2020土居高校日記

12月2日(水)人権・同和教育講演会

12月2日(水)昨日で2学期末考査も終了し、今日から、考査が返されています。テストの結果はどうでしょうか?学習の成果は出ていたでしょうか?授業や課題への取組について改善すべき点は改善し、継続すべき点は継続し、今日から学年末考査に向けて、一日一日を大切にしていきましょう。

 

3年 文化委員 女子 から

7限目に体育館で、NPO法人ワークライフ・コラボの 堀田 真奈 先生、髙橋 浩子 先生 を講師に招聘し、校内人権・同和教育講演会を実施しました。演題は「私たちのライフデザイン」でした。

「現状と課題」の説明の中では「労働人口が減少していること」や「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきといった性別役割分業意識が逆転していること」を知ることができました。途中の伊藤さんファミリーの動画を見ることで、高校卒業後のライフイベントのことや自分の将来の生き方、ワークとライフのバランスを楽しくとる方法などもよく考えることができました。最後に、チャールズ・ダーウィンの「強いものが生き残るのではなく、賢いものが生き延びるのでもない、唯一、生き残るのは変化できるものである」という言葉を紹介していただきました。私の周りにも様々な問題がありますが、まずは、自分の身の回りに関心を持ち課題解決に向けて働きかけたいと思います。

生徒代表謝辞

 

12月1日(火)2年生学年集会

今日から師走です。早いもので2020年も残り1か月となりました。

2学期末考査も今日で終了し、2年生は学年集会をしました。科目選択説明会では各教科の先生から科目の特徴や学習内容の説明を聞き、学年主任からは、自分の進路実現に合った科目選択をしっかり考えるよう説明を受けました。

 

修学旅行説明会では旅行会社の担当者が、生徒に「旅程表」「新型コロナウイルス感染症の疑い発生時の対応」についてのプリント(2枚)を配付しました。手指消毒の徹底、マスクの着用、食事時のアクリル板設置、人数制限など、安全・安心の確保とともに、思い出に残る楽しい有意義な修学旅行にするために一つ一つ丁寧に説明していただきました。本日、2年生に配付したプリント(2枚)を御家庭においても御確認ください。

また、2年生保護者対象の修学旅行業者説明会を、12月4日(金)18時30分から土居高校会議室(本館2階)で実施いたします。よろしくお願いいたします。

 

11月24日(火)3年生漢文の授業

3年生の漢文の授業の様子です。

内容は、「四面楚歌」です。

史伝を読み、中国史に親しむことを目標に、また、漢文と普段使っている日本語につながりがあることを理解しました。

 授業では、生徒が積極的に手を挙げ、考えを発表したり、話し合ったり(アクティブ・ラーニング)、課題を板書したり、とても充実していました。

何より、生徒がとても楽しそうに学んでいました。

 

小林保育園訪問、愛媛大学出前講座、水引体験学習

昨日(11月19日)、2年生の「子どもの発達と保育」選択生16名が小林保育園を訪問しました。毎年、夏に1日保育体験を実施させていただいているのですが、今年は、新型コロナウイルス感染症予防の観点から短時間の見学・交流の形で実施しました。年中・年長の園児27名と接触を控えた外遊びをしました。

 挨拶   外遊び 

黄色のイチョウの葉っぱをタイヤに入れ、お風呂に見立てて遊んだり、砂遊びをしたり、かけっこをしたり30分間、楽しく遊びました。遊んだ後、土居高校生から交通安全のお守りとメッセージカードのプレゼントを渡しました。

お守りとメッセージカード

このお守りは「無事カエルお守り」で交通事故にあわずに無事に家に帰るようにという願いを込めて「カエル」が「ハート」を持っているデザインです。デザイン、制作は生活部が行い、車の形をしたカードは2年生の子どもの発達と保育選択生が作りました。園児たちは、とても喜んでくれました。

 

本日(11月20日)2年生紙のまちづくりコースの生徒が、「水引の体験学習」を実施しました。興味を持ちやすいように身近なものを題材に、「クリスマスにお家で飾れる水引をつくろう!」をテーマに楽しく、紙の伝統工芸である水引を学びました。プレゼンテーションや実際の作品を見て、水引の高い技術を知ることができました。

そして、各自が想像力とセンスで作品を作りました。

 

1年生は、「愛媛大学出前講座」を実施しました。四国中央市の産業である紙について教えていただきました。また、日本のお札についていろいろ学ぶことができました。

「こんな紙があったらいいなあ」では、伸びる紙、ハサミで切らないと切れない(破れない)紙、燃えない紙など紙について考えました。伸びる紙(クレープ紙)、破れない紙(合成紙ユポ)などを実際に見せていただきました。四国中央市の紙産業の技術の高さを再認識することができました。

思いっきり叩いても破れません!

