることができました。途中の伊藤さんファミリーの動画を見ることで、高校卒業後のライフイベントのことや自分の将来の生き方、ワークとライフのバランスを楽しくとる方法などもよく考えることができました。最後に、チャールズ・ダーウィンの「強いものが生き残るのではなく、賢いものが生き延びるのでもない、唯一、生き残るのは変化できるものである」という言葉を紹介していただきました。私の周りにも様々な問題がありますが、まずは、自分の身の回りに関心を持ち課題解決に向けて働きかけたいと思います。

生徒代表謝辞

 

12月1日(火)2年生学年集会

今日から師走です。早いもので2020年も残り1か月となりました。

2学期末考査も今日で終了し、2年生は学年集会をしました。科目選択説明会では各教科の先生から科目の特徴や学習内容の説明を聞き、学年主任からは、自分の進路実現に合った科目選択をしっかり考えるよう説明を受けました。

 

修学旅行説明会では旅行会社の担当者が、生徒に「旅程表」「新型コロナウイルス感染症の疑い発生時の対応」についてのプリント(2枚)を配付しました。手指消毒の徹底、マスクの着用、食事時のアクリル板設置、人数制限など、安全・安心の確保とともに、思い出に残る楽しい有意義な修学旅行にするために一つ一つ丁寧に説明していただきました。本日、2年生に配付したプリント(2枚)を御家庭においても御確認ください。

また、2年生保護者対象の修学旅行業者説明会を、12月4日(金)18時30分から土居高校会議室(本館2階)で実施いたします。よろしくお願いいたします。

 

11月24日(火)3年生漢文の授業

3年生の漢文の授業の様子です。

内容は、「四面楚歌」です。

史伝を読み、中国史に親しむことを目標に、また、漢文と普段使っている日本語につながりがあることを理解しました。

 授業では、生徒が積極的に手を挙げ、考えを発表したり、話し合ったり(アクティブ・ラーニング)、課題を板書したり、とても充実していました。

何より、生徒がとても楽しそうに学んでいました。

 

小林保育園訪問、愛媛大学出前講座、水引体験学習

昨日(11月19日)、2年生の「子どもの発達と保育」選択生16名が小林保育園を訪問しました。毎年、夏に1日保育体験を実施させていただいているのですが、今年は、新型コロナウイルス感染症予防の観点から短時間の見学・交流の形で実施しました。年中・年長の園児27名と接触を控えた外遊びをしました。

 挨拶   外遊び 

黄色のイチョウの葉っぱをタイヤに入れ、お風呂に見立てて遊んだり、砂遊びをしたり、かけっこをしたり30分間、楽しく遊びました。遊んだ後、土居高校生から交通安全のお守りとメッセージカードのプレゼントを渡しました。

お守りとメッセージカード

このお守りは「無事カエルお守り」で交通事故にあわずに無事に家に帰るようにという願いを込めて「カエル」が「ハート」を持っているデザインです。デザイン、制作は生活部が行い、車の形をしたカードは2年生の子どもの発達と保育選択生が作りました。園児たちは、とても喜んでくれました。

 

本日(11月20日)2年生紙のまちづくりコースの生徒が、「水引の体験学習」を実施しました。興味を持ちやすいように身近なものを題材に、「クリスマスにお家で飾れる水引をつくろう!」をテーマに楽しく、紙の伝統工芸である水引を学びました。プレゼンテーションや実際の作品を見て、水引の高い技術を知ることができました。

そして、各自が想像力とセンスで作品を作りました。

 

1年生は、「愛媛大学出前講座」を実施しました。四国中央市の産業である紙について教えていただきました。また、日本のお札についていろいろ学ぶことができました。

「こんな紙があったらいいなあ」では、伸びる紙、ハサミで切らないと切れない(破れない)紙、燃えない紙など紙について考えました。伸びる紙(クレープ紙)、破れない紙(合成紙ユポ)などを実際に見せていただきました。四国中央市の紙産業の技術の高さを再認識することができました。

思いっきり叩いても破れません!

 

 

 

11月19日(木)生徒会役員選挙

今日は、生徒会役員選挙がありました。生徒会長、生徒会副会長に3名ずつ立候補者が出ました。それぞれの立候補者が、土居高校をより良い学校にするためには、今のルールをしっかり守り信頼を得てから改革ができるなど、熱い思いを生徒に語りかけました。どの立候補者も本当に立派な演説でした。

演説の後は、投票をしました。

誰が当選しても、土居高校生徒会は、大丈夫だと確信しました。生徒会の皆さん、土居高校を今以上に活気ある学校にしてください。

 

11月18日(水)2学期末考査時間割発表日など、今日の土居高校

2学期末考査の時間割が発表されました。そして、本日の放課後から、各学年とも期末考査に向けて学習会がスタートします。努力の結果が100%考査に出るように、頑張れ!土居高生!

新しいALTの方が来校し、本校生徒に授業をしていただきました。イギリスの食文化などについて話されていました。

 

3年生カルチャーコースの生徒が生活福祉の授業で車椅子体験をしていました。段差や坂では注意して操作していました。

 

2年生は学年集会を開きました。2年学年主任から、家庭学習を充実させ考査に備えること、インターンシップのこと、明日の生徒会選挙のこと、新型コロナウイルス感染症の予防のプリントを保護者に渡すこと、学習会のことについて話をしました。

 

9月3日に種まきをしたコスモスとヒマワリですが、10月下旬のコスモスに続き、ヒマワリも満開になりました。

 

【お知らせ】本日、生徒に「新型コロナウイルス感染症の予防について(お願い)」のプリントを配付して  

      います。感染症の予防など、大切なプリントですので、御一読ください。よろしくお願いいた

      します。

農山漁村の宝 土居高校情報科学部 四国中央市役所に懸垂幕

愛媛県四国中央市役所に、愛媛県立土居高等学校情報科学部の『第7回ディスカバー農山漁村(むら)の宝』選定(於:総理大臣官邸)を祝した懸垂幕が掲げられました。

『ディスカバー農山漁村の宝』とは、政府有識者懇談会が、地域の特産品や文化を生かし、活性化に取り組んだ成功事例として認定したもので、7回目となる今年は、コロナ禍のなか、全国から794の応募があり、愛媛県からは、唯一、土居高校情報科学部が選定されました。

