H30土居高校日記

朝のあいさつ運動をはじめました

15日、朝のSHRで、生徒会の担当者から、あいさつの励行について放送を行いました。

生徒会の発案「学校をよくしていこう」プランの一環で、今日から週のはじめに、生徒会から全校生徒に呼びかけます。

これからも生徒会の自主的な活動に期待しています。

研究授業を実施しました

11日、1年生のホームルームで「現代社会」の研究授業を実施しました。多くの教員が参観し、研修をしました。生徒たちに時事問題に興味・関心を持つこと、現代の諸課題について当事者だけの問題として捉えるのでなく、全体の立場で見ることが大切であることを学習する内容でした。

授業研究を行い、教職員の研修を実施しました。

3学期がスタートしました

8日、3学期がスタートしました。

始業式に先立って表彰伝達が行われました。

【表彰内容】

○第6回創造力無限大∞高校生ビジネスプラン・グランプリ

 「高校生ビジネスプラン・ベスト100」賞 情報科学部

○第13階全国高校生金融経済クイズ選手権『エコノミクス甲子園』

 愛媛大会敢闘賞

○第42階全日本アンサンブルコンテスト愛媛県大会東予地区予選

 打楽器四重奏 銀賞 吹奏楽部

○第42階全日本アンサンブルコンテスト愛媛県大会東予地区予選

 木管八重奏 銀賞 吹奏楽部

引き続き、始業式が行われ、校長先生から「各学年の締めくくりをしっかりしてください」と言葉をかけられ、生徒一同、気持ちを引き締めていました。最後は、全員で校歌を合唱しました。

観光甲子園グランプリ記念センダンプレートが完成しました

26日、本校観光甲子園グランプリ受賞を記念したセンダンプレートが完成し、宇摩森林組合長、東予地方局産業経済部四国中央森林林業学校に届けられました。このセンダンは、土居高校の校庭の裏側に植栽されていたセンダンで先日、テーブルとして使われた残りの木で制作されました。

現在、正面入口事務室前にテーブルと一緒に設置しています。

来校の際には、是非御覧下さい。

 

第13回エコノミクス甲子園愛媛大会 2次予選 C組トップ通過

12月9日、本校から紙のまちづくり部、情報科学部の生徒2名が、松前町で開催された第13回全国高校生金融経済クイズ選手権「エコノミクス甲子園」愛媛大会に出場しました。

17校から28チームの参加がありました。予選第1ラウンドは筆記試験、第2ラウンドは早押しクイズが行われました。第2ラウンドでは、本校初となる C組の第1位で勝ち抜くことができましたが、残念ながら決勝進出には手が届きませんでした。

この大会を通じて、金融経済について楽しく学ぶことができました。来年は決勝進出を目指して頑張ります!

 

全日本アンサンブルコンテスト愛媛県大会東予地区予選に出場しました

23日、全日本アンサンブルコンテスト愛媛県大会東予地区予選に本校吹奏楽部から打楽器4重奏、金管6重奏、木管8重奏の3チームが出場しました。

小中規模校では部員減少が叫ばれている中、本校では今年度退部する生徒もなく、3チームが無事出場することができました。

演奏については緊張からか力が出し切れず悔しさをにじませていましたが、厳しい練習で、着実に力を付けています。年明けには、演奏する機会に恵まれており、多くの聴衆の前で自分たちの演奏を奏でてくれると思います。

御声援よろしくお願いいたします。

【紙のまち魅力化プロジェクト】紙のまちづくり部による工場見学②

19日、紙のまちづくり部の生徒が、紙のまち魅力化プロジェクトでお世話になっている公益社団法人愛媛県紙パルプ工業会を訪問しました。

「紙のふるさと」(著 小谷良太郎)の復元をする中で疑問に感じたことやもっと知りたいことを伺いました。工業統計によればパルプ・紙・紙加工品製造業の事業所が愛媛県に220社あり、その81%にあたる180社が四国中央市にあることや、ダムが作られたことにより飛躍的に四国中央市の紙産業が発展したこと、製造品出荷額や生産高は分かるが紙製品の数は分からないほど数多くあることなど、資料を使ってわかりやすく教えていただきました。また、昨年行われたえひめ国体・えひめ大会の炬火トーチを持たせていただきました。竹細工をイメージしたフレームに水引と真珠を装飾していて、ふるさと愛が詰まっていることを実感しました。聴けば聴くほど興味が湧いてきて、改めて紙産業の魅力の奥深さを感じました。今後の活動に活かしていきたいと思います。

 

農場より

今日(26日)はあいにくの雨。

本来なら伊予柑の収穫をするところでしたが、年末と言うことも相まって、雨の日シフトで鍬のメンテナンス実習をすることになりました。

 

え?鍬を研ぐの?っていう方がたくさんいらっしゃるかと思いますが、鍬も適度に研ぐ必要があるのをご存じでしょうか?

鍬類も使っていくと、刃の部分が丸まったり、めくれてバリができたりと、作業効率が落ちてきます。

そこで、先端の鉄部分を鋭角に整えることにより、土に対する刺さり方も楽になり、除草の際、少ない力で容易に草を削ることができます。また、安全に使用できるので、ケガや事故も減らすこともできるのです。

 

私は学生の時、実習をしながら先生からこう教えていただきました。

「道具を大切にするものは作業に対する意識が高く、技術・知識ともに優れる。土や道具から地道に学び、向上せよ。」

生徒たちも自分たちの実習を手助けしてくれる道具をいたわり、大地と農作物を愛す優しい若者に成長してくれると期待しています。

 

メンテ万全の道具を使い、来年も大地からたくさん学ぼう!

