2019土居高校日記

日本初!? 高校生発インバウンド盆栽ツアー 旅行プラン

★★★当ツアーのねらい★★★
①五葉松の日本三大産地の一つである私たちのまち四国中央市土居町。その地元特産「赤石五葉松」の知名度をアップし愛好家や後継者を増やすとともに日本の盆栽文化を後世に伝えたい!
②2020 年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、私たちのまちに外国人観光客を呼び込み、リピーターにつなげたい!
③私たち住民が、地域資源のすばらしさを再認識し、郷土愛とシビックプライドを確立する!


1 旅行プラン    インバウンド向け旅行商品の外国人モニターツアー
         『BONSAIの聖地へタイムスリップしてみませんか?』

2 実施日     令和元年(2019 年)10 月 19 日(土) 

                                      ※予備日  令和元年(2019 年)10 月 20 日(日)

3    参加者     国内在住の外国人(高校生以上) 11名参加 (予定)  

4 旅行代金    お一人様 2,980円

          (昼食、教材代、受講代、通訳代、保険料、お土産代、消費税すべて含みます)

5   行程(予定)  昼食をはさんだ日帰りツアーです。

  ~10:00      受付・集合    ◇暁雨館(ぎょううかん) :四国中央市土居町入野 

     10:00~   オリエンテーション ・プラン説明     

     10:30~   ①盆栽歴史講座      
     11:10~   ②盆栽実技講座  
     12:30~   昼食〔麦とろ定食〕    ◇和風レストラン近松  :四国中央市土居町入野

                                    ~地元特産つぐね芋を召し上がれ~        

     13:30~   ③関川石鑑賞講座  ◇暁雨館(出発地)

     14:00~   ④盆栽鉢講座     

     15:00~   ⑤盆栽文化侘び寂び体験    ◇石鎚園培養所(盆栽城):四国中央市土居町上野

             ⑥茶道文化体験            
                               ⑦盆栽たいそう体験 

     16:00~         アンケート記入・解散    ◇暁雨館(出発地) 

         ※受付・集合場所の暁雨館までは、各自でお越しください。駐車場あり(100台程度) 

         ※各会場間の移動は、徒歩又はタクシー等を利用します。
         ※ツアー中の説明は、日本語と英語で行います。

 

6   ツアー企画         愛媛県立土居高等学校情報科学部(校長:鈴木 斎)

7   旅行企画実施         ㈱フジ・トラベル・サービス  EC 団体旅行 東予営業所(所長:奥土雅之) 

8   協力主体                赤石五葉松盆栽組合(組合長:日野 勉) 

9   アドバイザー      愛媛DMO〔(一社)愛媛県観光物産協会〕

10   後 援                      四国中央市、(公社)愛媛県紙パルプ工業会、(一社)日本盆栽協会愛媛県支部 他多数 

11   協力            盆栽清香園(埼玉県)、JA香川県国分寺盆栽部会、盆人プロジェクト(香川県)他多数

12 協賛      柴田モナカ本舗、寺尾果樹園、鈴木産業㈱、後藤物産㈱、大西茶園 他多数

 

13   ツアーの特徴  

① 地方創生を目的とし、地域や立場を超えて広域連携したインバウンド(訪日外国人)対応の学習体験型旅行プラン。

② 全国高等学校観光選手権「観光甲子園」訪日部門グランプリ(国土交通省観光庁長官賞)受賞プラン(現NEXT TOURISM主催)、高校生ビジネスプラン・グランプリ 100 入選プラン(日本政策金融公庫主催)、高校生なるほどアイデアコンテスト(大分大学ほか主催)最終審査進出プランの商品化。

③ 赤石五葉松盆栽組合の全面協力により、プロの職人が盆栽の実技を直接指導。また、歴史ある盆栽の名品をじっくり鑑賞。

④ 地元の特産品や銘菓を取り入れた食事やお土産などをご用意。
⑤ ツアー企画者である土居高等学校情報科学部が同行してボランティアサポート。
⑥ 新居浜市国際交流協会および愛媛 SGG クラブ新居浜支部によるアットホームな英語通訳。

 

14 連絡先  ㈱フジ・トラベル・サービス EC 団体旅行 東予営業所 ☎ 0897-47-0744(担当:石川啓二)

                       愛媛県立土居高等学校 ☎ 0896-74-2017(担当:徳永俊一)

 

◇ツアー講座のイメージ写真   

 

 

 

 

 

 

 

 

9月12日(木)コース選択説明会(1年生)

土居高等学校は2年生から、アグリカルチャー、ビジネス、スポーツ&カルチャー、紙のまちづくりの4つのコースに分かれます。

7限目に体育館で各コースの特徴やそのコースで取得できる資格、どのような進路が実現できるか等の説明がありました。

自分の進路希望に最も相応しいコースを考え、保護者とも相談しコースを決定してください。

 

 

全校朝礼!