政府は、選定された団体の活動をホームページなどで紹介しています。

四国中央市役所にお越しの際は、ぜひ、懸垂幕に注目してください。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

11月13日(金)文化発表会をしました。

11月13日(金)午後から、文化発表会をしました。今年度はコロナ禍で、例年のような文化祭が実施できませんでしたが、代わりに文化発表会を実施しました。第1部の生徒発表では、10年後の私(7名)、人権作文(3名)をしました。10年後の私では、「10年後の私に言いたいこと、10年後にもっと成長していたい。仕事にやりがいを持って働いている。立派な社会人になりたい。」など語りかけていました。

 10年後の私   人権作文

人権作文では「インターネット、SNSによるトラブルやいじめ、新型コロナウイルスによる差別、言葉は使い方を誤ると凶器になる。」など訴えました。

第2部の委員会・文化部発表では、交通安全委員会から委員会活動報告と「高校生自転車交通マナー向上対策事業実践指定校」としての活動を報告しました。また、交通安全について生徒たちに呼び掛けていました。

情報科学部は、「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」コミュニティー部門に選ばれた報告と盆栽ツアー、盆栽体操(英語版)をしました。

最後に吹奏楽部が、大いなる約束の大地チンギスハーン、アナと雪の女王2メドレー、2020上半期ヒット曲メドレーを演奏しました。一部、ヲタ芸とのコラボもあり盛り上がりました。

 

11月12日(水)今日の土居高校(調理実習&キウイ収穫)

【調理実習】スポーツ&カルチャーコースの3年生が「フードデザイン」の授業で調理実習をしました。今年度、7回目の調理実習となります。毎回、新型コロナウイルス感染予防対策を万全にして調理実習を行っています。1台で2人が実習をし、個人の感想、写真を残しています。

        

今日は、中華丼、黄花湯、烏龍茶ゼリーの3品をつくりました。

    「黄花湯」は、卵スープの一種ですね。溶き卵が黄色の花のようです。

生徒の感想を紹介します。「野菜の大きさを均一に切ることに注意して調理しました。とろみのある中華丼ができて良かったです。次も頑張ります。黄花湯が簡単でおいしくできたので家でも作ってみたいです。烏龍茶ゼリーはさっぱりしていて冷たくておいしかったです。」生徒たちは、おいしくいただき、片付けまできちんとできました。

 

【キウイ収穫】昨日のみかん収穫に続き、今日は、キウイの収穫をしました。アグリカルチャーコース3年生が収穫をしました。キウイは5月21日に人工授粉、6月8日に摘果作業など、日頃の管理をしっかりとした結果、今年も豊作でした。

 

土居高校では、ヘイワードと香緑の2品種のキウイをつくっています。生徒たちは、キウイを1つ1つ丁寧に手摘みし、ケースに入れていきました。

(キウイの豆知識)原産地は中国である。雄の木と雌の木に分かれている。

 

全校みかん収穫!!

 今日、11月11日(水)は全校みかん収穫が5・6限にありました。天気も良く、絶好の収穫日和となりました。アグリカルチャーコース3年の生徒たちが、二度摘み等、収穫の仕方を丁寧に教えてくれました。アグリカルチャーコースの生徒たちが一生懸命手入れをして育てた立派なみかんの木にはたくさんの努力の結晶がなっていて、感謝の気持ちで収穫しました。

みかんは、木にいっぱい実っていて収穫作業はとても大変でした。虫に驚く生徒も! しかし、生徒たちは安全に気を付けながら協力して楽しく収穫することができました。

           

収穫した後はみんなでみかんを試食しました。みんなおいしそうに食べています。とてもおいしくて、中には15個近くのみかんを試食した生徒もいました。

            

最後は、みかんを育ててくれたアグリカルチャーコースの生徒たち、収穫をしたみんなに感謝をして終えました。

11月10日(火)土居小学校と「サトイモ交流学習」をしました

土居小学校3年生と本校アグリカルチャーの2年生が交流学習をしました。

まず、「質問コーナー」として、小学生からサトイモに関する質問をし、高校生がそれに答えました。「サトイモの旬はいつですか」「おいしいサトイモを見分ける方法はありますか」「サトイモを作っていてうれしいと感じたことは何ですか」など多くの質問を受けました。小学生は、高校生の説明を熱心に聞いて、プリントに書いていました。

 

次に、サトイモ掘り体験をしました。高校生がサトイモを土の中から掘り起こし、それを小学生が1つずつ収穫してかごに入れました。「大きい、いっぱいある」など元気な声が響いていました。

 

最後に、袋詰め体験をしました。収穫したサトイモを優しく扱いながら、袋に1kgのサトイモを詰めていました。コロナ禍の中、できないではなく、何ができるかを今後も考えていき、より良い交流学習にしていきたいと思います。土居小学校児童の皆さん、参加していただきありがとうございました。

 

えひめ国体開催記念 秋季陸上競技大会に参加しました!

11月7、8日、秋季陸上競技大会に9名の選手が参加しました。日頃の練習成果を発揮し、男子砲丸投で6位、男子ハンマー投で7位入賞を果たすことができました。このほかにも自己ベストを更新した選手が多く、今シーズンを良い形で締めくくることができました。この冬、しっかりと練習を重ね、来年度の県総体、四国総体での活躍を期待しています。

 【お知らせ】本日、11月9日(月)5・6限(13:35~15:25)、土居高校は公開授業を実施します。学校の授業内容、お子様の授業の様子をぜひ参観してください。よろしくお願いします。

11月6日(金)進路ガイダンス(1・2年生)、租税教室(3年生)

1・2年生は進路ガイダンスを実施しました。体育館では、就職マナー講座を2年生就職希望者が受けました。2年生進学希望者と1年生は各教室に分かれて大学・専門学校の説明を聞きました。今日のガイダンスを参考に自信の進路についてしっかりと向き合っていきましょう。