 

 

 

SDGsについて学習しました

18日、2年生のコミュニケーション英語Ⅱの授業で、SDGs(国連が全会一致で採決した2030年までに達成を目指している持続可能な開発目標)について学びました。本校の授業担当者が、JICA(国際協力機構)東京の開発教育指導者研修に参加して研究していることから、JICA四国の井川太士さんも授業参観に来てくださいました。

2学期に学んだレッスンの中から、ガラパゴス諸島の環境問題・マララさんの国連でのスピーチ・水族館の役割を選び、それらの英文が、SDGsの17の目標のどれに該当するかを班で考え、発表しました。その後、生徒たちが用意していたSDGsに関係しそうな写真を共有し、自分たちが、これからそれぞれ実践していきたいことを考え、発表しました。

英語の授業では、グローバルな時代を生きていくたまに、英単語や文法を学びながら、世界の課題についても学んでほしいと思っています。

このSDGs(目標)は17個あり、どの目標も、私たちの暮らしにつながっており、達成されることで、暮らしやすい社会になると考えられるものばかりです。

SDGsのコンセプトは、”No one will be left behind.―誰も取り残さないー”です。

これからの世界づくりを担う土居高校生には、ぜひとも、リーダーとなって行動を起こしてほしいと願っています。

 

 

愛ロード清掃ボランティアに参加しました

23日、愛ロード清掃ボランティアに本校生13名と教職員が参加しました。

地域住民の皆さんや土居中学生と一緒に、朝8時から学校に隣接している県道蕪崎土居線(通称愛ロード)の清掃を行いました。

2018年を地域の皆さんとボランティアで締めくくり、きれいな町で新しい年を迎えます。

 

愛媛新聞に掲載されました

15日付「愛媛新聞」で紹介されました。

平成30年12月15日付「愛媛新聞」7面(許可番号d20181219‐003)

平成30年12月15日付「愛媛新聞」10面(許可番号d20181219‐005)

 

 

 

教室のワックスがけを実施しました

17日放課後、美化委員とボランティアの生徒で、教室のワックスがけを行いました。

床はピカピカ!生徒の心もピカピカ!になりました。

土居地域手をつなぐ子らの交流集会に参加しました

20日、本校生徒会、家庭クラブ役員38名が、土居文化会館で開催された「土居地域手をつなぐ子らの交流集会」に参加しました。9月から少しずつ準備したフェルトでつくるケーキを一緒に作ったり、サンタに扮して子どもたちと交流したり生徒にとっても楽しい時間を過ごすことができました。来年もぜひ一緒に遊びましょう。

 

2学期終業式を行いました

20日、2学期の終業式を行いました。

式に先立って表彰伝達が行われました。

【伝達内容】

〇愛顔のえひめ賞 情報科学部4名

〇独立行政法人国際協力機構四国センター所長賞 2年生4名

〇宇摩地区租税教室推進協議会会長賞 優秀 1年生

〇実用英語技能検定 準2級 2年生

〇第137回珠算・電卓実務検定試験 第1級計算用具電卓合格 3年生

〇クラスマッチ・グループマッチ表彰関係

終業式では、校長先生から本高校生の年度末の善行、今学期の学校行事における本校生の活躍を披露され、新年にあたり目標を設定して、目標に向けて進むよう話されました。

式の後、教務課長、進路課長、生徒課長から冬季休業の生活について講話がありました。いよいよ明日から冬季休業に入ります。計画的に過ごしてください。

 

【紙のまち魅力化プロジェクト】紙のまちづくり部による工場見学①

18日、紙のまちづくり部の生徒が、奉書紙、特殊和紙、トイレットペーパー、ペーパータオルなどの製造・販売をしている株式会社トーヨの工場を見学しました。

原紙がつくられる製造工程について、説明していただいてから見学をしました。原料がパルプのものと古紙のものがあり、製造工程の違いを丁寧に説明していただいたので分かりやすかったです。抄紙機には、円網(まるあみ)式、長網式、短網式などがあり、形式によってつくられる製品が違ってくることを初めて知りました。株式会社トーヨでは、小ロット多品種でお客様の要望に応えていることや、最も厳しい瀬戸内海環境保全特別措置法に対応した環境に優しい製品作りをしていることを知り、成長し続けている紙産業の現場から多くのことを学ぶことができました。今後の活動に活かしていきたいと思います。

 

日本政策金融公庫主催「第6回創造力、無限大∞高校生ビジネスプラン・グランプリ」全国100選に選ばれました

17日、情報科学部が地元経済の活性化を目的にしたプラン「ほな、行てこーわい BONSAI道」が、日本政策金融公庫主催「第6回創造力、無限大∞高校生ビジネスプラン・グランプリ」全国100選に選ばれ、本校校長室で表彰式が行われました。

プランの内容は地元赤石五葉松の盆栽観賞を取り入れた3泊4日の旅行プランで、応募総数4359件の中から上位100選の一つに選ばれました。

今後も、生徒たちと一緒に地域の魅力を発見し、いろいろな方法を考えて発信していきたいと考えています。

【紙のまち魅力化プロジェクト】第2回土居高まちおこし委員会を開催しました

17日、第2回土居高まちおこし委員会を開催しました。本校では、平成28年度から地域の特徴を活かした学校の魅力化を目指した取組として「紙のまち魅力化プロジェクト」を提唱し、「土居高まちおこし委員会」は、行政機関、地域企業、大学と高校(生徒・保護者・教職員)でプロジェクトの推進のための協議・検証を行います。