 

 

 

11月19日(木)生徒会役員選挙

今日は、生徒会役員選挙がありました。生徒会長、生徒会副会長に3名ずつ立候補者が出ました。それぞれの立候補者が、土居高校をより良い学校にするためには、今のルールをしっかり守り信頼を得てから改革ができるなど、熱い思いを生徒に語りかけました。どの立候補者も本当に立派な演説でした。

演説の後は、投票をしました。

誰が当選しても、土居高校生徒会は、大丈夫だと確信しました。生徒会の皆さん、土居高校を今以上に活気ある学校にしてください。

 

11月18日(水)2学期末考査時間割発表日など、今日の土居高校

2学期末考査の時間割が発表されました。そして、本日の放課後から、各学年とも期末考査に向けて学習会がスタートします。努力の結果が100%考査に出るように、頑張れ!土居高生!

新しいALTの方が来校し、本校生徒に授業をしていただきました。イギリスの食文化などについて話されていました。

 

3年生カルチャーコースの生徒が生活福祉の授業で車椅子体験をしていました。段差や坂では注意して操作していました。

 

2年生は学年集会を開きました。2年学年主任から、家庭学習を充実させ考査に備えること、インターンシップのこと、明日の生徒会選挙のこと、新型コロナウイルス感染症の予防のプリントを保護者に渡すこと、学習会のことについて話をしました。

 

9月3日に種まきをしたコスモスとヒマワリですが、10月下旬のコスモスに続き、ヒマワリも満開になりました。

 

【お知らせ】本日、生徒に「新型コロナウイルス感染症の予防について(お願い)」のプリントを配付して  

      います。感染症の予防など、大切なプリントですので、御一読ください。よろしくお願いいた

      します。

農山漁村の宝 土居高校情報科学部 四国中央市役所に懸垂幕

愛媛県四国中央市役所に、愛媛県立土居高等学校情報科学部の『第7回ディスカバー農山漁村(むら)の宝』選定(於:総理大臣官邸)を祝した懸垂幕が掲げられました。

『ディスカバー農山漁村の宝』とは、政府有識者懇談会が、地域の特産品や文化を生かし、活性化に取り組んだ成功事例として認定したもので、7回目となる今年は、コロナ禍のなか、全国から794の応募があり、愛媛県からは、唯一、土居高校情報科学部が選定されました。

政府は、選定された団体の活動をホームページなどで紹介しています。

四国中央市役所にお越しの際は、ぜひ、懸垂幕に注目してください。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

11月13日(金)文化発表会をしました。

11月13日(金)午後から、文化発表会をしました。今年度はコロナ禍で、例年のような文化祭が実施できませんでしたが、代わりに文化発表会を実施しました。第1部の生徒発表では、10年後の私(7名)、人権作文(3名)をしました。10年後の私では、「10年後の私に言いたいこと、10年後にもっと成長していたい。仕事にやりがいを持って働いている。立派な社会人になりたい。」など語りかけていました。

 10年後の私   人権作文

人権作文では「インターネット、SNSによるトラブルやいじめ、新型コロナウイルスによる差別、言葉は使い方を誤ると凶器になる。」など訴えました。

第2部の委員会・文化部発表では、交通安全委員会から委員会活動報告と「高校生自転車交通マナー向上対策事業実践指定校」としての活動を報告しました。また、交通安全について生徒たちに呼び掛けていました。

情報科学部は、「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」コミュニティー部門に選ばれた報告と盆栽ツアー、盆栽体操(英語版)をしました。

最後に吹奏楽部が、大いなる約束の大地チンギスハーン、アナと雪の女王2メドレー、2020上半期ヒット曲メドレーを演奏しました。一部、ヲタ芸とのコラボもあり盛り上がりました。

 

11月12日(水)今日の土居高校(調理実習&キウイ収穫)

【調理実習】スポーツ&カルチャーコースの3年生が「フードデザイン」の授業で調理実習をしました。今年度、7回目の調理実習となります。毎回、新型コロナウイルス感染予防対策を万全にして調理実習を行っています。1台で2人が実習をし、個人の感想、写真を残しています。

        