3年生は、税理士である 田野奈々恵 氏を招聘して租税教室を実施しました。「税金について」講義をしていただき、高校生にとっての税や身近な税金について考えさせられました。

  

【お知らせ】 11月9日(月)5限(13:35~14:25)・6限(14:35~15:25)に、土居高校は公開授業を実施します。学校の授業内容、お子様の授業の様子をぜひ参観してください。よろしくお願いします。

 

土居高校情報科学部 政府有識者会にて「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」優良事例に選定

 令和2年11月4日(水)に開催された有識者懇談会(総理大臣官邸)において、地域の特産品や伝統文化を生かし、地域の活性化に取り組んだ成功事例「第7回ディスカバー農山漁村の宝」として、愛媛県からは、土居高校情報科学部(四国中央市)が選定されました。

 なお、土居高校情報科学部の活動内容については、農林水産省ホームページおよび中国四国農政局「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」ホームページにて公表されていますので、ご覧ください。


土居高校情報科学部 
◇テーマ 
  地域社会への奉仕と地域貢献を目指して!
◇分野
  コミュニティ部門 (若者の活躍)
◇所在地
  愛媛県 四国中央市
◇概要
 ・地元が原産地である五葉松の盆栽農家が存続の危機に直面している危機感から、存続に向けた取組を実施。
 ・インバウンド盆栽ツアーの実施やコロナ禍におけるオンラインの活用により地方創生に貢献。
◇成果
 ・地元特産の五葉松を核とした広域連携型盆栽ツアーを開催し、参加した外国人によるSNSを通じて五葉松や盆栽文化を世界に発信。
 ・コロナ禍のなか、ZOOMを活用したバーチャル観光体験を実施し、子どもたちにも盆栽文化の魅力を発信。
◇主な活動
 ・インバウンド盆栽ツアープランの商品化
 ・多文化共生に向けたグローバル・パーティ
 ・第5回SBP(ソーシャル・ビジネス・プロジェクト)交流フェア ~オンラインつながった参加者~
 ・親子で四国オンライン体験フェス ~#おうちで四国一周~ 高校生盆栽ツアー体験講座   

 

 

 

 

 

【お知らせ】 11月9日(月)5・6限、土居高校は公開授業を実施します。学校の授業内容、お子様の授業の様子をぜひ参観してください。よろしくお願いします。

 

全校朝礼 図書委員会・美化委員会の活動報告・生徒会報告

 11月5日木曜日、全校朝礼がありました。内容は、図書委員会・美化委員会・生徒会からの報告でした。

 まず、図書委員会から、図書室では新刊や勉強になる漫画などを多数揃えているので是非来てほしいとのことでした。

 私は1年生ですが、まだ図書室で本を借りたことがないので行ってみようと思いました。そして「キングダム」を読んでみたいなと思いました。

 次に美化委員会から、美化委員会の仕事について説明がありました。美化委員会では、黒板消しクリーナーの掃除をしていること、教室の隅にほこりが溜まっている傾向があるので丁寧に掃除をしてほしいこと、掃除用具についたほこりもきちんと除去したうえで収納してほしいこと、飲料ペットボトルの洗浄・分別をしてほしいこと等の説明でした。

 最後に生徒会から「高校生自転車交通マナー向上対策事業」の一環として土居高校周辺の交通事故危険箇所マップ作成をするので協力してほしいとの話がありました。2階の渡り廊下に土居高校周辺の大型のマップが置かれるそうです。そのマップにシール・付箋を使って危険箇所の確認ができるように共有する予定だそうです。

 以上、盛りだくさんの内容でした。それぞれの委員さんのおかげで楽しく安全な生活が送れるんだなと思いました。

                                       (1年男子・女子 文化委員)

【お知らせ】 11月9日(月)5・6限、土居高校は公開授業を実施します。学校の授業内容、お子様の授業の様子をぜひ参観してください。よろしくお願いします。

 

     

令和2年度地域連携心豊かな高校生育成事業の一環として「老人保健施設ちかい」様を訪問しました!

 11月4日(水)、1年生が「老人保健施設 ちかい」様に訪問しました。

 例年、1年生全員で訪問し、交流させていただいていますが、今年はコロナ感染症予防の観点から形をかえての実施となりました。どのように形を変えて実施すればよいか思案していたところ、ちかい様から「施設の廊下に飾る季節の壁面飾りがあるととてもありがたいです。作るのにはわりと時間がかかるのでそれを用意してくれると助かります。」とのお話がありました。そこで各ホームルームにおいてグループ(4グループ×3クラス 計12グループ)に分かれ、1月から3月までの壁飾りを作りました。早速11月から掲示してくださるとのことです。お年寄りの方が私たちが作った飾りを見て季節を楽しんでくださったら嬉しいです。

  皆様にとって、幸せな楽しい1年が訪れますように!!

  寒い中、外に出てきてくださりありがとうございました。

  施設長様をはじめ、職員の方々もお忙しい中ありがとうございました。

3 年生の遠足!

文化委員です。10/30(金)私たち3年生も遠足に行きました。ほとんどの人が進路が落ち着き、みんなで楽しく過ごすことができました。金刀比羅宮ではうどんを作り、作ったものは持ち帰りました。みんなで食べたうどんはとてもおいしかったです。

         

四国水族館では様々な種類の魚がいて瀬戸内海を背景にしたイルカショーはとても迫力がありました。三年生全員で行くことができて本当に良かったです。                            (文化委員 3 年 女子)

小林保育園訪問の準備を行っています。(生活部&こどもの発達と保育選択生)

 11月19日木曜日に、小林保育園を訪問する予定です。毎年、7月に「1日保育」の形で実習を行っていますが、今年はコロナ感染症予防の観点から、短時間の訪問を予定しています。

 そこで、生活部の皆さんが1学期に製作した「無事カエルお守り」と発達と保育選択生が作った「車の形の折り紙メッセージ」をセットにしてお土産として渡す予定です。今年は交通マナーアップクラブの指定校にもなっているので地域への働きかけの意味もあります。(家庭クラブの県下一斉活動も兼ねています!)