今回は、分野ごとに報告を行い、委員の皆さんから指導・助言をいただきました。

今年度は、情報科学部が第10回全国高等学校観光選手権訪日部門でグランプリを受賞し、広く本校の活動が周知されましたが、出前授業、工場見学、森林林業の体験活動等もしっかりと本プロジェクトの中に根付いています。

今後もそれぞれの取組内容をさらに充実させ、体験活動を通して郷土を愛する心を醸成し、地域社会の発展に貢献する人材の育成を図ってまいります。

 

 

 

愛顔のえひめ賞を授与されました

14日、夏に第10回全国高等学校観光選手権大会訪日部門でグランプリ(全国1位)を獲得した本校情報科学部の生徒4人に神野副知事から愛顔のえひめ賞が授与されました。

正庁での授与式で大変緊張していましたが、感激もひとしおでした。

 

ベロニカ先生と楽しく英語を学びました

13日、ALTのベロニカ先生が来校され、英語に親しむ授業をしていただきました。

ゲーム形式で、生徒たちも積極的に手を上げ、大いに盛り上がりました。

楽しい雰囲気の中で、英語を学習することができました。

バックネット裏のセンダンの木が立派なテーブルになって帰ってきました

12日、安全上の理由で伐採された土居高校バックネット裏のセンダンが立派なテーブルになって土居高校に帰ってきました。最初に、センダン活用の経緯について愛媛県東予地方局産業経済部四国中央森林林業班の稲本主任から説明があり、その後、今回の事業に尽力していただいた本校OBの宇摩森林組合の苅田組合長から熱い思いを語っていただきました。

その後、製材、板挽きをしていただいた岡﨑製材所の岡﨑さんから御指導を受けて最後の組立を2年生アグリカルチャーコース全員で行い、完成を祝いました。

最後に、四国中央森林林業班の原主幹から言葉をいただき、生徒たちは「大切に使い次の世代に伝えていこう」という思いを強く持った様子でした。すばらしい贈り物、ありがとうございました。

なお、テーブルはしばらくの間、正面入口に設置しています。御覧下さい。

 

保健室前掲示板「咳エチケット」

保健室前の掲示板には、工夫を凝らした健康管理のアドバイスが掲示されています。

12月に入ってめっきり寒くなり、風邪をひく人も増えてきています。

今回のテーマは「咳エチケット」です。

平成30年度校内人権・同和教育講演会を開催しました

10日、校内人権・同和教育講演会を開催しました。講演会では、本校の卒業生でもある江口久さんから「差別をなくする生き方を!」という後輩に対する熱いメッセージをいただきました。講演会の後も代表生徒と膝を交えた座談会に参加していただき、さらに深い学びをすることができました。思いを引き継ぐ、自分たちの役割を再確認した貴重な一日となりました。また、温かい眼差しで土居高校を見守っていただいていることに生徒、教職員一同、感激しました。ありがとうございました。

 

 

小富士小学校の皆さんから素敵なプレゼントが届きました②

小富士小学校に皆さんから、先日のサトイモ交流会の思い出を綴った素敵なプレゼントが届きました。

今回は、当時の感想を手紙にしてくれ、きれいにデコレーションしてくれた作品です。

一足早いクリスマスプレゼントに感激しました。ありがとうございました。

 

愛媛県高等学校国際教育生徒研究発表会の報告にきてくれました

7日、伊予農業高等学校で行われた「愛媛県高等学校国際教育生徒研究発表会」に参加し、独立行政法人国際協力機構(JICA)四国支部長賞を受賞した2年生4名が校長室に報告に来てくれました。

発表までの準備のことや発表会に参加して学習したこと等報告してくれました。

今回学習したことを今後の高校生活に生かしてほしいと思います。

 

愛媛県高等学校国際教育生徒研究発表会に参加しました

12月5日、伊予農業高等学校で行われた「愛媛県高等学校国際教育生徒研究発表会」に2年生4名が参加しました。

今年7月に本県を襲った豪雨をきっかけに、地球温暖化・地球変動について考え、そこから持続可能な社会を作るためにはどうすればよいかを考え、SDGs(国連が定めた持続可能な社会をつくるための17の目標)について専門家から学び、堅実に実践してきたことが評価され、独立行政法人国際協力機構(JICA)四国支部長賞を受賞しました。

今後、世界では、投資家がSDGsや環境を意識する企業を選んで投資する(エシカル投資)への流れがより一層顕著になると言われており、これからの社会を生きていく生徒たちとさらに学びを深めたいと思っています。2年生全クラスでSDGsについて行った調べ学習の成果は、懇談中、2年A組の廊下に掲示しています。ぜひご覧ください。

 

非行防止教室を開催しました

5日、非行防止教室を開催しました。

今回は、イラストレーターの森 達也氏を講師にお招きし、「人生と価値観」という演題で御講演いただきました。

終始熱く、そして明るい雰囲気をつくりながら多様な御経験を話していただき、生徒が前向きに生きていけるよう、力強く背中を押していただきました。

本当にありがとうございました。

クラスマッチを開催しました

3日、4日とはじめて2日間開催のクラスマッチ行いました。

新生徒会にとってのはじめての大きな行事でしたが、反省会を開いて失敗を生かす工夫をする等努力しました。

全校生徒も雨でグラウンドの活動ができず、体育館、武道場での競技となりましたが、クラスメイトと力を合わせて勝利に向けて頑張りました。

最後は、教員チームと対戦!よい思い出ができました。

関川公民館祭で土居高校の農作物を販売しました

2日、本校アグリカルチャーコースの生徒が、関川公民館祭に参加し、地域の人に土居高校生のつくった農作物を販売しました。

「今年のみかんは美味しいらしいのお」とたくさんのみかんを購入していただきました。

ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

土居高校農場課より

先日の土曜日、松山市城山公園で開催された「えひめ・まつやま産業まつり」に本校アグリカルチャーコースの生徒が出店し、盛況のうちに完売しましたこと、本当にありがとうございました。

 アグリ生徒が、汗をかきながら丹精込めて育てた農産物が、それぞれの家庭に持ち帰られ、豊かな食卓の一助となること、一同たいへん喜んでいます!

