2020土居高校日記

紙のまちづくりコースにおける愛媛大学出前講義

8月28日(金)、愛媛大学 深堀秀史 准教授にオンラインによる出前講義をしていただきました。工場見学の予習として、繊維や紙の作り方を学びました。事前にサンプルを持ってきていただき、生の楮(こうぞ)の皮と、蒸解した楮の違いを割いて確認をしたり、製紙の工程過程で紙がどのように変わっていくのかを実物を触って確認したりしました。今日学習したことを整理して、工場見学に行く準備をしていきたいと思います。

 

ファーウェイHPにて 土居高校情報科学部の取組が 世界に向けて紹介されました! 

  令和2年8月23日 情報科学部は、「第5回全国高校生ソーシャル・ビジネス・プロジェクト(SBP)交流フェア」オーラルセッションに進出、今まで取組と今後の活動予定(ビジョン)を発表して、『輝き賞』と『ファーウェイ賞』を受賞することができました。

   その様子が、ファーウェイ・ジャパン ホームページやソーシャルメディアなどで世界中の方々に向けて紹介されています。ありがとうございます。

 ファーウェイ・ジャパン、地域課題解決に取り組む高校生を支援する「第5回全国高校生SBP(ソーシャルビジネスプロジェクト)交流フェア」に協賛し、ファーウェイ賞を授与

 2020年8月23日(日)、「第5回全国高校生SBP(ソーシャルビジネスプロジェクト)交流フェア」のオーラルセッションと表彰式がオンラインにて開かれた。ビジネスの手法で地域の課題解決に取り組む高校生約200人が全国から集まり、プレゼンテーションやオンライン交流会を行いました。 

 SBP交流フェアとは、未来の大人応援プロジェクト実行委員会が運営し、文科省が共催する全国の高校生が地域の課題を解決するための交流事業です。高校生が地域の課題を解決するためにビジネスの手法等を学びながら取り組んだことを発表し、開発した商品を紹介・販売しながら交流します。互いに評価しながら向上していくことを支援していくとともに、趣旨に賛同した関係各府省や各種企業が協力して実施する「民官地」の協働プロジェクトとして、地域の活性化に寄与することを目指しています。

 社会貢献活動の一環としてグローバル人材育成に力を入れるファーウェイ・ジャパンは、「世界を意識した将来性のある地域課題の解決、または国際化に向けた活動に取り組む若者を支援したい」という思いから、2017年からSBP交流フェアを支援しています。

 今回、ファーウェイ賞に輝いたのは愛媛県立土居高校情報科学部。同校は一昨年の8月、観光甲子園で全国優勝した成果を土台として、昨年10月に高校生発広域連携型インバウンド盆栽ツアープランを商品化し、今年7月に「親子で四国オンライン体験フェス」に出展しオンライン生中継で世界に向けて発信しました。全国1位からさらにレベルアップを図り、本物のビジネスへと育てることで持続可能な地域社会を実現することを目指し、地場産業のPR、伝統文化の伝承、特産品や農産物の商品開発、インバウンド観光の推進など様々な活動もしています。

 土居高校は昨年度、国境を越えていろいろな国々の外国人と交流し、様々な文化や多様な価値観を学ぶことができ、多文化共生(ダイバーシティ)の実現にもつながりました。 このような世界に目を向け、果敢にチャレンジする将来性のある活動は、国際交流を通して世界と地域を結び付けるものであり、そして外国人住民と地域住民との共生を進める地道な活動は実に素晴らしいことを評価し、今回のファーウェイ賞を受賞しました。

~ファーウェイ・ジャパンHPから抜粋~

第71回土居高校運動会 新型コロナウィルス感染対応における入場制限の実施について

第71回土居高校運動会新型コロナウィルス感染対応における入場制限の実施について

 残暑の候、皆様にはますます御清栄のこととお慶び申し上げます。平素から本校教育活動に格別の御高配、御支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

  さて、第71回土居高校運動会を「英雄豪傑~我らが主役、全力突破~」のテーマの下に、下記のとおり開催いたします。
 現在、新型コロナウィルスの収束が未だ見えない状況にあります。そのため、今年度の運動会では、感染リスク軽減のため、入場制限をさせていただきます。子どもたちの健康と安全の確保を最優先に考えて、事前に「入場許可証」を発行します。当日、正門にて「入場許可証」を持参した方のみ、ご来場していただきます。

 御理解、御協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 

1 日 時    令和2年9月8日(火) 午前9時00分から  ※雨天順延 9月9日(水)

2    場 所    本校運動場

3 注意事項
(1) 当日、「入場許可証」のない方は入場いただけません。
(2) 発熱、風邪の症状、悪寒、咳、鼻水、だるさ、頭痛、味覚・嗅覚障害、下痢など、体調不良が認められる方は入場いただけません。
(3)  ご入場時、マスクを着用していない方は入場いただけません。
 

 

全国高校生SBP交流フェア本戦出場 「輝き賞」「ファーウェイ賞」を受賞しました!