 

 

心をこめて準備を進めています。当日喜んでくれると嬉しいです。

1年生の遠足!

どうも、文化委員です。
今日は遠足がありました。まず、坊ちゃん劇場に行きました。「鬼の鎮魂歌」という桃太郎をテーマにした劇を見ました。迫力満点の演出と、感動的な話に泣いている生徒がいたのが印象的でした。

    

その後東温市の運動公園に行きました。公園ではみんなで仲良くお弁当を食べたり、遊具で遊んだり、楽しい一日となりました。

            

(1年 文化委員女子)

「ありがとう」を“粋”に感じ、育つ心 アグリ日記①

どうも、皆さんこんにちは、お久しぶりです!

アグリコース農場長のKです(^_^)v

約半年ぶりの投稿です!いやぁー、コロナ対応に学校全体で、毎日全力で対峙した半年間、本当に長かった!!!まだまだ気は抜けませんが、やっと交流会ができるまでになりました( ^o^)ノ

 

さてさっそくですが、秋!と言えば収穫の秋(^_^)/

本日、土居保育園の皆さんをお招きし、みかん狩り交流会を開きました。

 

はじめのほうは、お互いにぎこちなく、ふわふわした感じでしたが、園児のみなさんと一緒に楽しいお話をしながらみかんを収穫したりしながら、じきにお互い打ち解け、終始笑顔の交流会となりました。

 

最後はお待ちかねの試食会!参加した子どもたちは、おいしそうにみかんをパクパク!秋の味を心から楽しんでくれているようでした。笑顔でいっぱいの南農場は、暖かい陽気に押され、穏やかな雰囲気に包まれました(o^∀^o)

「お兄ちゃん、お姉ちゃん、ありがとう、またねー!」精一杯手を振る園児を見送りながら、生徒たちは私にこう言ってくれました。

 

「いろいろあったけど、交流会できてよかった!」「俺たちが育てたみかんをおいしいって言うてくれた!」「ホント、すごい楽しかったー!」コロナで学校に来れない、実習ができない、様々な困難を経験してきた中の彼らの感想は大変重く、そして充実感に満ちた表情でした。

 

その日の夕方、突然保育園の先生が来校され、私たちにプレゼントを持ってきてくださいました。それは、今日みかん狩りをありがとうの気持ちを込めた寄せ書きでした。職員みんなまじまじと見ながら、生徒の取り組みでいただいた、心のこもったメッセージを喜びました。

 

次の日、実習のまえに、寄せ書きを披露しました。見たとたんみんな「うぉー!すごい!」「絵がかわいいねー」といいながら、嬉しそうにじっと見つめていました。

 

こちらこそ、私たちの生徒を大事に接し、心を育ててくださりありがとうございました。

 

相手の心を想い、粋に感じて行動をする。人としてとても大切なことです。

本校アグリカルチャーコースは『農業を学ぶ』のも大切ではありますが、『農業で“心を育てる”』ことを主な目的としています。

 

生徒は学校だけで成長するわけではありません。たくさんの方々から刺激をもらい、様々な価値観に触れ、感じ、コミュニケーション能力を向上させながら大人になっていくのです。

 

皆さんの“粋な心”を力の源に、土居高で学んだ経験を活かし、将来、生徒たちが家庭を持ち、自分の子どもと一緒に家庭菜園を楽しむ。そんな素敵な時間を持てる親になってほしい、私たちはそう願っています。

 

うん!やっぱり、交流会はいいなぁ!

これからも、たくさんの人と笑顔と心意気をシェアしよう(^_^)

 

農業はホント、楽しいね~(o^∀^o)

今日の土居高校(10月29日)

2年生「スポーツ概論」の授業を紹介します。この授業はスポーツ&カルチャーコースの選択生が受け、スポーツを科学的に捉えることができます。担当の先生は、生徒にどう説明すれば的確に伝わり、理解できるかを常に考えて教材研究をしています。2時間連続の授業で5限目はICTを活用した座学、6限目は実技をします。今日は私(投稿者)の授業の関係で6限目の活動になります。5限目の座学は、日を改めて紹介します。実技はバスケットボールでした。

 

2年生の7限目のホームルーム活動では、インターンシップに向けて全体指導を体育館で行いました。各事業所別に集まって、お世話になる各事業所に電話連絡をする生徒を決めていました。

電話対応の方法など相談しています。

最後に、先生が事業所の役をして電話対応のシミュレーションを代表生徒としました。3学期の本番に向けていよいよ始動です。

 丁寧に慎重に対応していました。

9月3日に、アグリカルチャーコースの3年生が秋桜と向日葵の種まきをしました。秋桜が美しい花を咲かせています。向日葵はまだ蕾ですが、11月上旬には咲きそうです。

 満開です。

10月28日(水)みかん交流会をしました。

10月28日(水)2・3限目に土居保育園児と本校3年生アグリカルチャーコースの生徒がみかん交流会をしました。まず元気よく「お願いします」と挨拶をし、みかん収穫の前に本校の教員が収穫バサミの使い方を園児たちに教えました。

ポイントは、袋に入れたときに、みかんが互いに傷付けることがないように二度切りをすることだそうです。

園児たちは、本校生徒とペアになって、安全に注意し上手に収穫バサミを使い、みかんを収穫袋に入れていました。

収穫したみかんは、みんなで試食しました。

 

10月27日(火)さつまいも掘り交流会をしました。

10月27日(火)3限目に小林保育園児と本校3年生アグリカルチャーコースの生徒がさつまいも収穫の交流をしました。

よろしくお願いします。

元気よく挨拶をし、本校の教員が掘り方の手本を見せ、園児たちは真剣なまなざしで、その様子を見ていました。

さつまいも掘りでは、さつまいもの大きさや数に期待しながら楽しそうに収穫していました。

本校の生徒たちは自分たちが植えた作物を収穫することで、自然の恵みに感謝すること、毎日の管理が大切であること等を学んでいます。

立派な「おいも」が収穫できました。

最後に全員で記念写真を撮りました。

明日は、土居保育園児とみかん交流会が予定されています。

 

3年アカデミーコース、2年紙のまちづくりコースの今日!