 うれしい出来事が!

来場された関東在住のお客様が、本校のみかんを御購入いただきました!

7月の干ばつや夏の豪雨等に見舞われた中、今年の土居高みかんは小粒が多い中、表年で品質・味ともにも上々!自信を持って出店しました。南予や島みかんの出店の多い中、土居高のみかんを御購入いただき、とても嬉しく思っております。

ありがとうございました、今後とも土居高校・そしてアグリカルチャーコースへの御声援よろしくお願い致します。

 

 

えひめ・まつやま産業まつりに出店しました

24日、松山市城山公園で開催された「えひめ・まつやま産業まつり」に本校アグリカルチャーコースの生徒が出店しました。

生徒が育てたみかん、キウイ、サトイモ等を販売したところ、多くの来場者に購入していただき、閉店時間までに完売しました。

生徒たちはとても充実した表情で、帰路につきました。

レクバレーを行いました

22日、PTAレクリエーションバレーボール大会を開催しました。

遅い時間、寒い中にもかかわらず、多くの保護者の方に集まっていただき、教職員も参加したソフトバレーボールのトーナメント戦を行いました。親睦ではありましたが、随所に素晴らしいプレイが披露され白熱した試合が行われました。

試合を通じて、参加者の交流を図ることができ、楽しい一時を過ごすことができました。

生徒会役員離任式・新任式を行いました

22日、生徒会役員離任式・新任式を行いました。

前生徒会長から新生徒会役員にエールが送られ、それを受けて新任式で新生徒会役員から決意表明がありました。

土居高校がさらによくなるように、全員で協力し合いましょう。

             離任式の様子

             新任式の様子

 

1年生遠足の思い出

11月2日(金)、1年生の遠足の思い出です。

午前は、坊っちゃん劇場でミュージカル「よろこびのうた」を観劇し、生徒、教職員全員が感動しました。

午後は、愛媛県総合科学博物館を訪ね、トリックアートにビックリ!体験しながら科学の学習をすることができました。

とても充実した一日でした。

労働セミナーを実施しました

20日、愛媛県労働者福祉協議会から講師をお招きして、3年生を対象とした労働セミナーを実施しました。

就職、進学を問わず、これからの新生活を迎えるにあたって、働くことが多くなる生徒たちに対して社会人としての一般常識(義務)とワークルールについて最低限知っておきたい知識(権利)について講演をいただきました。

卒業が近づいている生徒たちにとって、社会へ出て行くにあたっての貴重な知恵を授けていただきました。

 

【紙のまち魅力化プロジェクト】第2回愛媛大学出前講座を実施しました

20日、愛媛大学紙産業イノベーションセンターセンター長の内村浩美先生をお招きして、「お札の技術と新たな紙製品開発の可能性」というテーマで、1年生を対象に講演をしていただきました。

紙幣や身近な紙製品を通じて紙製品の多様性を実感し、紙に付与されている機能について解説をしていただきました。

生徒たちは、体験学習やグループでの話し合いを通して、楽しみながら紙について理解を深めることができました。

 

吹奏楽部が高文祭で演奏を披露しました

18日、松山市のひめぎんホール(県民文化会館)で開催された第32回愛媛県高等学校総合文化祭に、本校吹奏楽部が参加し、演奏を披露しました。本校の演奏は、28番目で、「千と千尋の神隠しHighlights」を演奏しました。

8月のコンクールでは金賞を受賞し、地域の公民館等でも演奏させていただき、力をつけています。

部員たちは、さらに良い演奏ができるよう日々練習に汗を流しています。

 

四国中央市産業祭に参加しました

17日、四国中央市の産業祭に本校生徒が参加しました。

アグリカルチャーコースの生徒たちが、みかん、キウイフルーツ、さといも等自分たちが育てた果物、野菜を販売しました。

茶道部の生徒たちも来場者にお茶の接待をしていました。

アグリカルチャーコースによる販売は、17日のみです。

 

歯みがき講習会を開催しました

16日、学校医歯科の和田先生に歯みがきの講習をしていただきました。

歯のみがき方、歯ブラシ・ハミガキコの選び方等御指導いただきました。

生徒たちは先生方から丁寧な御指導をいただき、早速試していました。

公開授業を実施しました②

16日、公開授業を実施しました。

保護者に参観していただき学校の様子を知っていただいたり、教職員が相互に参観し研修の機会にしたりしました。

生徒たちもいつもと少し違う雰囲気に緊張の面持ちでしたが、真面目な態度で授業にのぞんでいました。

生徒会役員選挙が行われました

15日、生徒会役員選挙が行われました。

立会演説の後、本校、主権者教育担当者から投票にあたっての注意事項とともに、選挙の意義と権利を行使する重要性について話しをしました。

投票は、昨日期日前投票で実際に使用した投票箱等を選挙管理委員会からお借りして行いました。

 

期日前投票所が設置されました

14日、本校武道場に期日前投票所が設置され、四国中央市に住民登録をしていて選挙人名簿に登録されている生徒、教職員等が期日前投票を行いました。はじめての選挙で緊張した面持ちの生徒たちも、選挙管理委員の方々から丁寧に説明をしていただき、安心して投票することができました。