 令和2年8月23日、北は北海道から南は沖縄から参加した計24チームの中から、予選を通過した全国トップ6団体による「第5回全国高校生ソーシャル・ビジネス・プロジェクト(SBP)交流フェア」の本戦がオンライン(Teams:ウエブ会議システム:)にて開催されました。文部科学大臣賞は、高浜高校(愛知)、三重県知事賞は浜松学芸中学高校(静岡)と鯵ヶ沢高校(青森)コラボが獲得しました。

 土居高校情報科学部は、不織布を使って手作りした神職の衣装を着た部員たちが、一昨年8月、観光甲子園で全国優勝した成果を土台として、昨年10月商品化した「高校生企画主導広域連携インバウンド盆栽ツアープラン」を、今年7月に親子で四国オンライン体験フェスに出展して、オンライン生中継で子どもたちに向けて発信した取組を発表しました。また、今後の活動予定についても説明しました。最後に、英語版「盆栽たいそう」を踊って、メッセージを届けました。

 午後に開催されたオンライン座談会では、全国の高校生たちやスタッフの大学生と対談し、「盆栽たいそうが良かった」とほめていだだきました。

 表彰式では、「輝き賞」と「ファーウェイ賞」を受賞しました。審査委員の先生からは「インバウンド観光やダイバーシティなどグローバルな視点に立って地方創生を推進している高校は珍しい。世界の明るい未来に繋がる素晴らしい取り組み」と身に余る講評をいただきました。ありがとうございました。

 コロナ禍のなか、世の中が大変な状況にあるにもかかわらず、僕たちの取組や将来のビジョンをオンライン生中継で発表できる機会を与えてくださったことに心より感謝したいと思います。

大会の詳細は「未来の大人応援プロジェクト」HPをご覧ください。

 

 

農林水産省 中国四国農政局HPで「オンライン盆栽ツアー体験講座」が紹介されました!

令和2年7月25日 愛媛県立土居高校情報科学部は、「親子で四国オンライン体験フェス~#おうちで四国一周~」に出展しました。


当日は、不織布を使って手作りした神職の衣装を着た高校生らが講師となって、昨年商品化した「高校生企画主導広域連携インバウンド盆栽ツアー」を再現し、盆栽の歴史や実技などの講座を案内し、「盆栽たいそう」を楽しく踊りました。当日、参加し、取材してくださった中国四国農政局愛媛県拠点のフォトレポートに、その様子が紹介されています。

詳しくは、中国四国農政局ホームページをご覧ください。

 

 

全国高校サッカー選手権大会愛媛県大会に出場しました!

20日、第99回全国高校サッカー選手権大会愛媛県大会が伊予市しおさい公園で開催され、伊予農業高校と対戦しました。残念ながら2回戦に進むことはできませんでしたが、後半に入っても集中力を切らさず、何とか1点を取ろうと全力でプレーする姿に胸が熱くなりました。今後の活躍を期待しています。

 

 

夏季補習!

短い夏休みも残りわずか、大変暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。土居高校では17日から20日まで夏季補習が行われています。国数英の3科目を授業しています。とても集中していて、難しい問題にも果敢に取り組んでいました。多くの知識を身につけて、各自の進路実現に向けてこつこつ頑張ってほしいです。ファイト!

    

また、フォークリフトの実技講習もありました。暑い中、一生懸命フォークリフトを操作していました。器用に扱うのにとても苦労していました。資格取得に向けて頑張ってほしいです。

    

県勢初!全国高校生SBPフェア最終審査に進出 土居高校情報科学部 

 土居高校情報科学部は、令和2年8月2日、第5回全国高校生ソーシャル・ビジネス・プロジェクト(SPB)交流フェアのポスターセッション(2次審査)Cブロックを通過し、愛媛県勢初となるオーラルセッション(最終審査)へ進出することができました。

 SPBとは、高校生がビジネスの手法を学びながら、地域の課題解決に取り組むという挑戦です。代表的事例は、2011年にテレビドラマ化された三重県立相可高校の「高校生レストラン」です。生徒たちが調理から接客・経理までを行います。今では行列のできる本格的な店となり、地域を代表する存在になっています。