JICA(国際協力機構)愛媛デスク山下さんに来ていただき、「異文化理解」について学習しました。2限目は、3年生がグアテマラについて学習しました。大地震により壊滅した世界遺産である古都アンティグアの再建に日本人が関わっていたこと。そして、現在の食・生活・仕事や学校の様子について話をしていただきました。

 

3・4限目は、2年生がルワンダの主に水事情についてルワンダの一人の少年の生活に密着した教材を使用して学習しました。特に、4限目は Zoom で海外協力隊として実際にルワンダで活動されていた富田さん、この教材を作成された八星さんとつないで、現地の事情や教材にこめられた思いを話してもらいました。海外協力隊に興味を持った生徒もいて、グローバルに活躍してもらいたいものです。

            

 

10月14日(水)稲刈り交流会をしました。

10月14日(水)9時50分から、小林保育園児9名と本校3年生アグリカルチャーコース生徒16名が稲刈り交流会を実施しました。

まず、園児に稲刈りの仕方を教えました。稲刈りは、園児と生徒がペアになり、生徒が稲を支え、園児が鎌で刈りました。みんな上手に刈っていました。

刈った稲は、生徒が束ねて稲木に干しました。

園児の皆さん、交流学習に参加していただき、ありがとうございました。

全員で記念写真

マチコミ(machicomi)メール配信サービス利用の御案内

 保護者様

 本校では、緊急連絡時のために「マチコミ(machicomi)」を導入することになりました。

 先日、お子様を通じて、「メール配信サービス利用の御案内とお願い」のプリントを配付しております。メール配信を希望される保護者の皆様は、プリントの「登録用メールアドレス(学年別)、パスワード、生徒氏名」等、必要事項を確認の上、登録いただきますようお願いいたします。

 なお、登録期限は、10月16日(金)、テストメール配信は、10月19日(月)です。

 

 

マチコミ(machicomi)メール配信サービス利用の御案内

保護者様

 

本校では、緊急連絡時のために「マチコミ(machicomi)」を導入することになりました。

 

先日、お子様を通じて、「メール配信サービス利用の御案内とお願い」のプリントを配付しております。

 

メール配信を希望される保護者の皆様は、プリントの「登録用メールアドレス(学年別)、パスワード、生徒氏名」等、必要事項を確認の上、登録いただきますようお願いいたします。

 

なお、登録期限は、10月16日(金)テストメール配信は、10月19日(月)です。

 

全校朝礼! 保健委員活動報告会

文化委員です。全校朝礼がありました。今日は、保健委員活動報告会でした。内容は、新型コロナウイルス感染対策についてでした。くしゃみでウイルスが5mも飛沫するということを聴いてびっくりしました。また、マスクを着けることで、鼻や頬などを直接触らないで済むということがわかりました。

                

                

今日の発表を聴いて、マスクの着用の大切さ、手洗いの大切さを改めて知ることができました。今日から、コロナウイルスの感染対策への意識をより高め、感染しないようにしたいです。

                                             (文化委員3年男子)

9月29日(火)稲刈り実習をしました

本日、アグリカルチャーコースの3年生が、南農場の稲刈りをしました。

生徒たちは、先生にコンバインの操作方法を教わって、上手に稲を刈り取っていました。

無事、担当場所が終わると、みんな拍手をしていました。

稲木に干して乾燥させ、次は脱穀です。

9月25日 紙のまちづくりコース 工場見学

本日は愛媛県紙産業技術センターに行きました。そして紙ができるまでの一通りの流れを見学させていただきました。

シートマシンという機械で、繊維を一本ずつに分解してばらばらになった繊維をシート状に形を整え、乾燥させて紙を造る過程を間近で見させていただきました。

                    

 

また、いろいろな種類の紙を顕微鏡で拡大し、繊維の形や構造を見ることができました。   

              

そしてマルチコーターという塗工試験装置などの機械を見させていただきました。出来上がった紙には、表面がつるつるの紙や布のような柔らかい紙などがあり、種類の多さと機能性の幅にびっくりしました。

様々な紙ができる過程の中に様々な魅力があり、紙づくりの奥深さを知ることができました。

              

紙産業技術センターの皆さん、ありがとうございました。

9月25日(金)マイ・SDGs実践促進事業

5年前の9月25日にSDGs(Sustainable Development Goals:国連で定めた持続可能な17の開発目標)は、全会一致で採択されました。2年B組、C組は、愛媛県地球温暖化防止活動推進センターから講師に来ていただき、SDGsについて学べるカードゲームを体験し、地球温暖化についても学びました。最初は、自分のチームに与えられた目標を達成することに必死でしたが、後半は、経済、社会、環境のバランスを考えながら、事業を達成しようとするチームが続出しました。今年の夏も猛暑で、地球温暖化は誰もが認める課題です。また、持続可能な社会の創り手となるべく、社会に参画していってもらいたいと思います。

 

愛媛県高等学校陸上競技新人大会に参加しました!

9月19~21日、県新人大会に7名の選手が参加しました。県大会に出場して自分の力を出すことの難しさを感じるなど、この3日間で多くのことを学んだようです。来年の県総体、四国総体での活躍を楽しみにしています。

 

9月18日 紙のまちづくりコース 工場見学

今日は、紙のまちづくりコースの2年生が大王製紙株式会社の工場を見学しました。

川之江工場で、会社概要について説明を受けた後、本校卒業生の話を聞きました。

その後、紙を抄くスピードが世界最速クラスの抄紙機など最新設備を見学し、日本と外国のトイレットペーパーの違いなど知ることができました。

三島工場では、幅8.1m、全長365mもあるN10マシンを見学し、機械の大きさと紙を作る速さに圧倒されました。どのような工程を経て紙ができるのかを分かりやすく説明していただくだけでなく、仕事をしていく上で安全が第一であることも学ばせていただきました。

大王製紙株式会社の皆さま、紙産業の将来性を感じられる見学をさせていただき、ありがとうございました。

ご安全に!