明日は生徒会の役員選挙があり、本日使用した実際の投票箱等をお借りして投票を行います。

 

全校みかん収穫を実施しました

14日、土居高校恒例の全校でのみかん収穫を行いました。

今年は表年にあたり、たくさんのみかんが実りました。担当者から2度摘みの技術を教わり、アグリカルチャーコースの生徒に指導してもらいながらみかんの収穫を行いました。

今回収穫したみかんは、11月17日(土)の四国中央市の産業祭で販売する予定です。今年のみかんは味もとても良いので、楽しみにしてください。

 

 

進路ミュージカルを実施しました

13日、劇団スクランブルシアターによる進路ミュージカル”いつか青空の下で”が上演され、全校生徒で観劇しました。

劇団の熱心な演技にひき込まれ、生徒たちにとって、将来について考えるきっかけになったようでした。

研修旅行を実施しました

10日、研修旅行を実施しました。今年は、保護者、教職員 名が参加し、宇和島方面を訪れました。

午前は、和霊神社、道の駅「きさいや広場」、伊達博物館を訪ね、宇和島名物の鯛めしに舌鼓をうった後、森の国ガラス工房でサンドブラストを体験し、最後におさかな館を訪ねました。充実した研修旅行になりました。

企画していただいた広報・研修部の皆様、ありがとうございました。

 

天満公民館祭で吹奏楽部が演奏を披露しました

11日、町内天満公民館祭が開催され、吹奏楽部が演奏を披露しました。また、ボランティアとしても生徒が参加し、活躍していました。参加した生徒からは、「地域の方に喜んでいただき、うれしかった。」、「これからも地域の活動に積極的に参加したい。」と感想を話してくれました。

 

文化祭が開催されました

9日、文化祭が開催されました。前日夜は強風でしたが、朝早くに登校してきた生徒たちの力で会場を復元し、列車が遅れる事態も生徒たちがカバーして、無事、文化祭を開催することができました。全体会での情報科学部の観光甲子園グランプリの発表、宇摩森林組合、県四国中央森林林業班、四国中央市等の御協力で林業機械のシュミレーター体験や、ドローン操作体験、チェンソー操作体験、小型重機操作体験等も開催され、今年も大いに盛り上がりました。

土居高校庭園の守り神

土居高校の庭園は、訪れる方皆様から「すばらしい庭ですね」と褒めていただきます。

庭園を心を込めて手入れしてくれているのが業務員の石川さんです。

この素晴らしい環境で学ぶことができることは幸せなことだと思います。いつもありがとうございます。

サトイモ交流会を実施しました

7日、小富士小学校の3年生の児童を招き、サトイモ交流会を開催しました。本校南農場で、本校2年生アグリカルチャーコースの生徒が小学生と交流しながら、生徒たちが育てた土居町名産のサトイモ”伊予美人”の収穫をしました。生徒たちは、小学生がサトイモを取りやすいように工夫しながら作業をしました。小学生も丁寧にサトイモを収穫してくれました。時折、笑い声がおこり楽しい収穫となりました。

その後、2年生スポーツ&カルチャーコースの生徒たちが、地域のボランティアの方と一緒に作った、サトイモカレーと芋炊きを一緒に食べました。郷土の味に親しみながら交流を図ることができました。

今回の交流会では、四国中央市経済部農業振興課農政係、宇摩農協、東予地方局産業振興課地域農業室四国中央農業指導班、地元農家の方々の御協力がありました。ありがとうございました。

 

 

進路ガイダンスを開催しました

6日、1、2年生対象の進路ガイダンスを開催しました。

学部、学科、分野別に大学、専門学校等から講師を招き、それぞれの分野で学ぶ内容、将来の仕事の内容、業界の動向、取得資格、必要な適性・能力、高校時代にやっておくべきこと等について話していただきました。

生徒たちが、将来について考えるよい機会となりました。ありがとうございました。

愛媛県高校駅伝出場!!~陸上競技部~

陸上競技部です。

愛媛県高校駅伝大会に合同チームで出場しました。

三島高校・今治東高校・今治南高校、そして土居高校の4校でチームを組みました。

本校の選手は男子7区5km、女子3区3kmに出場しました。

合同チームでの出場となりましたが、二人にとっては貴重な経験となりました。

これから始まる冬季練習のいい弾みとなりました。

脱穀体験を実施しました

10月30日、稲木干ししていたもち水稲の脱穀作業をしました。

ただの脱穀作業ではありませんよ!足踏み脱穀機の体験実習です。

 これは、アグリカルチャーコース3年生『農業と環境』で、スローライフの学習をかねて、昔ながらの農の営みを体験し、食の大切さ、農業の大変さ・尊さを学ぶ一環で行いました。

 この足踏み脱穀機は知り合いのおばさんから譲り受けたもので、製造後約60年以上経っているとのこと。時を超え、生徒たちの教材になってくれるのは嬉しいですね!

さて、デモンストレーションとして脱穀の方法を生徒にレクチャー、失敗しつつも、一人一人が順調に作業に取りかかっています。

そこに、小林保育園の皆さんが見学に訪れ、飛び入りで脱穀体験をすることに!

アグリのお兄さんやお姉さんが後ろからサポートし、よいしょ、よいしょとこぎながら脱穀していきます。子供たちは初めての経験だけに、おっかなびっくりでしたが、徐々に慣れ、農場は歓声や笑顔でいっぱいになり、とても嬉しそう!