◆オーラルセッション(最終審査)
・実施日時:令和2年8月23日(日) 開会式 9時30分~  取組発表 10時~12時
・実施方法:オンライン(Teams)生中継
・進出校:若狭高校(福井)、高浜高校(愛知)、飯南高校(三重)、吉賀高校(島根)、浜松学芸中学高校(静岡)と鯵ヶ沢高校(青森)コラボ、土居高校(愛媛) 6団体7校
・表彰式:令和2年8月23日(日) 15時30分 ~ 17時  オンライン(Teams)生中継

◆土居高校情報科学部の取組
・アピールポイント:世界初!?となる高校生(教員、学校、教育)が企画主導し、地方創生を目的とした持続可能な地域社会の実現を目指したネットワークシステム(NWS)を構築するためのESD活動モデル。
 以下の①~⑧を有機的に統合した次世代型ネットワークシステムの構築を目指します。
① 地方創生に特化した地域学校協働活動本部、② シビック・プライド育成の、高校を核に地域や立場を超えた広域連携協働型NWS、③ 地域資源(地場産業、伝統文化や工芸、特産品や農産物)を活用した商品開発やビジネス活動。④ 高校生が主体的にビジネス活動できる会社法人組織の設立、高校生の起業家教育、⑤ インバウンド観光立国、ツーウェイツーリズム、オンライン・バーチャル観光、⑥ エシカル消費、地域貢献ビジネス、⑦ 提案募集方式の活用、地域課題の解決、⑧ SDGsの実践、ESD活動、多文化共生、ダイバーシティの実現 


※最終審査および表彰式の様子をライブ配信(オンライン)します! 事前登録が必要ですので、ライブ配信を希望する方は、特設サイトへアクセスください。  
    http://sbp.fan/sbpfair2020

★土居高校情報科学部の紹介動画と発表動画は 只今 YouTubeにて公開中です!!

 

 

愛媛県高等学校陸上競技選手権大会に参加しました!

8、9日、県総体の代替大会である愛媛県高等学校陸上競技選手権大会に4名の選手が参加しました。一人一人が練習の成果を発揮し、女子ハンマー投では6位入賞を果たすことができました。今年は四国総体が行われないので、3年生はこれで引退となります。後輩の皆さん、3年生の思いを胸にこれからも頑張ってください。

 

 

 

小型建機講習を実施しました

土居高校で小型建機講習会を3日間の日程で実施しました。8月5日に学科講習、実技講習は受講生徒が2つのグループに分かれて8月6日、7日の2日間で実施しました。

特に、実技講習では最初ぎこちなく、思い通りに動かすための操作方法、両手でのレバー操作、さらに車両感覚に大苦戦していました。

しかし、練習を重ねることで技術は確実に上達していき、午後には一人でスムースに運転していました。流石ですね。

 

小型建機講習を実施しました

希望する生徒が昨日から小型建機資格取得に向けて講習を受けています。8月5日に学科講習を受け、実技講習は6日、7日の2日間に分かれての実施になります。

暑い中、生徒たちは安全・安心に注意し、真剣に受講していました。生徒たちは「両手での操作が難しい。車両の感覚が難しい。」と苦戦しているようでした。しかし、午前、午後と時間の経過とともに生徒たちの技術は確実に上達していました。

8月5日(水)中学生一日体験入学を実施しました。

今年度、2回目の中学生一日体験入学を実施しました。開会行事では、校長挨拶、学校紹介、卒業生からのメッセージの紹介を行い、その後、授業体験を10教科で実施しました。

閉会行事では、バドミントン部、陸上競技部、卓球部、サッカー部、野球部、女子バレーボール部、吹奏楽部の順に部紹介、その後、希望者は座談会や部活動見学をしました。

参加した中学生の皆さんには、本日の一日体験入学を通して土居高校を進路の第1希望にしてくれたらと思います。

子どもたちと世界に向けてオンライン生中継でメッセージを届けました!