 

9月17日(木)土居中学校で出前授業をしました

本校の地歴・公民教員が土居中学校(3年生)で社会の出前授業をしました。内容は、「選挙について考えてみよう」でした。「選挙のイメージ」では、中学生たちが選挙に対する自分自身が持つイメージをしっかり発表してくれました。

後半は、女性の権利や地位が改善されていく流れを大きく捉えました。戦後初めての総選挙や男女による初めての選挙などについて講義をしました。

「最初の女性議員たちの気持ちを書こう」では、5名の代表者が板書・発表しました。

中学生諸君、積極的に出前授業に参加していただき、ありがとうございました。

 

9月15日(火)県警バイシクルユニットによる自転車運転技術指導

本日、7限目に、1年生対象に「県警バイシクルユニットによる自転車運転技術指導」を実施しました。

警察の担当者から交通安全についての指導をしていただき、代表生徒3名が、自転車シミュレーターを体験しました。難易度や行き先を設定して挑戦し、他の生徒は、プロジェクターを通して見ていました。

最後に、担当者から5つのことを守ってほしいということで、①片手運転をしない、②横並びで運転しない、③右側通行の禁止、④一時停止を守る、⑤ヘルメットを着用する、を生徒たちに呼び掛けていただきました。

安全に登下校するためにも、確実に守ってほしいですね。一人一人が、毎日、心掛けていきましょう。

代表生徒による謝辞。誠に、ありがとうございました。

 

9月11日 紙のまちづくりコース 工場見学

今日は、紙のまちづくりコースの2年生が工場見学に行きました。今回お世話になったのは、丸住製紙株式会社です。まず、本社でパルプや古紙処理について説明を受け、その後、チップヤード・古紙パルプ・クラフトパルプの順に見学しました。

                    

チップヤードでは山のようにチップが積まれていて、その規模に驚きました。

                    

工場はとても大きく、工場内にある様々な機械を見させていただきました。どれも大きく迫力があり、チップをパルプにしたり、古紙を再利用するにはそれだけの力と技術が必要であることを感じました。

                    

今日は工場見学のときにちょうど雨が止んだり、バス移動のときにちょうど輸入輸出の船を見ることができたり、本当に良かったです。生徒たちには今日得た知識や体験を生かし、発表に向かって頑張ってほしいです。

丸住製紙株式会社の皆さま、本日は本当にありがとうございました。

 

9月9日(水)第71回 運動会

いよいよ、今日は運動会本番です。

まず、アーチの取り付けをしました。各団が思いを込めて描きました。

入場行進です。堂々とした入場です。生徒たちは精一杯、手を振っていました。

【開会式】 校長挨拶          生徒会長挨拶          選手宣誓

全校体操で競技開始です。        200m走(1男)       100m走(1女)

 

  綱引き(男女選抜)

   限界突破(2男)       借り物競争(2・3女)     先生も走ります

  総力リレー(3男女選抜)   ジャストミート(2男女)    ナイスキャッチ(1男女)

  タイヤ奪い(女選抜)

  タイヤ奪い(男選抜)

午前の部終了時の各団得点です。

 午後の部です。

各団の応援合戦 朱雀           青龍              金剛

 

持ち上げたらどうや(男選抜) 持ち上げている重さは30kg!

団対抗リレー(男女選抜)

全校体操   

【閉会式】成績発表 各部の優勝は次の通り

アーチの部 朱雀  応援合戦の部 金剛  総合 朱雀

       表彰

  校長挨拶  

 

総合順位 3位(357点)金剛       準優勝(374点)青龍       優勝(408点)朱雀 

  

 

9月8日(火)運動会準備

一日順延となりましたが、いよいよ明日は運動会です。

午後から、準備をしました。

アーチ組み立てをしています。

得点版も完成しました。明日は、どの団に何点入っているでしょうか。

吹奏楽部も入場行進曲等の練習をしています。

今年度は、新型コロナウイルス感染予防対策のため許可証が必要となります。

また、四国中央テレビでは、生放送(チャンネルは 112 )をします。

明日の運動会が思い出に残る良い運動会になりますように。

 

9月8日(火)、9日(水)の予定

本日は、臨時休校となります。

明日、明後日の予定を連絡します。

 

9月8日(火)

 運動会準備 (雨天時…火①~⑥)

特別時間割〔運動会〕

   8:20~ 8:35 SHR

   8:40~ 8:50 清掃

   9:00~ 9:45 火①(45分)

   9:55~10:40 火②(45分)(1年体育)

  10:50~11:35 火③ベース(45分)(2年生は体育に変更)

  11:45~12:30 火④ベース(45分)(3年生は体育に変更)

  12:30~13:05 昼食

       ~13:20 更衣・集合

  13:25~      運動会準備

   <準備物>体操服火①~⑥の授業の準備

  <注意>天候やグラウンドの状況により変更になる場合があるので、火①~⑥の授業の準備を必ずしておくこと。

 

9月9日(水)

 運動会(雨天時…水曜授業)

 

9月4日(金)の土居高等学校

本日、運動会の予行をしました。天気が心配されましたが、雨が降ることなく無事できました。本番に向けて生徒たちは一生懸命取り組んでいました。

入場行進 ソーシャルディスタンスを考えて、前後左右の間隔を多くとっています。

グラウンドへの入場も体操体系での入場です。

競技の様子です。

タイヤ奪いです。女子の部、男子の部があります。

団対抗混合リレーです。運動会の華ですね。

結果は?運動会当日に!