今日は、中華丼、黄花湯、烏龍茶ゼリーの3品をつくりました。

    「黄花湯」は、卵スープの一種ですね。溶き卵が黄色の花のようです。

生徒の感想を紹介します。「野菜の大きさを均一に切ることに注意して調理しました。とろみのある中華丼ができて良かったです。次も頑張ります。黄花湯が簡単でおいしくできたので家でも作ってみたいです。烏龍茶ゼリーはさっぱりしていて冷たくておいしかったです。」生徒たちは、おいしくいただき、片付けまできちんとできました。

 

【キウイ収穫】昨日のみかん収穫に続き、今日は、キウイの収穫をしました。アグリカルチャーコース3年生が収穫をしました。キウイは5月21日に人工授粉、6月8日に摘果作業など、日頃の管理をしっかりとした結果、今年も豊作でした。

 

土居高校では、ヘイワードと香緑の2品種のキウイをつくっています。生徒たちは、キウイを1つ1つ丁寧に手摘みし、ケースに入れていきました。

(キウイの豆知識)原産地は中国である。雄の木と雌の木に分かれている。

 

全校みかん収穫!!

 今日、11月11日(水)は全校みかん収穫が5・6限にありました。天気も良く、絶好の収穫日和となりました。アグリカルチャーコース3年の生徒たちが、二度摘み等、収穫の仕方を丁寧に教えてくれました。アグリカルチャーコースの生徒たちが一生懸命手入れをして育てた立派なみかんの木にはたくさんの努力の結晶がなっていて、感謝の気持ちで収穫しました。

みかんは、木にいっぱい実っていて収穫作業はとても大変でした。虫に驚く生徒も! しかし、生徒たちは安全に気を付けながら協力して楽しく収穫することができました。

           

収穫した後はみんなでみかんを試食しました。みんなおいしそうに食べています。とてもおいしくて、中には15個近くのみかんを試食した生徒もいました。

            

最後は、みかんを育ててくれたアグリカルチャーコースの生徒たち、収穫をしたみんなに感謝をして終えました。

11月10日(火)土居小学校と「サトイモ交流学習」をしました

土居小学校3年生と本校アグリカルチャーの2年生が交流学習をしました。

まず、「質問コーナー」として、小学生からサトイモに関する質問をし、高校生がそれに答えました。「サトイモの旬はいつですか」「おいしいサトイモを見分ける方法はありますか」「サトイモを作っていてうれしいと感じたことは何ですか」など多くの質問を受けました。小学生は、高校生の説明を熱心に聞いて、プリントに書いていました。

 

次に、サトイモ掘り体験をしました。高校生がサトイモを土の中から掘り起こし、それを小学生が1つずつ収穫してかごに入れました。「大きい、いっぱいある」など元気な声が響いていました。

 

最後に、袋詰め体験をしました。収穫したサトイモを優しく扱いながら、袋に1kgのサトイモを詰めていました。コロナ禍の中、できないではなく、何ができるかを今後も考えていき、より良い交流学習にしていきたいと思います。土居小学校児童の皆さん、参加していただきありがとうございました。

 

えひめ国体開催記念 秋季陸上競技大会に参加しました!

11月7、8日、秋季陸上競技大会に9名の選手が参加しました。日頃の練習成果を発揮し、男子砲丸投で6位、男子ハンマー投で7位入賞を果たすことができました。このほかにも自己ベストを更新した選手が多く、今シーズンを良い形で締めくくることができました。この冬、しっかりと練習を重ね、来年度の県総体、四国総体での活躍を期待しています。

 【お知らせ】本日、11月9日(月)5・6限(13:35~15:25)、土居高校は公開授業を実施します。学校の授業内容、お子様の授業の様子をぜひ参観してください。よろしくお願いします。

11月6日(金)進路ガイダンス(1・2年生)、租税教室(3年生)

1・2年生は進路ガイダンスを実施しました。体育館では、就職マナー講座を2年生就職希望者が受けました。2年生進学希望者と1年生は各教室に分かれて大学・専門学校の説明を聞きました。今日のガイダンスを参考に自信の進路についてしっかりと向き合っていきましょう。

3年生は、税理士である 田野奈々恵 氏を招聘して租税教室を実施しました。「税金について」講義をしていただき、高校生にとっての税や身近な税金について考えさせられました。

  

【お知らせ】 11月9日(月)5限(13:35~14:25)・6限(14:35~15:25)に、土居高校は公開授業を実施します。学校の授業内容、お子様の授業の様子をぜひ参観してください。よろしくお願いします。

 

土居高校情報科学部 政府有識者会にて「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」優良事例に選定

 令和2年11月4日(水)に開催された有識者懇談会(総理大臣官邸)において、地域の特産品や伝統文化を生かし、地域の活性化に取り組んだ成功事例「第7回ディスカバー農山漁村の宝」として、愛媛県からは、土居高校情報科学部(四国中央市)が選定されました。