 土居高校情報科学部は、2020年7月25日(土)、特定非営利活動法人佐田岬ツーリズム協会が主催、㈱ガイアックス、一般社団法人オンライン体験協会が共催したオンラインワークショップのイベント「親子で四国オンライン体験フェス〜 #おうちで四国一周〜」に初出展しました。

 ぼくたちが、日本の子どもたちや世界に向けてメッセージをライブ配信するのは初めての試みでとても緊張しましたが、参加者からの反応が良かったのでほっとしました。ありがとうございました。

 五葉松盆栽園として国内最大級の石鎚園培養所(盆栽の城)にて、盆栽生産量全国1位の高松市の団体から協力を受けた「盆栽たいそう」をみんなでいっしょに楽しく踊りました。ぼくたちが盆栽の歴史や茶道文化の講座を案内しました。実技講座(芽摘み)はプロの職人(盆栽組合長さん)にお願いしました。最後に時価1億円相当の五葉松盆栽などの名品を鑑賞しました。

 この体験フェスは、新型コロナウィルスの影響で、リアルなイベントや観光ができなくなり始まったオンライン上のイベントです。また、外出を自粛している親子向けの課外授業として、地域が企画主導し、専門家や企業、学校などが連携協働して「親子双方の学び」の場を提供しました。

 

紙のまちづくりコース工場見学

   今日は、紙のまちづくりコースの2年生が工場見学に行きました。今回お世話になったのは、三木特種製紙株式会社と協和紙工株式会社です。9時過ぎに土居高校を出発し、まず三木特種製紙株式会社に見学に行きました。

    会社の説明と、工場内でいろいろな種類の紙が作られている工程を見せていただきました。工場内の写真はお見せできませんがいろいろな機械があり、圧巻でした。

 これはその工場で作られたさまざまな機能を持った紙製品です。いろいろな機能を持った繊維をブレンドしてできた製品はどれも精巧で素晴らしい商品でした。

                

 続いて愛媛県紙パルプ工業会で昼食をとり、協和紙工株式会社に伺いました。

                   

 こちらでも会社の説明と工場内見学をさせてもらいました。こちらでは主にノートや落書き帳などの冊子を製造しているところを見させていただきました。多種多様な製品が形になっていく様子を間近で見ることができました。

これらは協和紙工株式会社で製造し、デザインされた商品です。 

                

生徒たちは今日の工場見学を通して何を感じ、何を学んだのか、発表会があるので楽しみにしたいと思います。

今日お世話になった三木特種製紙株式会社、愛媛県紙パルプ工業会、協和紙工株式会社の皆さん本当にありがとうございました。

7月31日(金)第1学期終業式

第1学期終業式で校長先生から、「土居高生ができている挨拶ができること、人の話をきちんと聞けることに触れ、共通点は『優しさ』で、人の心配ができているからこそできることである。」と式辞がありました。

終業式終了後に、教務課長、進路課長、生徒課長から講話がありました。

終業式の前には表彰式をしました。テニス部(女子)の表彰でした。おめでとうございます。

本日で令和2年度第1学期が終了です。臨時休業、分散登校など今までに経験したことのない学期でした。明日から夏季休業となりますが、生徒の皆さんは、部活に運動会の準備に進路実現に忙しいと思いますが日々を充実させてください。

そして、夏季休業中も気を抜くことのないよう、今まで以上に新型コロナウイルス感染予防対策と健康観察をお願いいたします。

7月30日(木)就職ガイダンス

本日、3年生就職希望者を対象に就職ガイダンスを実施しました。

午前の部はマナー講座、自己PR、志望理由の書き方について学びました。生徒が会社の人事担当となり採用したい人材を理由とともに考えることで、どのような人材が求められるのか理解することができました。

午後の部は3班に分かれて模擬面接指導をしていただきました。生徒たちは緊張している様子でしたが一生懸命取り組んでいました。

 

第5回全国高校生SBP交流フェアに初出場! 土居高校情報科学部 

  先日、第5回全国高校生SBP 交流フェア チャレンジアワードの出場校が発表され、本校情報科学部は1次審査を通過し、ポスターセッションへの出場が決定しました。北海道から沖縄まで全国から22団体が出場します。今大会は、新型コロナ感染症予防対策のため、現地開催からオンライン開催へ変更になりました。

  ポスターセッション(2次審査)は、A~Ⅽの3つのブロックに分かれて行い、上位2団体、計6団体が8月23日(日)にオンラインで開催されるオーラルセッション(最終審査)に進出します。

 

◆ポスターセッション ブロックC 

・実施日時:令和2年8月2日(日) 入場 13:30~  発表 14:00~

・出場校 :鯵ヶ沢高校(青森)、仙台商業高校(宮城)、中部大学春日丘高校(愛知)、若狭高校(福井)、飯南高校(三重)、西原高校他(沖縄)、土居高校(愛媛)  7団体

 

◆土居高校情報科学部

・出場者:情報科学部3年生

・方 法:オンライン

・取組名:高校生が核となった地方創生ネットワークシステムを構築し、持続可能な地域社会を実現するためのESD活動モデル  ~日本初 高校生企画主導広域連携型インバウンド盆栽ツアー商品化の実現~