 

9月3日(木)今日の土居高等学校

伊予土居ライオンズクラブ 髙橋 洋一 委員長、立川 裕紀 委員 様から非接触型の体温計を寄付していただきました。運動会などの学校行事で大切に使用させていただきます。誠にありがとうございました。

 

3年生アグリカルチャーコースの生徒がコスモスとヒマワリの種まきをしました。どちらも一粒一粒、丁寧に、間隔をとりながらまきました。特に、コスモスの種は小さいのでピンセットを使用して一つずつまきました。

また、ヒマワリの種は鳥などに食べられないように農薬処理がされ、紫色(ビックリ)の種でした。

これから、しっかりと管理をすることで10~11月には綺麗な花を咲かせることと思います。花が咲くのが楽しみですね。

 コスモスに関する豆知識

 和名:秋桜 科名:キク科 花言葉:調和、愛情 原産地:メキシコ 英名:cosmos

ヒマワリに関する豆知識

 和名:向日葵 科名:キク科 花言葉:崇拝、愛慕 原産地:北アメリカ 英名:sunflower

 

紙のまちづくりコースにおける愛媛大学出前講義

8月28日(金)、愛媛大学 深堀秀史 准教授にオンラインによる出前講義をしていただきました。工場見学の予習として、繊維や紙の作り方を学びました。事前にサンプルを持ってきていただき、生の楮(こうぞ)の皮と、蒸解した楮の違いを割いて確認をしたり、製紙の工程過程で紙がどのように変わっていくのかを実物を触って確認したりしました。今日学習したことを整理して、工場見学に行く準備をしていきたいと思います。

 

ファーウェイHPにて 土居高校情報科学部の取組が 世界に向けて紹介されました! 

  令和2年8月23日 情報科学部は、「第5回全国高校生ソーシャル・ビジネス・プロジェクト(SBP)交流フェア」オーラルセッションに進出、今まで取組と今後の活動予定(ビジョン)を発表して、『輝き賞』と『ファーウェイ賞』を受賞することができました。

   その様子が、ファーウェイ・ジャパン ホームページやソーシャルメディアなどで世界中の方々に向けて紹介されています。ありがとうございます。

 ファーウェイ・ジャパン、地域課題解決に取り組む高校生を支援する「第5回全国高校生SBP(ソーシャルビジネスプロジェクト)交流フェア」に協賛し、ファーウェイ賞を授与

 2020年8月23日(日)、「第5回全国高校生SBP(ソーシャルビジネスプロジェクト)交流フェア」のオーラルセッションと表彰式がオンラインにて開かれた。ビジネスの手法で地域の課題解決に取り組む高校生約200人が全国から集まり、プレゼンテーションやオンライン交流会を行いました。 

 SBP交流フェアとは、未来の大人応援プロジェクト実行委員会が運営し、文科省が共催する全国の高校生が地域の課題を解決するための交流事業です。高校生が地域の課題を解決するためにビジネスの手法等を学びながら取り組んだことを発表し、開発した商品を紹介・販売しながら交流します。互いに評価しながら向上していくことを支援していくとともに、趣旨に賛同した関係各府省や各種企業が協力して実施する「民官地」の協働プロジェクトとして、地域の活性化に寄与することを目指しています。

 社会貢献活動の一環としてグローバル人材育成に力を入れるファーウェイ・ジャパンは、「世界を意識した将来性のある地域課題の解決、または国際化に向けた活動に取り組む若者を支援したい」という思いから、2017年からSBP交流フェアを支援しています。

 今回、ファーウェイ賞に輝いたのは愛媛県立土居高校情報科学部。同校は一昨年の8月、観光甲子園で全国優勝した成果を土台として、昨年10月に高校生発広域連携型インバウンド盆栽ツアープランを商品化し、今年7月に「親子で四国オンライン体験フェス」に出展しオンライン生中継で世界に向けて発信しました。全国1位からさらにレベルアップを図り、本物のビジネスへと育てることで持続可能な地域社会を実現することを目指し、地場産業のPR、伝統文化の伝承、特産品や農産物の商品開発、インバウンド観光の推進など様々な活動もしています。

 土居高校は昨年度、国境を越えていろいろな国々の外国人と交流し、様々な文化や多様な価値観を学ぶことができ、多文化共生(ダイバーシティ)の実現にもつながりました。 このような世界に目を向け、果敢にチャレンジする将来性のある活動は、国際交流を通して世界と地域を結び付けるものであり、そして外国人住民と地域住民との共生を進める地道な活動は実に素晴らしいことを評価し、今回のファーウェイ賞を受賞しました。

~ファーウェイ・ジャパンHPから抜粋~

第71回土居高校運動会 新型コロナウィルス感染対応における入場制限の実施について

第71回土居高校運動会新型コロナウィルス感染対応における入場制限の実施について

 残暑の候、皆様にはますます御清栄のこととお慶び申し上げます。平素から本校教育活動に格別の御高配、御支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

  さて、第71回土居高校運動会を「英雄豪傑~我らが主役、全力突破~」のテーマの下に、下記のとおり開催いたします。
 現在、新型コロナウィルスの収束が未だ見えない状況にあります。そのため、今年度の運動会では、感染リスク軽減のため、入場制限をさせていただきます。子どもたちの健康と安全の確保を最優先に考えて、事前に「入場許可証」を発行します。当日、正門にて「入場許可証」を持参した方のみ、ご来場していただきます。

 御理解、御協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 

1 日 時    令和2年9月8日(火) 午前9時00分から  ※雨天順延 9月9日(水)

2    場 所    本校運動場

3 注意事項
(1) 当日、「入場許可証」のない方は入場いただけません。
(2) 発熱、風邪の症状、悪寒、咳、鼻水、だるさ、頭痛、味覚・嗅覚障害、下痢など、体調不良が認められる方は入場いただけません。
(3)  ご入場時、マスクを着用していない方は入場いただけません。
 

 

全国高校生SBP交流フェア本戦出場 「輝き賞」「ファーウェイ賞」を受賞しました!