 なお、土居高校情報科学部の活動内容については、農林水産省ホームページおよび中国四国農政局「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」ホームページにて公表されていますので、ご覧ください。


土居高校情報科学部 
◇テーマ 
  地域社会への奉仕と地域貢献を目指して!
◇分野
  コミュニティ部門 (若者の活躍)
◇所在地
  愛媛県 四国中央市
◇概要
 ・地元が原産地である五葉松の盆栽農家が存続の危機に直面している危機感から、存続に向けた取組を実施。
 ・インバウンド盆栽ツアーの実施やコロナ禍におけるオンラインの活用により地方創生に貢献。
◇成果
 ・地元特産の五葉松を核とした広域連携型盆栽ツアーを開催し、参加した外国人によるSNSを通じて五葉松や盆栽文化を世界に発信。
 ・コロナ禍のなか、ZOOMを活用したバーチャル観光体験を実施し、子どもたちにも盆栽文化の魅力を発信。
◇主な活動
 ・インバウンド盆栽ツアープランの商品化
 ・多文化共生に向けたグローバル・パーティ
 ・第5回SBP(ソーシャル・ビジネス・プロジェクト)交流フェア ~オンラインつながった参加者~
 ・親子で四国オンライン体験フェス ~#おうちで四国一周~ 高校生盆栽ツアー体験講座   

 

 

 

 

 

【お知らせ】 11月9日(月)5・6限、土居高校は公開授業を実施します。学校の授業内容、お子様の授業の様子をぜひ参観してください。よろしくお願いします。

 

全校朝礼 図書委員会・美化委員会の活動報告・生徒会報告

 11月5日木曜日、全校朝礼がありました。内容は、図書委員会・美化委員会・生徒会からの報告でした。

 まず、図書委員会から、図書室では新刊や勉強になる漫画などを多数揃えているので是非来てほしいとのことでした。

 私は1年生ですが、まだ図書室で本を借りたことがないので行ってみようと思いました。そして「キングダム」を読んでみたいなと思いました。

 次に美化委員会から、美化委員会の仕事について説明がありました。美化委員会では、黒板消しクリーナーの掃除をしていること、教室の隅にほこりが溜まっている傾向があるので丁寧に掃除をしてほしいこと、掃除用具についたほこりもきちんと除去したうえで収納してほしいこと、飲料ペットボトルの洗浄・分別をしてほしいこと等の説明でした。

 最後に生徒会から「高校生自転車交通マナー向上対策事業」の一環として土居高校周辺の交通事故危険箇所マップ作成をするので協力してほしいとの話がありました。2階の渡り廊下に土居高校周辺の大型のマップが置かれるそうです。そのマップにシール・付箋を使って危険箇所の確認ができるように共有する予定だそうです。

 以上、盛りだくさんの内容でした。それぞれの委員さんのおかげで楽しく安全な生活が送れるんだなと思いました。

                                       (1年男子・女子 文化委員)

【お知らせ】 11月9日(月)5・6限、土居高校は公開授業を実施します。学校の授業内容、お子様の授業の様子をぜひ参観してください。よろしくお願いします。

 

     

令和2年度地域連携心豊かな高校生育成事業の一環として「老人保健施設ちかい」様を訪問しました!

 11月4日(水)、1年生が「老人保健施設 ちかい」様に訪問しました。

 例年、1年生全員で訪問し、交流させていただいていますが、今年はコロナ感染症予防の観点から形をかえての実施となりました。どのように形を変えて実施すればよいか思案していたところ、ちかい様から「施設の廊下に飾る季節の壁面飾りがあるととてもありがたいです。作るのにはわりと時間がかかるのでそれを用意してくれると助かります。」とのお話がありました。そこで各ホームルームにおいてグループ(4グループ×3クラス 計12グループ)に分かれ、1月から3月までの壁飾りを作りました。早速11月から掲示してくださるとのことです。お年寄りの方が私たちが作った飾りを見て季節を楽しんでくださったら嬉しいです。

  皆様にとって、幸せな楽しい1年が訪れますように!!

  寒い中、外に出てきてくださりありがとうございました。

  施設長様をはじめ、職員の方々もお忙しい中ありがとうございました。

3 年生の遠足!