・内 容: 一昨年、観光甲子園でグランプリを獲得した受賞プランをもとに、昨年10月に商品化した高校生広域連携インバウンド盆栽ツアープランを、今年7月に親子で四国一周オンライン体験フェアに出展しオンラインで再現、世界に向けて発信するなど持続可能な地域社会を実現するための様々な取組。

 

 

 

 

 

 

7/25 13時30分~、オンライン生中継「高校生 盆栽たいそう体験講座」開催

「親子で四国オンライン体験フェス〜 #おうちで四国一周〜」に初出展 ~四国中央市 盆栽城から 子どもたちへメッセージを届けます~

 土居高校情報科学部は、7月25日(土)、株式会社ガイアックスと特定非営利活動法人佐田岬ツーリズ協会、伊方町などが主催するオンラインワークショップのイベント「親子で四国オンライン体験フェス〜 #おうちで四国一周〜」において、「高校生発盆栽ツアー 盆栽たいそう体験講座」に初めて出展します。ぼくたちが、オンライン生中継で子どもたちにメッセージを発信するのは、初の試みになります。 


 このイベントは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、外出を自粛されている親子向けの課外授業として、専門家や企業、学校などがオンラインワークショップを出展し「親子双方の学び」の場を提供します。

 「盆栽たいそう体験講座」は、赤石五葉松盆栽園として国内最大級の石鎚園培養所(盆栽の城)にて、時価1億円相当の五葉松盆栽などの名品を鑑賞します。高校生たちから盆栽についての説明を受けながら、盆栽ダンスを楽しくいっしょに踊りましょう!約40分の講座を予定しています。

 ご家庭のパソコンやタブレット等から「親子で四国オンライン体験フェス〜 #おうちで四国一周〜」のサイトにて、事前登録いただくことで、だれでも無料でご参加できます。

 
◆「親子で四国オンライン体験フェス 〜 #おうちで四国一周〜」
⑴ 開催日時 2020年7月25日(土) Cブース 3限目 13:30 ~14:10 (40分間)
⑵ 参加資格   小学生以上の子どもたちとそのご家族、大人の方でも大丈夫です!
⑶ 参加費用   無料 (ネット環境に伴う通信費は自己負担となります)
⑷ 募集人数   定員 1,000人
⑸ 参加方法   以下のURLから、ユーザー登録(無料)のうえ、申し込みをしてください。  
       https://tabica.jp/travels/22238

 

土居高校情報科学部が出展する講座の内容は下記のとおりです。

●講師名    土居高校情報科学部
●テーマ    文化、歴史、 高校生による講座
●内 容    昨年10月に商品化した日本初となる高校生が企画主導した広域連携型インバウンド盆栽ツアー商品をオンラインで再現します!不織布(ふしょくふ)という紙で手作りした巫女(みこ)と神職の衣装を着たぼくたちがツアー講座を案内し、盆栽の歴史や実技、わびさびを体験します。時価1億円の赤石五葉松は必見ですよ!ぼくたちといっしょに盆栽ダンスを楽しく踊りましょう!

●タイトル   高校生発盆栽ツアー 盆栽たいそう体験講座
●実施会場   石鎚園培養所(盆栽の城) 四国中央市土居町上野  ※雨天時は暁雨館
●連絡先    愛媛県立土居高等学校情報科学部  電話 0896-74-2017 (担当:徳永)

                             

7月20日(月)クリーン愛媛

本日、クリーン愛媛で、愛ロードの除草作業とゴミ拾いをしました。本格的な夏空の下、生徒たちは汗を流しながら雑草と格闘していました。熱中症にも気を付けながら時間いっぱい除草作業をしました。

   

後片付けも、しっかりと行います。

暑い中、生徒の皆さん、本当にお疲れさまでした。

 

県高等学校陸上競技選手権大会東予地区予選会に参加しました!

 18、19日、総体の代替大会として愛媛県高等学校陸上競技選手権大会東予地区予選会に参加しました。5月下旬から部活動を再開し、限られた時間の中で積み重ねてきた練習の成果を発揮することができました。特に、最後に行われた4×400mリレーには男女とも参加し、部員全員が一つにまとまり最後まで全力で走り切ることができました。3年生の熱い思いは、1・2年生にバトンでつながれました。

 今回、3年生だけでなく後輩たちもベスト記録を更新し、4名の選手が8月8、9日に行われる県大会に出場します。