 令和2年8月23日、北は北海道から南は沖縄から参加した計24チームの中から、予選を通過した全国トップ6団体による「第5回全国高校生ソーシャル・ビジネス・プロジェクト(SBP)交流フェア」の本戦がオンライン(Teams:ウエブ会議システム:)にて開催されました。文部科学大臣賞は、高浜高校(愛知)、三重県知事賞は浜松学芸中学高校(静岡)と鯵ヶ沢高校(青森)コラボが獲得しました。

 土居高校情報科学部は、不織布を使って手作りした神職の衣装を着た部員たちが、一昨年8月、観光甲子園で全国優勝した成果を土台として、昨年10月商品化した「高校生企画主導広域連携インバウンド盆栽ツアープラン」を、今年7月に親子で四国オンライン体験フェスに出展して、オンライン生中継で子どもたちに向けて発信した取組を発表しました。また、今後の活動予定についても説明しました。最後に、英語版「盆栽たいそう」を踊って、メッセージを届けました。

 午後に開催されたオンライン座談会では、全国の高校生たちやスタッフの大学生と対談し、「盆栽たいそうが良かった」とほめていだだきました。

 表彰式では、「輝き賞」と「ファーウェイ賞」を受賞しました。審査委員の先生からは「インバウンド観光やダイバーシティなどグローバルな視点に立って地方創生を推進している高校は珍しい。世界の明るい未来に繋がる素晴らしい取り組み」と身に余る講評をいただきました。ありがとうございました。

 コロナ禍のなか、世の中が大変な状況にあるにもかかわらず、僕たちの取組や将来のビジョンをオンライン生中継で発表できる機会を与えてくださったことに心より感謝したいと思います。

大会の詳細は「未来の大人応援プロジェクト」HPをご覧ください。

 

 

農林水産省 中国四国農政局HPで「オンライン盆栽ツアー体験講座」が紹介されました!

令和2年7月25日 愛媛県立土居高校情報科学部は、「親子で四国オンライン体験フェス~#おうちで四国一周~」に出展しました。


当日は、不織布を使って手作りした神職の衣装を着た高校生らが講師となって、昨年商品化した「高校生企画主導広域連携インバウンド盆栽ツアー」を再現し、盆栽の歴史や実技などの講座を案内し、「盆栽たいそう」を楽しく踊りました。当日、参加し、取材してくださった中国四国農政局愛媛県拠点のフォトレポートに、その様子が紹介されています。

詳しくは、中国四国農政局ホームページをご覧ください。

 

 

全国高校サッカー選手権大会愛媛県大会に出場しました!

20日、第99回全国高校サッカー選手権大会愛媛県大会が伊予市しおさい公園で開催され、伊予農業高校と対戦しました。残念ながら2回戦に進むことはできませんでしたが、後半に入っても集中力を切らさず、何とか1点を取ろうと全力でプレーする姿に胸が熱くなりました。今後の活躍を期待しています。

 

 

夏季補習!

短い夏休みも残りわずか、大変暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。土居高校では17日から20日まで夏季補習が行われています。国数英の3科目を授業しています。とても集中していて、難しい問題にも果敢に取り組んでいました。多くの知識を身につけて、各自の進路実現に向けてこつこつ頑張ってほしいです。ファイト!

    

また、フォークリフトの実技講習もありました。暑い中、一生懸命フォークリフトを操作していました。器用に扱うのにとても苦労していました。資格取得に向けて頑張ってほしいです。

    

県勢初!全国高校生SBPフェア最終審査に進出 土居高校情報科学部 

 土居高校情報科学部は、令和2年8月2日、第5回全国高校生ソーシャル・ビジネス・プロジェクト(SPB)交流フェアのポスターセッション(2次審査)Cブロックを通過し、愛媛県勢初となるオーラルセッション(最終審査)へ進出することができました。

 SPBとは、高校生がビジネスの手法を学びながら、地域の課題解決に取り組むという挑戦です。代表的事例は、2011年にテレビドラマ化された三重県立相可高校の「高校生レストラン」です。生徒たちが調理から接客・経理までを行います。今では行列のできる本格的な店となり、地域を代表する存在になっています。

◆オーラルセッション(最終審査)
・実施日時:令和2年8月23日(日) 開会式 9時30分~  取組発表 10時~12時
・実施方法:オンライン(Teams)生中継
・進出校:若狭高校(福井)、高浜高校(愛知)、飯南高校(三重)、吉賀高校(島根)、浜松学芸中学高校(静岡)と鯵ヶ沢高校(青森)コラボ、土居高校(愛媛) 6団体7校
・表彰式:令和2年8月23日(日) 15時30分 ~ 17時  オンライン(Teams)生中継

◆土居高校情報科学部の取組
・アピールポイント:世界初!?となる高校生(教員、学校、教育)が企画主導し、地方創生を目的とした持続可能な地域社会の実現を目指したネットワークシステム(NWS)を構築するためのESD活動モデル。
 以下の①~⑧を有機的に統合した次世代型ネットワークシステムの構築を目指します。
① 地方創生に特化した地域学校協働活動本部、② シビック・プライド育成の、高校を核に地域や立場を超えた広域連携協働型NWS、③ 地域資源(地場産業、伝統文化や工芸、特産品や農産物)を活用した商品開発やビジネス活動。④ 高校生が主体的にビジネス活動できる会社法人組織の設立、高校生の起業家教育、⑤ インバウンド観光立国、ツーウェイツーリズム、オンライン・バーチャル観光、⑥ エシカル消費、地域貢献ビジネス、⑦ 提案募集方式の活用、地域課題の解決、⑧ SDGsの実践、ESD活動、多文化共生、ダイバーシティの実現 


※最終審査および表彰式の様子をライブ配信(オンライン)します! 事前登録が必要ですので、ライブ配信を希望する方は、特設サイトへアクセスください。  
    http://sbp.fan/sbpfair2020

★土居高校情報科学部の紹介動画と発表動画は 只今 YouTubeにて公開中です!!

 

 

愛媛県高等学校陸上競技選手権大会に参加しました!

8、9日、県総体の代替大会である愛媛県高等学校陸上競技選手権大会に4名の選手が参加しました。一人一人が練習の成果を発揮し、女子ハンマー投では6位入賞を果たすことができました。今年は四国総体が行われないので、3年生はこれで引退となります。後輩の皆さん、3年生の思いを胸にこれからも頑張ってください。

 

 

 

小型建機講習を実施しました

土居高校で小型建機講習会を3日間の日程で実施しました。8月5日に学科講習、実技講習は受講生徒が2つのグループに分かれて8月6日、7日の2日間で実施しました。

特に、実技講習では最初ぎこちなく、思い通りに動かすための操作方法、両手でのレバー操作、さらに車両感覚に大苦戦していました。

しかし、練習を重ねることで技術は確実に上達していき、午後には一人でスムースに運転していました。流石ですね。