幼稚園の先生たちも脱穀作業に挑戦!貴重な体験となりました。

水分は約13%。少し乾き気味ですが、いい状態のもと、後日、籾すりに出し、約18㎏強のもち米が収穫できました。

 精米に出し、文化祭にて、アグリ専攻生でお餅つきをして、皆に振る舞う予定です。

 土居高校生の心意気がいっぱい詰まった秋の味、皆が喜んでくれるといいな(*^_^*)

文化祭に続く!

 

東京を後にします

14時30分、羽田空港で修学旅行解団式を行いました。

添乗員の竹田さん、千葉さんお世話になりました。

修学旅行団は予定通り、15時45分発JAL483便で高松空港へ向かいます。

 

 

鎌倉です

10時、鎌倉大仏前で記念撮影です。

 

修学旅行、最終日です

2日、修学旅行の最終日です。

今日も晴天。4日間、天候に恵まれました。

朝、全員で朝ご飯をいただきました。

鎌倉、横浜中華街を訪ね、15時45分の飛行機で帰路につきます。

 

修学旅行3日目、無事終了しました

1日、修学旅行3日目、無事終了しました。

全員、笑顔で時間通りにホテルに帰着しました。

ディズニーでは、先生たちとも楽しく交流できたようでした。

 

修学旅行3日目がスタートします

いよいよ今日が修学旅行3日目、生徒たちが楽しみにしているディズニーです。

天候に恵まれ、ホテルから富士山も見えます。夜、体調を崩した生徒も復活し、全員朝ごはんを美味しくいただきました。

今日一日良い思い出を作ってください。

31日、今日は班別自主研修です

8時10分から、生徒たちは班別の自主研修に出発しました。

昨日、少し体調を崩した生徒もいましたが、朝は全員で食事をとり、元気に出発しました。

17時30分、新橋カレッタプラザ前に集合して、徒歩で劇場に向かいます。

班で協力して、楽しい研修にしてください。

 

 

無事ホテルに到着しました

19時20分、本日の修学旅行の行事を終了してホテルに到着しました。

パナソニックなどの見学、国会議事堂での集合写真、スカイツリーでの夜景。充実した内容でした。

明日は、班別自主研修、劇団四季観劇です。

 

東京に到着です

11時30分、東京に到着です。バスで昼食をとり、三班に分かれて、研修場所に向かいます。飛行機の中でも良い思い出ができたようです。

 

高松空港に到着しました

高松空港に到着しました。搭乗手続きを済ませ、搭乗口で待機中です。9時45分に東京へ向けて旅立ちます。

 

 

修学旅行の結団式を行いました

29日、修学旅行の結団式を行いました。

いよいよ明日から修学旅行に行ってきます。校長先生から「生徒にとって安全で、思い出に残る修学旅行になるよう」挨拶をいただきました。一人一人が楽しい思い出をつくって保護者に報告してください。なお、明日の学校集合の時間は6時30分です

教職員対象の人権教育研修会を開催しました

26日、教職員対象の人権教育研修会を開催しました。

人権教育課長が職員に対して、研修会の報告をしました。

また、人権に係る問題発生したいろいろなケースを想定した問いを全職員で考えたり、保護者への啓発の方法を考えたりしました。

みかん狩り交流体験学習を実施しました

26日、地元の老人保健施設の利用者を本校土居農場に招いて、みかん狩り交流体験学習を実施しました。

今回は、3年生アグリカルチャーコースの生徒たちが施設利用者の方々と交流しながらみかんの収穫をしました。利用者の方から「孫のようだ」「おいしいね」と声をかけてもらい、生徒たちも笑顔になりました。

 

 

 

 

 

研究授業を実施しました

26日、化学の研究授業を実施しました。

「物質と化学結合」の単元を学習しました。グループで問題に対する解答を考え、黒板に発表しました。

難易度が上がっていくにつれ、グループで熱心に話しあって解答を導き出していました。

正解したときは、歓声があがり、楽しく分子の仕組を学習することができました。

情報科学部「高校生なるほどアイデアコンテスト」2年連続全国大会出場

11月4日(日)大分大学経済学部で開催される「第14回高校生なるほどアイデアコンテスト」最終審査(全国大会)に、本校情報科学部2名が、予選を通過し、2年連続出場することが決定しました。

例年1,000件を越える応募があり、1次、2次審査を経て、上位10組が最終審査に進みます。昨年は大分大学COC+賞を受賞しました。

最終審査に向けて、頑張ります。

 チーム名  愛媛県立土居高等学校 情報科学部

プラン名   人材育成型商品 「これであなたも盆栽人」

                   五葉松盆栽

                 調査研究の様子

 

人権・同和教育ホームルーム活動を実施しました。

25日、人権・同和教育のホームルーム活動を実施しました。

1年生は、各ホームルームで、様々な人権問題を取り上げて学習しました。

あるクラスでは、DVDアニメ「めぐみ」を教材として、拉致問題を人権問題の一つとして学習しました。

2年生は、「水平社宣言」を学習しました。宣言に込められた思いを学習しました。

3年生は、全体で人権問題に関するDVDを視聴しました。視聴後、今までに学んだ知識から、差別の現実について、自分たちがどう行動するか考えました。

本日の生徒たちの学びを、家庭でも話し合っていただけたらと思います。

 

 

全校集会にて保健委員と交通安全委員の活動報告

1年生文化委員です。

今日は全校朝礼で、保健委員と交通安全委員の活動についての発表を聞くことができました。

交通安全委員からは自転車の施錠の重要性とJR使用のマナーについて話がありました。

自転車の鍵をかけていないと盗難にあう恐れもあるため、気をつけたいと思います。

また、駅は土居高生だけのものではないため、他の人の迷惑にならないように使いたいと思います。

 