最近テニスがマイブーム、文化委員の教員です。今日は全校朝礼で進路課長講話がありました。生徒たちは運動会という一大イベントを終え、オフになりかけていた勉学モードのスイッチが最近また入り始め、お話も真剣なまなざしで聞いていました。

                    

実体験を織り交ぜた素晴らしいお話でした。これを聞いた今の1年生、2年生は今のうちから将来のことを考え、理想的な未来を築くことができるように過ごしてほしいと思います。3年生も進路実現に向けて最後まで頑張ってほしいと思います。みんなの未来が素晴らしいものになりますように。

満員御礼!高校生発インバウンド盆栽ツアー参加者募集を締め切りました!

このたび、愛媛県立土居高等学校情報科学部が企画し、㈱フジ・トラベル・サービスEC団体旅行東予営業所をはじめ地元盆栽組合、愛媛DMO、四国中央市など多数の協力を受けて商品化した旅行プランの参加者を募集していましたが、令和元年8月31日をもって、当ツアー外国人参加者の募集は締め切りになりました。御協力ありがとうございました。

 ◇商品名:外国人モニターツアー『BONSAIの聖地へ タイムスリップしてみませんか?』

 ◇実施日:令和元年10月19日(土) ※予備日 10月20日(日)

 ◇参加者:国内在住の外国人 9名(定員8名)

 

 

 

 

 

 

 さる9月7日(土)10時から、土居高校会議室において、第1回インバウンド盆栽ツアー打ちわ合せ会が開催されました。会には、愛媛DMO、赤石五葉松盆栽組合、㈱フジ・トラベル・サービス東予営業所、愛媛SGGクラブ新居浜支部、講座担当者、施設責任者、土居高校(校長、教頭、情報科学部)などツアー関係者が一堂に集まって、建設的な話し合いがなされました。

 

 

 

 

 

 

9月5日(木)運動会(午後)

午後も大変盛り上がりました。

 

3年生はアーチの前で記念撮影をしました。

 

3年生は今日から進路実現に向けて始動です(もう、面接練習が始まっています)。

 

結果は次の通りです。

変身大作戦の部:優勝 金剛

アーチの部:優勝 青龍

応援の部:優勝 青龍

総合の部:準優勝 朱雀

総合の部:優勝 金剛

 

9月5日(木)運動会(午前)

開始時には雨が降っていましたが、しばらくすると止み、良いコンディションとなりました。

競技も順調に進んでいます。

 

因みに、午前の部終了時の得点は、金剛267点、朱雀289点、青龍248点でした。

各部門の優勝は、どの団の手に!

 

9月4日(水)運動会に向けて(その6)

午後は足場の組立や入退場門、観覧席等の準備をしました。

土居高生を見守るビッグフラッグ 

見に来てくれる人が気持ちよく利用できますようにすみずみまで清掃

アーチの足場組縦も要領よく

あれが積乱雲です  明日のために

明日は良い運動会になりますように。土居高生全員頑張ります。

    準備OK 

 

9月4日(水)運動会に向けて(その5)

1限目、とても暑い中、1年生が最終テント設営を行いました。各学年で分担し準備をしています。

 

作業は大変ですが、その先にある誰かの笑顔のために積極的に行っています。

3時間授業の後、4限目は各団応援をしました。

 

順番を待っている間にも時間を無駄にしないようにラジオ体操や行進の練習をしていました。これで練習は終了、あとは本番で実力を発揮するだけです。

午後は足場組立や入退場門等の準備をします。

 

9月3日(火)運動会に向けて(その4)

本日は午前が予行、午後が予行と各団応援合戦練習です。

午前中は暑い中、順調に実施できました。

しかし、午後、あと少し・・・のところで突然の雨。グラウンドコンディションが悪くなったので体育館に集合し、残っていた競技の確認や連絡をしました。

明日は午後から準備です。

 

9月2日(月)運動会に向けて(その3)

いよいよ今週の5日(木)が運動会です。午前中、3年生は体育館、1年生はグラウンドで種目練習を行い、午後は、全校生徒が行進練習、各団応援を行いました。

種目練習                                          午後の練習開始

各団の行進

各団の応援

3年生は要領よく種目練習を行った後、午後のためにテント設営等をしました。

明日(3日)は運動会予行(雨天時は火の①~⑥)の予定です。

 

8月30日(金)運動会に向けて(その2)

今日も午前中は雨でした。午後には止みましたが、グラウンドコンディションは良くありません。しかし、2年生男子がテントの骨組みの組み立てをしました。できることからこつこつと・・・ですね。お疲れ様でした。