文化委員です。10/30(金)私たち3年生も遠足に行きました。ほとんどの人が進路が落ち着き、みんなで楽しく過ごすことができました。金刀比羅宮ではうどんを作り、作ったものは持ち帰りました。みんなで食べたうどんはとてもおいしかったです。

         

四国水族館では様々な種類の魚がいて瀬戸内海を背景にしたイルカショーはとても迫力がありました。三年生全員で行くことができて本当に良かったです。                            (文化委員 3 年 女子)

小林保育園訪問の準備を行っています。(生活部&こどもの発達と保育選択生)

 11月19日木曜日に、小林保育園を訪問する予定です。毎年、7月に「1日保育」の形で実習を行っていますが、今年はコロナ感染症予防の観点から、短時間の訪問を予定しています。

 そこで、生活部の皆さんが1学期に製作した「無事カエルお守り」と発達と保育選択生が作った「車の形の折り紙メッセージ」をセットにしてお土産として渡す予定です。今年は交通マナーアップクラブの指定校にもなっているので地域への働きかけの意味もあります。(家庭クラブの県下一斉活動も兼ねています!)

 

 

心をこめて準備を進めています。当日喜んでくれると嬉しいです。

1年生の遠足!

どうも、文化委員です。
今日は遠足がありました。まず、坊ちゃん劇場に行きました。「鬼の鎮魂歌」という桃太郎をテーマにした劇を見ました。迫力満点の演出と、感動的な話に泣いている生徒がいたのが印象的でした。

    

その後東温市の運動公園に行きました。公園ではみんなで仲良くお弁当を食べたり、遊具で遊んだり、楽しい一日となりました。

            

(1年 文化委員女子)

「ありがとう」を“粋”に感じ、育つ心 アグリ日記①

どうも、皆さんこんにちは、お久しぶりです!

アグリコース農場長のKです(^_^)v

約半年ぶりの投稿です!いやぁー、コロナ対応に学校全体で、毎日全力で対峙した半年間、本当に長かった!!!まだまだ気は抜けませんが、やっと交流会ができるまでになりました( ^o^)ノ

 

さてさっそくですが、秋!と言えば収穫の秋(^_^)/

本日、土居保育園の皆さんをお招きし、みかん狩り交流会を開きました。

 

はじめのほうは、お互いにぎこちなく、ふわふわした感じでしたが、園児のみなさんと一緒に楽しいお話をしながらみかんを収穫したりしながら、じきにお互い打ち解け、終始笑顔の交流会となりました。

 

最後はお待ちかねの試食会!参加した子どもたちは、おいしそうにみかんをパクパク!秋の味を心から楽しんでくれているようでした。笑顔でいっぱいの南農場は、暖かい陽気に押され、穏やかな雰囲気に包まれました(o^∀^o)

「お兄ちゃん、お姉ちゃん、ありがとう、またねー!」精一杯手を振る園児を見送りながら、生徒たちは私にこう言ってくれました。

 

「いろいろあったけど、交流会できてよかった!」「俺たちが育てたみかんをおいしいって言うてくれた!」「ホント、すごい楽しかったー!」コロナで学校に来れない、実習ができない、様々な困難を経験してきた中の彼らの感想は大変重く、そして充実感に満ちた表情でした。

 

その日の夕方、突然保育園の先生が来校され、私たちにプレゼントを持ってきてくださいました。それは、今日みかん狩りをありがとうの気持ちを込めた寄せ書きでした。職員みんなまじまじと見ながら、生徒の取り組みでいただいた、心のこもったメッセージを喜びました。

 

次の日、実習のまえに、寄せ書きを披露しました。見たとたんみんな「うぉー!すごい!」「絵がかわいいねー」といいながら、嬉しそうにじっと見つめていました。

 

こちらこそ、私たちの生徒を大事に接し、心を育ててくださりありがとうございました。

 

相手の心を想い、粋に感じて行動をする。人としてとても大切なことです。

本校アグリカルチャーコースは『農業を学ぶ』のも大切ではありますが、『農業で“心を育てる”』ことを主な目的としています。

 

生徒は学校だけで成長するわけではありません。たくさんの方々から刺激をもらい、様々な価値観に触れ、感じ、コミュニケーション能力を向上させながら大人になっていくのです。

 

皆さんの“粋な心”を力の源に、土居高で学んだ経験を活かし、将来、生徒たちが家庭を持ち、自分の子どもと一緒に家庭菜園を楽しむ。そんな素敵な時間を持てる親になってほしい、私たちはそう願っています。

 

うん!やっぱり、交流会はいいなぁ!

これからも、たくさんの人と笑顔と心意気をシェアしよう(^_^)

 

農業はホント、楽しいね~(o^∀^o)