保健委員からはトイレ掃除の正しい方法や、トイレの正しい使い方について話を聞くことが出来ました。

全校生徒に分かりやすい発表で、僕たちもきれいに正しく使いたいと思いました。

みかん狩り交流体験学習を実施しました

24日、土居おやこ広場の利用者を本校土居農場に招いて、みかん狩り交流体験学習を実施しました。

本校2年生のアグリカルチャーコースとスポーツ&カルチャーコース生徒たちが就学前のこどもと一緒にみかんの収穫を行いました。こどもたちの可愛らしい仕草に、生徒たちも笑顔でみかんを収穫していました。

「今年のみかんは昨年より美味しい!」と言っていただき、生徒たちもうれしそうでした。

来年も、待っています。今日は、ありがとうございました。

 

 

 

ALTのベロニカ先生の楽しい授業

22日、ALTのベロニカ先生に授業をしていただきました。

今回は、相手に英語でモンスターのイラストを説明し、相手がそれを聞いてうまくモンスターが描けるかというゲームをしました。

最初は、恥ずかしがっていた生徒たちも楽しく英語に親しむことができました。

養護教諭による心肺蘇生法の指導がありました

18日、養護教諭による心肺蘇生法の指導を3年生で実施しました。

心肺蘇生の方法は理解していても、実際には難しいと感じている生徒が多い。心肺蘇生を積極的に実施できるように学習しました。

養護教諭から説明を受けた後、グループに分かれて心肺蘇生、AEDの使用を体験しました。

勇気をもって実行することの大切さを学びました。

 

サツマイモ掘り交流体験学習を実施しました。

18日、本校2年生アグリカルチャーコースとスポーツ&カルチャーコースの生徒が小林保育園児とサツマイモ交流体験学習を行いました。園児たちと一緒に5月に植えたサツマイモが大きく育ちました。生徒たちは最初は戸惑いながらも一生懸命にサツマイモを掘る園児たちをサポートするうちに心を通わせ、「頑張れ」「上手だね」等声をかけ楽しく交流体験ができました。また、遊びに来てくださいね。

全校朝礼(風紀委員活動報告)

三年生文化委員です。

今日は、風紀委員の活動報告がありました。

特に、シューズの管理方法と残置物について発表がありました。

まず、シューズはレジ袋などではなく、きちんとしたシューズ袋に入れなければならないということが分かりました。

その理由は、学校に来客されたお客様も通る廊下を、いつも綺麗に保つためだからです。

また、残置物を置いてはいけない理由は、家に帰って勉強するために勉強道具は必要であり、さらに机は学校の物であって自分の物ではないからです。

今回の発表を聞いて、風紀委員は学校を綺麗に保つために活動しているということが分かりました。

生花のプレゼント

17日、華道部の生徒が、校長室に生花のプレゼントを届けてくれました。

来客の目を楽しませてくれることでしょう。ありがとうございました。

モチ米の刈り取り作業をしました

17日、モチ米の刈り取り作業をしました。うるちから遅れること約1ヶ月、雨の多い月でしたがなんとかいい状態で育ってくれました。

 刈り取り班と結束班、稲木掛け班の3つに分かれ、作業開始!うるちより株と米粒が大きいいのを発見した生徒はえらい!

 結束は先日の稲刈りで出た藁でします。バインダ紐と違い、昔ながらの締め込みでくくります。はじめはなかなか固く締め込めず、緩い状態が続きますが、だんだんコツを得てうまくなっていきます。「トライアル&エラー」で技術と知識が向上するのが農業の魅力です!

 さて、稲木にかけて、さらに天日干しをします。

ここでマメ知識です!

機械化が進み、稲木で米を干すなんて風景はあまり見なくなりました。では、なぜ土居高ではあえて稲木干しをするのか?

稲木で天日干しにすること事で、自然乾燥でほどよい乾き具合になります。

さらに、それ以上に重要なポイントですが、稲木で天日干しを繰り返すことで、稲藁がポンプ作用によって稲の茎に残った栄養を全部籾に下ろすことができ、風味豊かな米に仕上げることができるといわれています。

私も農業を生業としている父からこのことを教わり、たいへん感動したものです。先人の知恵は素晴らしいですね!

 チームワークよく、円滑に作業が進み、無事刈り取りが終了しました。

 文化祭でのお餅つき、楽しみですねー!

 さらに懐かし道具での脱穀編に続く!

 

四国新人大会~陸上競技部~

陸上競技部です。

男子ハンマー投げで、四国新人大会に出場してきました。

予選3投のうち、1・2投目はファールなどで失敗してしまい9位で迎えた3投目に逆転し、決勝進出を果たしました。

一番左に立っているのが土居高生です。

ハンマー投げの選手は大柄な選手が多い中では小柄に見えてしまいます。

 

決勝ではさらに記録を伸ばすことができ、7位に入賞しました。

四国大会という大きな舞台で逆転で決勝進出を決め、まさに「本番に強い土居高生!」でした。

来年の総体では土居高陸上競技部2年連続のインターハイ出場を目指して、冬季練習頑張ります!