 

中庭で応援練習、武道場でアーチ、被服室で衣装の作業をしています。

 

因みに、今日はカブトムシ(元気な♂)が校内を歩いていました。どこから飛んできたのでしょうね。

8月29日(木)運動会に向けて

昨日から学年練習が始まっています。

本日(29日)、グラウンドコンディションは万全でないため、午前中は体育館での練習となりました。

雨が降っていなかったので、3年生女子が草引き、3年生男子がテントを出しました(流石!3年生!)。安全に気をつけて運んでいました。

 

1・2年生は種目練習、3年生は学年練習をしました。

 

因みに、グラウンドの片隅で、狩人蜂の一種が巣を作っていました。

 

8月27日(火)今日から2学期

今日から2学期のスタートです。大掃除、表彰式、始業式の後、1・2年生は課題テスト(国・数・英)、3年生は授業、午後は、身だしなみ指導、運動会の打合せや説明会です。 

表彰式では、吹奏楽部、女子テニス部、陸上競技部の表彰をしました。

 

校長式辞では、「高校生活で何かに一生懸命取り組んだ人は、その何かに育てられるという気付き(感謝の気持ち)があり、さらに成長できるということ。2学期は、運動会、修学旅行、文化祭などの学校行事、部活動では新人戦や高文祭、3年生にとっては進路実現の学期となること。」等を全校生徒に伝えました。生徒たちは集中して聞いていました。

 

どの学校行事も高校生活の良い思い出となるように充実させていきます。

もちろん、勉強、部活動も一生懸命取り組みます。

 

高校生発インバウンド盆栽ツアー 愛媛DMOからの応援協力

土居高校情報科学部は、愛媛DMO(〔一社〕愛媛県観光物産協会)からの協力を得て、『BONSAIの聖地へタイムスリップしてみませんか?』の催行に向けた外国人プロモーション、講座の内容など全般にわたって指導助言を受けています。

「愛媛DMO」とは、観光庁の登録を受け、関係省庁(観光庁、国土交通省、内閣官房、総務省、金融庁、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、環境省)からの支援を通じ、地域への誇りと愛着を育成する観光地域づくりの推進役として多様な関係者と協同し観光地域づくりを実現する調整役となっています。

 

 

 

 

 

 

6月下旬には、観光部長、専門員さんが、地元特産「赤石五葉松」の視察に来られました。その後、赤石五葉松盆栽組合長さんを交えて今後の打合せを行いました。

 

 

 

 

 

 

7月下旬には、マリンパーク新居浜にて、愛媛DMO推進チームの会が開催されました。東予推進チームでは、情報科学部が企画し「観光甲子園」訪日部門でグランプリを受賞したインバウンド向け日帰りツアー商品を紹介していただきました。

 

 

 

 

 

 

8月上旬には、愛媛大学城北キャンパス 愛大ミューズにて、打合せ会を開催しました。観光部長さんから、リスクマネジメントについての指導助言をいただきました。

 

10/19ツアー当日に向けて、万全の準備をしたいと思います。御協力を宜しくお願いいたします。

 

 

 

土居高校 四国中央市外国人ツアー説明会 応募者が定員を超えました!

8月21日、四国中央市役所にて、土居高校情報科学部が企画し、地元旅行社をはじめ盆栽組合など多数の方々から協力を受けて商品化した旅行プランのプロモーション活動をCIRとALTの方々に行いました。会場は、ほぼ満員状態となり、今までになく緊張しました。

 

 

 

 

 

 

地域振興課国際交流係と市教育委員会学校教育課の協力を受け、地元在住外国人(9人)の参加がありました。出身地は、北アメリカ(アメリカ合衆国、カナダ)、中央アメリカ(トリニダードトバゴ)、オセアニア(オーストラリア、ニュージーランド)、アフリカ(南アフリカ)、ヨーロッパ(ドイツ)など世界中から集まりました。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

ツアーの内容を日本語と英語版チラシ、写真と手作りの資料を使って説明しました。観光交通課長さんと伊予史談東部会(文化財の保護)の方から「生徒たちの観光甲子園優勝プランに込められた思いが素晴らしい。10/19ツアー本番では、大きな声でわかりやすい日本語で説明してほしい。市民の方々に広く知ってもらう機会を作りたい。」と激励を受けました。

 

 

 

 

 

 

外国人の方々から、「話を聞いて盆栽ツアーに興味がわいてきた。申し込み方法を教えてほしい。」と質問を受けました。地域振興課長さんからは、「6人の外国人が参加する気持ちがある。ただ、ツアー参加者が9人となり、定員(8人)を超えたので検討してほしい。」という依頼がありました。旅行社、盆栽組合さんと話し合って決めたいと思います。