中間考査終了

三年生の文化委員です。

9日から12日までの4日間の2学期中間考査が終わりました。

苦手な科目もよく勉強し挑むことができました。

考査終了後には、体育館で全校集会を行い、秋祭りについての指導がありました。

その後に、各学年に学年集会が行われました。

それぞれの場所で祭りの参加の注意も再度伝えられました。

三年生としての最後の学校生活でどう過ごしていくかをよく考えて過ごしていきたいです。

ホームルーム活動の様子です

先月27日の全校のホームルーム活動の様子です。

この日は、全校で人権について考えました。

1年生は全クラスで視聴覚教材を視聴しました。さまざまな人権問題について学習していきます。

2年生は、歴史学習をしました。資料を調べたり、紙芝居を作ったり、それぞれのクラスで工夫を凝らし話し合い活動を行いました。

3年生は結婚を題材にして学習しました。生徒たちは真剣に話し合いを行っていました。

【紙のまち魅力化プロジェクト】紙産業体験学習を実施しました

5日、紙産業体験学習を実施しました。

まず、鈴木製材所を訪ね、製材現場を見学させていただきました。

前回9月14日は、間伐材の集材実習をさせていただき、今回は、材木が板材になる工程を学習しました。丸太が移動製材機に乗り、レーザーで寸法を測られ、一定の厚みで製材される様子に生徒たちは圧倒されていました。

 次に丸住製紙を訪ね、紙の製造工程について見学させていただきました。

説明を受けた後、チップヤードに移動しました。匂いや手触り、堅さなど、チップ1つとっても様々な種類があることに生徒たちは驚いた様子でした。

最後に、実際に紙が製造されている現場を見学させていただきました。パルプが、あっという間に紙の姿になる光景に生徒たちは圧倒された様子でした。ある生徒は、「紙が様々な加工を施され、私たちの生活を豊かにしてくれていることを知り、私たちの住む四国中央市の紙産業が誇らしく思えました。」と感想をもらしていました。

今回は林業を主体に地元の製紙現場を見学させていただきましたが、環境に配慮した仕事をされていたことが印象に残りました。

 

【10月8日付愛媛新聞】土居高校生記者が陸上競技部の取材

10月8日付愛媛新聞に、土居高校生記者が陸上競技部を取材した記事が掲載されました。

【許可番号 d20181009-005】

なお、土居高校生記者の活動は愛顔(えがお)スポーツ応援アプリ(愛媛新聞ONLINEアプリ)で随時更新されています。

保護者対象類型・コース説明会を開催しました

6日、保護者対象の類型・コース説明会を開催しました。

本校では、2年生から2つの類型、4つのコースに分かれて一人一人の適性、進路希望、興味関心に応じて学習ができます。

類型は

Ⅰ類型は、基礎、基本を徹底して学習する類型

Ⅱ類型は、発展的な内容まで学習する類型

コースは

アグリカルチャーコースは、農業科目を学習します。

ビジネスコースは、商業科目を学習します。

スポーツ&カルチャーコースは、体力・運動技能の向上を目指したり、家庭科・芸術等で特技を伸ばしたりします。

アカデミーコースは、数学・英語・地歴等の教科から発展的な内容の科目を選択して学習します。

 

どのコースが本人に適しているか、ご家庭でもゆっくりご相談ください。

 

 

 

四国新人大会壮行会、人権委員会活動報告を行いました

こんにちは。文化委員の2年生です。

昨日の全校朝礼では、壮行会と人権委員会活動報告が行われました。

壮行会では、陸上部の選手が四国新人大会に出場することとなり、全校生徒でエールを送りました。

選手からは、大会に向けての意気込みを聞くことが出来てよかったです。

また、人権委員会の活動報告では、安藤正楽さんの生涯の取り組みや、今行っている活動などについて知ることができました。プロジェクターを使いながら発表されたため、とても分かりやすかったです。

 

 

文化委員2年生

陸上競技ハンマー投 四国大会出場壮行会を行いました

4日、陸上競技ハンマー投四国大会出場壮行会を行いました。

放課後、早朝練習の成果で、今回四国大会出場を勝ち取りました。その努力に全校生徒が声援をおくりました。

土居高校、県の代表として、そして自分自身のためにしっかり頑張ってください。

 

感謝状が届きました

25日、本校で回収していたエコキャップ(ペットボトルのキャップ)が60,000個になり、「もっときれいに気持ちよく」実行委員会に回収していただいたところ感謝状を届けていただきました。

ありがとうございました。

 

日本インバウンド連合会理事長中村先生が来校されました

1日、日本インバウンド連合会理事長中村好明先生が来校されました。

中村先生は本校がグランプリを獲得した観光甲子園の審査委員を務められ、講演会で四国を訪れた折、本校に足を運んでくださいました。グランプリを獲得した4人の情報科学部のメンバーと対談、貴重なアドバイスをいただきました。

 

新居浜支部同窓会総会が開催されました

29日、新居浜支部同窓会総会が開催されました。

新居浜在住の同窓生の皆さんを中心に、久しぶりに校歌を歌い、土居高校の思い出話に花を咲かせました。

本校から現在の土居高生の活躍について報告すると先輩たちから激励の言葉をいただきました。

各地で活躍されている多くの先輩たちが現在の土居高校の生徒を暖かく見守ってくれています。

うれしい訪問がありました

28日、昨年の卒業生が、前担任にうれしい報告に来てくれました。

消防学校を卒業して、四国中央消防署西分署に配置になったそうです。

夢を叶え、目を輝かして母校に来てくれました。これからの活躍を祈っています。

ありがとう!

 

善行生徒表彰をいただきました

28日、本校3学年生徒2名が伊予三島ロータリークラブ善行生徒表彰を受けました。

表彰を受けた2人は生徒会長、家庭クラブ会長としてそれぞれ自覚を持って、献身的に活動し全校生徒の模範となりました。

表彰おめでとうございます。