7月末にツアー参加の申し込み(フィリピン出身の外国人技能実習生2人)を受けた、瀬戸中央テック協同組合さんへあいさつに伺いました。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

紙のまち魅力化プロジェクトにおける工場見学

8月20日、紙のまちづくり部の生徒が、新聞用紙、印刷用紙や、ティシュー、トイレットペーパー等の衛生用紙等を製造販売している大王製紙株式会社の工場を見学しました。


まず、機械パルプ、クラフトパルプ、古紙パルプの違いなど事業内容について学んだ後、臨海工場を見学しました。幅8.1m、全長365mもあるN10マシン(塗工紙一貫生産設備)の機械の大きさと紙を作る速さに圧倒されました。その後、昨年10月に稼働した川之江工場を見学しました。衛生用紙がどのように作られているのかや、日本と外国のトイレットペーパーの違いなど知ることができました。最後に、本社に戻り、お客様のニーズに対応して「メディア用途の紙」から「梱包・包装用途の紙」及び「衛生用紙」にシフトしていることや、セルロースナノファイバーの早期事業化に向けた取組などについて分かりやすく教えていただき、紙産業がますます発展していくことを実感しました。今後の活動に活かしていきたいと思います。

     

小型車両講習(実技)

 

8月9日(金)小型車両講習(学科)に続いて、8月20日(水)、22日(木)の2日間、小型車両講習の実技を実施しました。

       雨の中、準備OK 

まず、講師の先生から、操作方法や安全のための注意等を受けました。

運転・操作方法を見学したら、いよいよ一人ずつ実技試験です。20日は途中から雨が強くなりましたが集中して取り組んでいました。

他の生徒は見学し、参考にしています。

受講生(13名)たちは、緊張の中、それぞれポイント等を丁寧に指導していただきながら上手に操作していました。

 

 

「出穂宣言!」アグリ日記⑦

こんにちは、アグリコース農場長のKです(^_^)v

 

残暑お見舞い申し上げます。お盆が過ぎても蒸し暑い日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

さて、土居高校も夏休み後半、あと1週間ということで、生徒も慌ただしく、補修や運動会の準備、進路実現のための履歴書の清書など、元気に登校して個々活動しております。

 

5月中旬に小富士小学校の児童、小林保育園の園児の皆さんと一緒に田植えをした『にこまる』が、ついに出穂しました!順調にいくと、あと40日くらいで稲刈りができるようになります。

 

一時期は長雨に加え、台風ややまじ風に若干影響を受け、心配の連続でしたが、なんとか倒れることなく、元気に育っております(*^_^*)

 

10月上旬、また南農場に元気な歓声が響きながら、稲刈り交流会ができることを楽しみに、引き続き、アグリコース・園芸部生徒でしっかり管理していきたいと思います!

 

地域の皆さん、『土居高のにこまる』を楽しみにしていてくださいね(^_^)v

 

土居高校情報科学部 愛媛大学で外国人留学生ツアー説明会を開催

8月9日、愛媛大学城北キャンバス 愛大ミューズにて、土居高校情報科学部が企画し、地元旅行社をはじめ盆栽組合など多数の方々から協力を受けて商品化した旅行プラン『BONSAIの聖地へタイムスリップしてみませんか?』のプロモーション活動を愛媛大学農学部と工学部の留学生の方々に行いました。

国際連携課学生交流チームの協力を受け、事前に留学生に盆栽ツアー説明会の告知をしていただきました。当日には、盆栽に興味を持ったインドネシアとミャンマー出身の留学生4人が参加してくださいました。

 

観光甲子園優勝プランに込めた私たちの思いや盆栽ツアーの内容を日本語と英語版チラシと写真、手作りの資料を使って説明しました。留学生からのいろいろな質問に答えて、和気あいあいとした雰囲気で活発な意見交換ができました。多くのマスコミ報道機関から取材を受けてかなり緊張しました。 

農学部に通っている留学生からは、父親の趣味が盆栽なので非常に興味がある。インドネシアでは、盆栽に興味を持っている人が増えている。松山市から四国中央市土居町までの交通手段に課題がある。という意見をいただきました。県内に在住する外国人への周知徹底を図り、ツアー参加者につなげたいと思います。

 

打合せ会では、アドバイザーの愛媛DMO(愛媛県観光物産協会)観光部長さんから、夏休み中のプロモーション活動の成果が現れてだいぶ外国人に浸透してきたと思う。今後は、ツアー定員8人を越えたときの対応策(リスクマネジメント)についての指導助言を受けました。ありがとうございました。